FXの話

【初心者必見!FXチャートの読み方】超簡単!グランビルの法則がおすすめ!!

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

 

FXトレードで重要な知識の1つが『チャートを読む』ということです。

 

チャートをただ眺めるのではなく、『正しく読む』必要があります。

 

チャートを正しく読むために、様々なチャートパターンを勉強しておきましょう。

 

今回はローソク足と移動平均線だけを使った、超簡単なトレード手法!!

 

グランビルの法則のパターンや使い方をご紹介します。

 

FXの基本はこちら

 

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

 

おすすめFX業者

高スワップ!低スプレッド!GMOはみんな使っています。

GMOクリック証券


FX関連のおすすめ記事

 

【移動平均線だけで勝てる】グランビルの法則とは?

グランビルの法則というのは、ジョセフ・E・グランビルさんという、著名な投資家が考案した相場法則です。

 

グランビルの法則は、売り買いごとに4つの法則があり、全部で8つの法則から成立しています。

 

非常にシンプルで、勝率も高いことから、世界中で多くの投資家が活用しているといわれています。

 

スポンサーリンク


グランビルの法則【買いシグナル】

① 移動平均線を下からクロス

移動平均線が横ばい、もしくは上昇しているときに、ローソク足がゴールデンクロス(下から上にクロス)したら買いです。

 

移動平均線の角度に注意が必要です。

② 移動平均線をデッドクロスでも押し目買い

移動平均線が上昇しているときに、移動平均線をデッドクロス(上から下にクロス)した場合は、押し目買いのチャンスです。

 

移動平均線が強く上昇している時は積極的に狙いましょう。

③ 移動平均線にタッチで買い

移動平均線が上昇しているときに、ローソク足が移動平均線にタッチしたら買いです。

 

上昇している移動平均線がサポートラインとして機能しやすいので、押し目買いの指標として使うことができます。

④ 移動平均線と大きく乖離した場合に買い

移動平均線が下落傾向にあるときに、ローソク足が移動平均線よりも大きく下落していたら買いです。

 

移動平均線よりも行き過ぎたローソク足は、移動平均線に吸い寄せられるように動きます。

 

スポンサーリンク


グランビルの法則【売りシグナル】

グランビルの法則を利用した売りシグナルも、買いシグナルと同様です。

 

移動平均線の向きと、クロスの方向が逆向きになったら売りです。

 

重要なことは、移動平均線の示す方向と、ローソク足の位置です。

 

しっかりとゴールデンクロスをしても、移動平均線の向きが下向きであれば、それは強い買いのシグナルとはいえません。

 

移動平均線の向きに注意しながら、グランビルの法則を活用してみて下さい。

 

 

 

Sincerely,

Hitouch『T』

 

 

 

FX関連のおすすめ記事

 

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

 

おすすめFX業者

高スワップ!低スプレッド!GMOはみんな使っています。

GMOクリック証券


FX関連おすすめ記事

 

『お金持ち』になるための記事

 

米国株投資をするなら開設必須の証券会社

口座開設は面倒ですが、無料でツールを使えたり無料で独自の情報を手に入れることができますので、米株投資をする予定であれば3つとも口座開設すべきです

SBI証券で 口座開設
SBI証券

 

マネックス証券マネックス証券

 

楽天証券楽天証券

 

米国株銘柄分析の人気記事

 

知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
まだ知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!