成功哲学の話

【アーリーリタイア達成】サラリーマンとして働けなくなって感じること

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

 

僕は突然パニック障害という病気を発症し、家から出られなくなりました。

本当に突然です。

参考 【絶望注意】パニック障害になっちゃった話

 

振り返ってみると・・・

「もうヤダ」「隕石降ってこないかな」「自分なんて」「退屈だ」

みたいなことは人並みに感じていました。

しかし、人一倍「病んでた」というわけではないと思います。

 

仕事は人並みに忙しくさせていただいてました。

この時代に生きていて忙しくない人なんてほとんどいないでしょう。

 

何が言いたいかというと、僕は普通だったということです。

 

特別に病んでたわけでも、突出して忙しかったわけでもありません。

 

普通にストレスと抱え、普通に忙しくしていました。

 

それでも僕が病気になりました。

 

これは神様がくれた奇跡だと思っています。

 

なぜなら・・・

 

僕は病気のおかげで、念願の「アーリーリタイア」を達成しました。

 

【この記事のオススメ読者様】

・アーリーリタイアに興味がある

・仕事をやめたい

・病気になって働けない

 

アーリーリタイア!?働けないのか働かないのか

僕はサラリーマンとして「普通に働く」事ができなくなりました。

 

「できない」というのはドクターストップです。

 

少なくとも半年は仕事から離れましょう。

こういわれています。

 

診断書も出ています。

もちろん仕事を休むことは「努力義務」です。

 

しかし、仕事には責任があり、診断書が出ているにもかかわらず無理やり働いて「何か」あってはいけません。

僕は主治医に従う事にしました。

サラリーマンから遠ざかって3ヶ月

ぶっちゃけ元気です。

 

働こうと思えば働けるんじゃない?という感じです。

僕自身がそう思います。

 

家族も主治医もみな優しいです。

「働けるようになったら働けば良い」

こんな事を言ってくれます。

 

本当に感謝しかありません。

「働けるようになったら」働けばいい

働けるようには・・・なっていると思います。

 

時々発作の前兆を起こすかもしれません。

 

でも、それでもよければ働けると思います。

 

病気が発症したばかりの頃は「絶対に無理」でした。

いやいやいやマジで無理!!って言うくらい無理でした。

 

しかし今は違います。

たぶん・・・大丈夫だと思うって感じです。

 

僕自身が感じてしまっていることですが、「残念ながら」僕は働けそうです。

I Don’t Wanna…

しかしここで重大な問題があります。

 

僕が働きたくなくなっちゃっている

働きたくなくて仕方がないわけです。

 

家族や主治医の温かい言葉を利用して

 

彼らの優しさを利用して

 

さぼっているだけ

パニック障害は甘えではない

はっきりと明記しておきますが、パニック障害は甘えとかではありません。

脳の病気です。

参考 呼吸ができない死の恐怖!パニック発作とは

 

心が契機となって発症することも考えられますが、「脳内伝達物質の乱れ」が原因の疾患です。

 

世の中には、パニック障害やうつを「甘え」だと言う人もいるでしょう。

 

そういう人たちを否定するつもりもありませんし、学がないとも思いません。

 

ただ、その考え方ださくない?

ショッピングモールの身体障害者用パーキングスペースにはみ出して駐車してある、「シャコタンのセルシオ」くらいダサくない?

緊急車両が後ろからきているのになかなか端っこによらない「ヘッドライトを真っ白に改造しているワゴンR」くらいダサくない?

 

学校に行けない、職場に行けない、家から出れない・・・

病気になってみて分かりましたが、甘えとかじゃないんですよ。

 

自分でも何でかわかんないけど「できないんですよ」。

 

ゴルフの中継を見ていると簡単そうでしょ?

でもできないじゃないですか。

それと一緒です。

 

スポンサーリンク


僕は最低なのか?

でも今の僕は違う。

全然問題なく働けると思います。

 

確かにパニック障害は間違いなく「持っています」。

治療も継続しています。

不安を感じることはあります。

電車には乗れません。

*)これは甘えではなくマジで乗れません。

 

でも・・・仕事は「できちゃう」と思います。

なんなら、瞑想ヨガで「マインドセット」が磨かれていますので、今までよりいいパフォーマンスを発揮するでしょう。

参考 【スティーブ・ジョブズ絶賛】「瞑想」の効果がものすごい!

参考 人生が変わる!こんなにすごいヨガの効果!!

 

今の僕は完全に「甘えている」だけです。

 

周りの甘い言葉に、パニック障害という神様がくれた「フリーパス」に甘えているだけです。

 

僕は最低なのでしょうか・・・。

 

「最低半年は休めっていわれたじゃん!気にせず休んじゃえ!」

心の中で狡猾な僕がこう囁きます。

 

僕はどうするべきか・・・毎日悩みます。

アーリーリタイアとはナニカ?

投資やその他諸々の安定した不労所得を得て、生活できる状態を確保して、サラリーマンとしての仕事を終える事。

 

これが思い描いていたアーリーリタイアでした。

 

アーリーリタイア後は、自分がやりたい事をやりたいようにやり、お金にとらわれずに生きていく。

 

そんな事を思い描いていました。

 

今の僕はどうでしょう?

 

・・・

 

・・・

 

あれ?

生活できてんじゃん!

 

あれ?

やりたい事だけすきなようにやってんじゃん!

 

あれ?

年収とかもうどうでもよくない?だって僕病気だし。

 

これからどうなるかは知りません。

考えたってわかりません。

 

でも、今ボクはアーリーリタイアを達成した“みたいです”。

【寓話】コスタリカの漁師とアメリカ人旅行者

参考

 

ここはコスタリカの小さな漁村

 

一人のアメリカ人旅行者が漁師に尋ねる

「今日何時間釣りをしていたんだい?」

「そんなに長くはないよ」と漁師。

 

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れただろうね、もったいないなぁ」

「家族と食事をするだけだからこれで十分だよ」

「余った時間は何をしてるの?」

「ゆっくり寝て日が昇ったら漁に出る、帰ってきたら子供と遊んで、女房と昼寝をして、夜になったら友達とワインを飲んでギターを弾くのさ。することがいっぱいあって毎日けっこう忙しいんだよ。」

 

アメリカ人旅行者は真面目な顔でこういった。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間としてアドバイスをしよう。いいかい、君はもっと長い時間漁をすべきだ。余った魚は売る。そしてお金を貯める。お金が溜まったら大きな漁船を買う。さらに儲けを増やす。さらに漁船を増やす。やがて大きな漁船団ができる。そうしたら自前の水産加工業者を立ち上げるんだ。その頃には君もニューヨークに進出できる」

 

漁師も真面目な顔で尋ねる。

「それぐらいになるまで何年かかるんですか?」

アメリカ人旅行者は答える。

「15年から20年くらいだな」

 

漁師はさらに尋ねる。

「で、それからどうなるんです?」

旅行者は得意げに答える。

「良い質問だ!ここからが肝心。時期が来たら上場する。そして株を売る。君は億万長者さ!」

 

漁師はさらに尋ねる。

「そうなると、どうなるんです?」

 

旅行者はドヤ顔で答える。

「そうしたら仕事から引退して、海岸の近くに住み、ゆっくり寝て、子供と遊んで、大好きな奥さんと昼寝をしたらいい。夜には友達と自由に遊んで、歌をうたってすごすんだ」

「どうだい?すばらしいだろう」

参考

アーリーリタイアとは考え方である

アーリーリタイアとは、経済活動を放棄することではないと思います。

 

決して文字通りの「リタイア」ではありません。

 

僕自身アーリーリアイアはしたけれど、やりたい事はどんどんやっていくつもりです。

 

だってやりたいから!!!

 

アーリーリタイアには定義なんてないんじゃないかと思います。

 

たとえサラリーマンを続けていたとしても、考え方一つ変えれば、それは立派なアーリーリタイアです。

 

Sincerely,

Hitouch「T」

 

オススメ書籍

知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
まだ知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!