脳の力を最大限に引き出したければ「BRAIN一流の頭脳」は読むべき1冊

リンクユニット

一流の頭脳

こんにちはHitouchの「T」です。

アンダース・ハンセンさんの「一流の頭脳」を読みました。

秘められた脳の力を最大限引き出し、あらゆる能力を最大化する

このキャッチフレーズに惹かれました。

脳というのはとても不思議な臓器です。

僕自身を操っているのは「僕の脳」であり、それは僕の心そのものです。

脳は、記憶力や集中力はもちろん、身体能力までもを規定します。

子供の頃、友人のお母さんが「うちの子サッカーは上手だけど、脳が空っぽだから勉強がまったくできない」とぼやいていました。

お母さん・・・

サッカーを上手にプレーするためには、ボールやプレイヤー、フィールドなどを視覚的に捉えて、様々な情報を瞬時に把握し、それを体に伝えて、体を自分の思い通りに動かす事が必要です。

彼は当時、サッカーをするために必要な脳の機能が優れていたという事になります。

たくましい筋力があっても、それを動かすための脳が機能しなければ「宝の持ち腐れ」です。

しかし、逆に考えると、脳を鍛える事ができれば、「あらゆる能力を向上させることができる」という事になります。

本書にはそのヒントが隠されています。

▼Amazonでお買い求め下さい

[Spoiler Alert]本記事はネタバレを含みます

スポンサーリンク

脳を「アップグレード」することはできるのか?

そもそも「脳をアップグレードする」なんて事は可能なのでしょうか?

人類は「進化」していない!?

「進化」というのは実にゆっくりと起こります。

原始生命が誕生したといわれるのがおおよそ39億年前。

そして約6億年前に「カンブリア紀」と呼ばれる時代に突入し、一気に生物が多様化し始めます。

「ホモ・サピエンス」が誕生するのは、約20万年前です。

実際に人類が農耕を始めたのは、約1万年前だといわれています。

▼参考書籍(わかりやすくてオススメ)

そしてショッキングなことに・・・

じつは、私たち人類は1万2000年前からほとんど変わっていないのである。

一流の頭脳より引用

環境が大きく変化しているとしても、僕たちは「昭和世代のおじさん」や「戦国時代のお侍さん」たちと本質的には何も変わっていないという事になります。

生物が「何億年」という時間を使って進化してきた事を考えると、「たった」1万年では、劇的な進化を望むことが難しいのです。

脳が勝手に「進化」するのを待っているだけでは、寿命が終わってしまいます。

脳を「鍛える」ことはできるか?

では次に、「脳を鍛える」という事を考えてみます。

進化が期待できないのであれば、自分で鍛えるしかありません。

筋トレと同じように「脳を鍛えること」は可能なのでしょうか?

脳は鍛えられる

脳は鍛えることが可能です。

脳というのは、1000億個もの細胞がひしめき合い、それぞれの細胞が複雑に繋がり合い、「連携して」機能しています。

そして脳内では絶えず、古い細胞が死に、新しい細胞が生まれています。

この「脳細胞の連携」を鍛えることこそが、「脳のアップグレード」です。

細胞と細胞のつながりを強化し、細胞間の情報伝達をスムーズにしてあげることで「脳はアップグレード」します。

脳を「アップグレード」するとどうなるのか?

脳のアップグレードがもたらすものは、良い結果ばかりです。

*)本書が紹介しているのは、精神論ではありません。根拠のある科学的な「エビデンス」です。

ストレスに強くなる

現代社会にはびこる多くの「ストレス」。

この「見えない敵」は、身体に様々な悪影響を及ぼします。

しかし、生きている限り、ストレスをすべて取り除く事はできません。

できることは「ストレスに強くなる」事です。

脳をアップグレードすることで、「ストレス耐性」を上げる事ができます。

集中力を高める

もちろん脳を鍛えれば、集中力が高まります。

ただ漫然と集中するだけではなく、「没頭」する事ができるようになります。

「没頭」というのは「持続する集中力」です。

集中力が上がれば、何事にも役立つのはいうまでもありません。

記憶力や創造力が上がる

物事を記憶する力が向上するだけではなく、今までの記憶をつなげて、新しいものを創造する力が育まれます。

物事をただ「記憶」するのと、それを「思い出す」のとでは、難易度が大きく異なります。

脳がアップグレードすれば、記憶し、思い出し、更にそれを結びつける能力が向上します。

学力やIQも上がる??

本書には「学力やIQ」に関しても、実際の研究結果が添えられています。

脳のアップグレードがもたらす効果は凄まじい、という事がお分かりいただけるかと思います。

繰り返しになりますが、本書は精神論を語っているわけではありません。

とにかく声だそう!

とか

毎日感謝!

とか

そんな事ではありません。

本書が示すものは「科学的な根拠」です。

どうやって脳をアップグレードすればよいのか?

肝心な脳の「アップグレード」の方法ですが・・・

これを僕が安易にブログに書くわけにはいけません。

脳をアップグレードしたい。

脳の可能性を信じている。

脳を変えて人生を変えたい。

そう思われる方は、ぜひとも本書をお手にとって、ご自身の目でお確かめ下さい。

本書には「脳のアップグレード」の「方法」と、その「効果」が余すとこなく記されています。

▼Amazonリンク

脳をアップグレードすれば、世界が変わる“かも”しれません・・・。

Sincerely,

Hitouch「T」

▼脳科学の関連記事

こんにちはHitouchの「T」です。 あなたはどのくらい自分自身の事を知っていますか? 名前・性別・出...
こんにちはHitouchの「T」です。 寝ても寝ても疲れがとれない・・・ 朝起きたばかりなのになぜかつかれている・・...

▼脳科学のオススメ書籍

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク