ブログの話

PVが爆上がりしたよ!AMPを中止する方法|エックスサーバー編

こんにちはHitouch(@hitouch_life)です。
>>詳細なプロフィール

FIRE(経済的自由を手に入れてアーリーリタイア)という生き方を目標に、フリーランスとして自由な働き方を実践しています。

グーグルアドセンスから『AMP対応をして下さい』という不可解な連絡がありました。多くのブロガーさんがこれに困惑していたようで、ツイッター上では『対応すべき』とか『対応すべきでない』とか…様々な議論が展開されていました。

僕はというと…AMPに関する知識をほとんど持たない状態(ざっと調べただけ)で、『グーグル神がやれというのだからやりましょう』という軽いノリで、AMP用にプラグインを導入しました。

しばらくすると、サイトがAMP化されているのが確認できました。

その当時は『お!できてるできてる!』みたいに、AMP化をポジティブに捉えていたのですが…AMP対応後徐々にPVが低下していきました。

いろいろと調査してみると、内部リンクが全く機能していないようで、サイト離脱率が大きく増加していました。

AMP対応をしたことで、サイトが簡略化されてしまい、せっかく作りこんリンクが全く踏まれなくなってしまったのです。

これはいかん!!

ということで、すぐにでもAMPを中止しようとしましたが…そう簡単にはAMP化を元に戻すことはできません

プラグインを中止するだけでは元に戻らないのです!!

ということで今回は、AMP対応を中止したことで、PVが上がった(元に戻った)僕の体験談を紹介しながら、AMPを中止する手順をご紹介します。

ブログ詳細
  • サーバー:エックスサーバー
  • ワードプレス
  • テーマ:JIN
  • PV:10万→7万(AMP後)→12万(現在)

AMP対応することでPVが低下する理由

AMP対応は、グーグルがモバイルページ向けに推奨しています。そのため、多くのブロガーさんがAMP対応を実施されている(?)ことかと思います。

僕もその一人で、せっせとAMP対応を実施しました。

AMP化はプラグインで簡単に実施できたのですが、徐々にPVが低下していくではないですか!

グーグルにはしっりとインデックスされているようで、僕の場合検索順位に大きな変動はありませんでした。

しかし…内部リンクが全く踏まれなくなってしまったのです。

サイトの形が大きく崩れる

AMP化すると、サイトの表示速度がびっくりするほど早くなるのですが、サイトがかなり簡略化されてしまいます。

細部までこだわって作ったサイトも、AMP対応の前では無力です。

僕の場合、内部リンクが全く効果を発現しなくなってしまいました。

↓内部リンクとはこういうやつです

実体験|ブログを500記事書くとアーリーリタイアは可能か? こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 僕はFIREムーブメントという流行に乗っかっ...

『合わせて読みたい』のように表示することで、クリック率向上に大きく寄与するのですが、残念ながらAMP対応をしてしまうと、きれいに表示されなくなってしまいます。(テーマによります)

サイトの形が崩れて、内部リンクが効果を示さなくなりサイト離脱率が大きく上がってしまったというのが、僕がしでかした失敗です。

AMP対応を中止するにはどうしたらいいの?

ここからは、AMP対応をやめたい!という人のために、AMPを中止する方法を紹介していきます。

繰り返しますが、AMPはグーグルが推奨していいますし、サイト表示速度が上がります。そのため、AMP対応をやめることで何らかの不具合が生じる可能性もあります。AMP対応を中止したい方は、全て承知の上で自己責任で実施して下さい。

リダイレクトの設定→プラグインの中止

  1. リダイレクトの設定
  2. プラグインの中止→削除

これがAMP対応を中止するための2ステップです。

以下に詳しくご紹介します。

【404 Not Found】リダイレクトを設定する

いきなりプラグインを中止するのはやめましょう!

プラグインを中止することで、『https://サイトURL/amp』というURLが機能しなくなってしまいます

そのため、グーグルの検索画面からサイトに流入した訪問者に『404 Not Found』という画面が表示されることになります。

つまり、いきなりAMP対応のプラグインを中止することで、AMP化されたページが“行方不明”になり、訪問者に適切なページが表示されないということです。

ここで行うべきは、AMP化されたページに流入した訪問者を、正規のページにリダイレクトしてあげるという対応です。

リダイレクトを設定し、AMP化されたURLに入ってきた人を、正規のページに戻してあげよう!

エックスサーバーで『.htaccess』を編集する

実際にリダイレクトを設定するためには、サーバー上の『.htaccess』にコードを追加します。自信がない人はやめましょう。コードの追加は自己責任です!

*)本記事はエックスサーバー使用者向けに編集方法を紹介しています。

エックスサーバーにログイン

エックスサーバーにログインしたら、『.htaccessの編集』画面へ移動します。

.htaccessの編集でコードを追加

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^(.*)/amp/?$ $1 [R=301,L]

このコードを『.htaccess』に記述します。

これでリダイレクトの設定は完了です。

その他のリダイレクト方法

サーバー上から『.htaccess』を編集する以外に、『functions.php』にコードを記述する方法や、プラグインを利用する方法などがあります。

よくわからないという場合は、プラグインを探してみるほうが良いかもしれません。

ご自分にあった方法を選択されるとよいかと思います。

AMPプラグインを停止→削除する

リダイレクトを設定することができたら、AMP対応のために導入したプラグインを停止しましょう。

プラグインの停止によってページが見つからなくなってしまっても(Not Found)、上記の設定が完了していれば、正規のページにリダイレクトされるはずです。

リダイレクトされることを確認した後に、当該プラグインを削除しましょう。

僕はこれでAMP対応をやめることができました

サーチコンソールでインデックスを確認

上記の設定が完了したら、あとは祈るしかありませんが、サーチコンソールでインデックスを確認してみてもよいかもしれません。

僕の場合、基本的な検索順位に大きな変化はありませんでした

AMPを中止したら2ヶ月ほどでPVが爆上げした

AMPの中止だけが理由なのかはわかりませんが、AMP対応を中止したところ、PVが右肩上がりに上がっていきました。(あくまでも僕の場合です)

AMP対応を中止したことによる弊害は、今のところ…ありません。

AMP対応を中止したことで悪影響があれば、また報告させていただきます。

ブログ運営・PV報告まとめ

気になる記事数をチェック
知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
まだ知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!