【ためになる面白い雑学】ブラックホールっていったいなんなの?【トリビア】

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

すぐに誰かに話したくなる…そんな雑学を紹介しています。

今回のテーマは『ブラックホール』です。

»面白い雑学のまとめページへ

参考書籍(Amazon公式)

»誰もがその先を聞きたくなる理系の話大全 

スポンサーリンク

【小学生でもわかる解説】ブラックホールとは?

誰でも一度は耳にしたことがある言葉…ブラックホール

しかし、ブラックホールっていったいなんでしょう??

ブラックホールに『すいこまれた』なんていう表現をするように、ブラックホールは『穴』なのでしょうか??

ブラックホールとは星である

ブラックホールというのは、ありとあらゆるもの(光ですら)を吸い込むです。

ブラックホールとは、恒星(太陽みたいな天体)が成長した結果誕生する天体なのです。

宇宙にポッカリと穴が空いている…というわけではありません。

超新星爆発という大爆発で生まれる

星はどんどん成長します。

成長して膨れ上がって、最後は…大爆発です。

この大爆発のことを『超新星爆発』といいます。

超新星爆発によって、星が持っていた引力は中心部に集まります。

その結果…ものすごい引力をもつ天体が誕生します。

この天体は光すら吸い込んでしまう引力があるので、もちろん真っ暗です。

・・・

ロケットで宇宙に行くイメージをして下さい。

地球から宇宙に飛び出すためには、ものすごいスピードで“飛ぶ”必要がありますよね?

それは地球の重力(引力)に負けないようにするためです。

ブラックホールの重力は途方も無いほど大きいので、光の速度で飛び出そうとしても、外(宇宙)へ出ることができません。

『光ですら吸い込む』というのは、こういうことです。

・・・

ブラックホールは、なんでも吸い込んでしまう『穴』のようなものとして認識するしかありません。

光すら吸い込む真っ暗な穴…だからこそブラックホールです。

ブラックホールは目に見えない!?

ブラックホールは光を出さないので、実際に見ることはできません。

では、どのようにしてブラックホールの存在が確認できるのでしょう??

宇宙空間で、数多くの星が黒い中心部のまわりを公転していれば、その中心にはブラックホールがある“かもしれない”。

というように、ブラックホールの存在を確認するには、宇宙空間に存在する他の物質の動きをみて、「この場合はここにブラックホールが存在しているかもしれないな」と理論的にイメージするしかありません。

あとがき

ブラックホールはエネルギーの法則を覆すような存在であり、いまなお、多くの天才物理学者の頭を悩ませています。

私たちが生きている間に、人類はどれだけブラックホールに“近づく”ことができるのでしょうか。

近づいたら最後…

二度と“離れられない”かもしれませんが…

そんな魅惑の天体・・・ブラックホールの紹介でした。

参考書籍(Amazon公式)

»誰もがその先を聞きたくなる理系の話大全 

たった5分のYouTube動画で人生をかえる!

YouTubeで視聴する

Sincerely,

Hitouch『T』

»面白い雑学のまとめページへ

»ホームページに戻る

おすすめの名言集

»»名言集一覧へ

気になるタイトルをクリック!!

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

読書のメリットってこんなにあるの?

【こんなにすごい読書のメリット】あなたが本を読むべき15の理由!

年間100冊読む僕がおすすめ本

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク