【残価設定型自動車ローン】のメリットとデメリット。残クレって得なの!?

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

「残価設定型自動車ローン」って聞いたことがありますか?

「残クレ」なんて言ったりします。

「お得に車に乗れる」とディーラーが勧めてくれたりします。

ホントにこれって「お得」なんでしょうか。

【おすすめ読者様】

・車の購入を考えており、少しでも「お得」に買いたい方

スポンサーリンク

残価設定型自動車ローン(残価設定型プラン)って何?

車両本体価格の一部をあらかじめ残価(=3年後や5年後の予想下取り価格)として据え置き、残りの金額を分割でお支払いいただくプランとなります。

通常のクレジットよりも月々の支払い金額が抑えられます。

月々の支払い額を抑えつつ、次のクルマへ乗り換えられるので「一定期間で新しいクルマに乗り換えたい方」、「ライフステージに合わせてクルマのサイズアップ・ダウンを考えている方」、「月々の支払い金額を抑えながらワンランク上のクルマに乗りたい方」に向いているプランです。

TOYOTA公式ウェブサイト

残価設定型自動車ローンでは、「あらかじめ設定された下取りの価格分を保留しておく」事ができるため、通常の「ローン」よりも、月々の支払いを安くすることが出来ます。

300万円の車を買う場合

300万円の車を買うとします。

「一括もしくは通常ローン」と、「残価設定型ローン」でどのように違うか確認してみます。

参考 参考にさせて頂いたサイト様「keisan.casio.jp」

一括購入もしくは通常ローン

300万円のものは300万円です。

頭金50万円でローンを組む場合は、「初期費用50万円」+「250万円+金利」分を合計で支払う事になります。

36ヶ月払いのローンの場合、毎月の支払額は「(250万円+金利)÷36」円になります。

もっと具体的に考えてみると。

  • 頭金50万
  • 36回払い(ボーナスなし)
  • 金利2%

→月々支払額「71,606円」

*)金利は適当です。外車ディーラーならこのくらい?

「300万円の車を頭金50万の3年ローン」で買う場合、月々「71,606円」必要という事です。

ちなみに総支払額(頭金除く)は「2,577,816円」です。

残価設定型ローン

次に残価設定型ローンです。

仮に「3年後の残価を100万円」だとすると、支払額は200万円となります。

300万円の車が「とりあえず」200万円で買える、ということです。

頭金50万円の場合は「初期費用50万円」+「150万円+金利」を「とりあえず」支払う事になります。

注意)詳細は後述しますが、金利はきっちり250万円分付きます。

  • 頭金50万
  • 3年後残価100万円
  • 36回払い(ボーナスなし)
  • 金利2%

→月々支払額「45,868円」です。

通常ローンよりも月々支払額が大幅に減りました。

同じ車を買っているのに、月々の支払額にこれだけの差がでます。

これは家計にやさしいですね!

ちなみに総支払額(頭金+残価除く)は「1,605,380円」です。

・・・しかし忘れてはいけないことがあります。

3年後には「100万払う」か「車を手放す」必要があるという事です。

残価設定型プラン終了後はどうなるのか?

1,「同じ販売店で新しいクルマに乗り換える」

2,「クルマをご返却」していただければ、そのクルマの支払いはそれ以上発生しません。

また、このクルマに乗り続けたい場合

3、「残価分を一括精算もしくは再クレジットで支払いいただき、お買い上げ」いただくこともできます。

TOYOTA公式ウェブサイト

1)を選んだ場合、今までと同じように「ローン」が続きます。そのかわり新しいクルマ(同じメーカーの車)に乗り換えることができます。

2)を選んだ場合、きれいさっぱり何も残りません。

3)を選んだ場合、車が手に入ります。そのかわり支払総額(頭金除く)は「2,605,380円」です。最初から通常ローンを組んでおけば「2,577,816円」ですみます。こんなに虚しい事はありません。

今回のシミュレーションでは、金利は同じ「2%」でしたが、残価設定ローンの方が「金利が高い場合」もっと悲惨な結果になります。

以上を考えると、メリット・デメリットがみえてきます。

残価設定型ローンの「メリット」「デメリット」

残価設定型ローンのメリット

  • 月々の支払いが少なくなる
  • 買取価格が決まっている
  • 数年ごとに新しい車に乗れる
  • 車に乗る期間が決まっている人にはもってこい

月々の支払いが少なくなる

上記シミュレーショのひと月あたりの支払差額は

「71,606円」−「45,868円」

「25,738円/月」です。

同じ車に乗っているのに、月25000円程支払いが少なくてすみます。

買取価格が決まっている

車種によって「値落ちの度合い」は違いますが、基本的に買った直後に価値は激減します。

特に輸入車は、「買ったら半値」なんて言われるように、いくら大切に乗ったとしても、思った程の買取価格にならないことが多いです。

一方で「残価設定」してあれば、買取価格が決まっています。

これは大きなメリットです。

数年ごとに新しい車に乗れる

「常に新しい型の車に乗りたい」なんて人にはもってこいです。

先程の「買取価格が決まっている」という事に付随しますが、「一括で購入しておいて、下取りに出して買い換える」よりも、一般的にお得な事が多いです。

買取価格がかなりいい値段で設定されているので、月々の支払いを据え置きながら新しい車に乗り換えることも可能になるかもしれません。

車に乗る期間が決まっている人にはもってこい

地方に単身赴任した、地方の大学に行く、などなど、一定の期間だけ車が必要という場合には非常に有効な手段になります。

「返却」してしまえばそれで終わりですし、何より「月々の支払いを少なく」したり、「いいグレードの車」に乗ることができます。

残価設定型ローンのデメリット

  • 走行距離や傷の制限がある
  • 買い取る場合の支払総額が多い
  • 他メーカーの車に乗りたい場合は「返却」しかない

走行距離や傷の制限がある

「残価設定ローン」にはいくつか条件があります。

一般的に「年間走行距離〇〇Kmまで」という制限がありますので、確認したほうが良いでしょう。

また、事故に合わない保証はありません。

大きな事故等で修理をしたり、傷や汚れがあったりすると、設定した「残価」では返却できない可能性があります。

車を「いじったり」したい人も注意したほうが良いです。

改造してしまうと返却できない可能性があります。

買い取る場合の支払総額が多い

これには「金利」が影響しています。

残価設定型ローンでは「残価にも金利が発生しています」。

実際の支払い分だけではなく、残価分を加えた、「総支払額」に金利がかかりますので、場合によっては結構な金利になる可能性があります。

つまり・・・

どうせ買い取るなら最初から買ったほうがお得です。

「3年乗ってみて、良さそうなら買い取っていただければ良いですよ〜」という営業さんの言葉の裏には、「お試しいただく分、多少割高ですけどね・・・」が隠れています。

他メーカーの車に乗りたい場合は「返却」しかない

「同じ販売店で新しいクルマに乗り換える」必要があります。

出世祝に「ベンツ」に乗り換えようと思った場合、「返却」するしかありあません。

そうなると「ベンツ」で下取りをしてもらうことができませんので、ゼロから車を買うことになります。

スポンサーリンク


「残価設定型ローン」はお得なのか?

結局「残価設定型ローン」はお得なのでしょうか。

当たり前のことですが、結論は「人によって違う」です。

車はただの「移動手段」壊れるまで乗る

こんな考えの人であれば、月々の支払いが多少高くなっても、「一括」もしくは「通常ローン」の方が総支払額は安くなります。

*)金利によります

今支払うお金が無いというのであれば、「車のグレード」を下げて、買える車を買うほうが「お得」です。

「車はただの移動手段」でなんでもいいはずだからです。

車が好き!新しい車に乗っていたい!!

一方で、「車が好き」「どんどん新しい車に乗りたい」という事であれば、「残価設定ローン」の方が「お得」な可能性があります。

このように、「残価設定型ローン」が良いかどうかは場合によります。

金利によっては、通常ローンよりも「圧倒的に」メリットがある場合も考えられます。

うまく利用できれば人生が豊かになるでしょう。

しっかりと考えて決めるのが良いと思います。

【裏技】お得に車を買い換える技

「残価設定型ローン」ではありませんが、「お得に」車を買い換える技はいくつかあります。

「買取専門店」を利用する

「買取専門店」で見積もりを取得するという方法です。

一般的にディーラー(TOYOTAやHONDAなど)での下取り価格は、「買取専門店」より低い傾向にあります。

すこしでも買取価格を上げるためには、「買取専門店」で見積もりを取得して、それを持って「ディーラー」に行くことです。

そうすれば「ディーラー」は、「買取専門店」に近い買取価格を提案してくれるかもしれません。

あまりに差があれば、買い取り専門店で売ればいいだけです。

めんどくさいですが、やっておくと良いと思います。

高値がつく可能性があります買取専門店で見積もってみましょう。



買取専門店公式サイト

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

あとがき

「お金持ち」を目指すのであれば、「車」はもたないほうが「お得」です。

一方で、「ローン」の金利以上の利回りになる「投資」が出来るのであれば、「ローン」を借りたほうが「早くお金持ち」になれます。

「ローン」を組むことで、人生に「レバレッジ」をかけることができます。

しかし、「何か思いがけないこと」が起こった場合に、「ローン」は自分の首を締めるかもしれません。

車を「お得に」買うというのは非常に難しいです。

そもそも「お得」ではないからです。

参考 お金持ちになるのは簡単!?支出を減らしてお金持ち

しかし、「自分の好きな車」というのは人生を豊かにします。

お気に入りの車でドライブ。

この経験は「損得抜き」で幸せな事なのではないでしょうか。

Sincerely,

Hitouch「T」

 まずは買取専門店で見積もり



買取専門店公式サイト

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

人気の関連記事

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・