【初心者必見!FXチャートパターンの見方!ローソク足応用編】カラカサ・コマ・トンカチ

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

FXトレードで重要な知識の1つが『チャートを読む』ということです。

チャートをただ眺めるのではなく、『正しく読む』必要があります。

チャートを正しく読むために、様々なチャートパターンを勉強しておきましょう。

今回はローソク足の応用編です。

FXの基本はこちら

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

おすすめFX業者

高スワップ!低スプレッド!GMOはみんな使っています。

GMOクリック証券


FX関連のおすすめ記事

スポンサーリンク

ローソク足応用!ローソク足の特殊形を紹介

1本のローソク足には多くの情報がつまっています。

そんなローソク足には、覚えておきたい特殊な型が存在します。

その“型”を覚えておくことで、相場の動きをより理解しやすくなります。

覚えておきたいローソク足の型や、その特徴を紹介します。

【カラカサ】相場の転換を示唆するローソク足

短い実体に長い下ヒゲがついたローソク足は、カラカサと呼ばれています。

*)ヒゲの長さは実体の3倍以上と定義される場合もあります

カラカサの出現は、相場のトレンド転換を示唆しています。

注目すべきは、底値圏や高値圏での出現です。

底値圏での出現は、上昇トレンドへの転換を示唆している一方、高値圏での出現は下落トレンドへの転換する可能性があるため注意が必要です。

スポンサーリンク


【コマ】保ち合いを示唆するローソク足

小さな実体と小さなヒゲで、“十字”を作ったようなローソク足が、コマと呼ばれる型です。

相場の動きが乏しく、買いの勢いと売りの勢いが拮抗していることが分かります。

相場の保ち合いで出現することが多く、その後のトレンド発生に注意しましょう。

スポンサーリンク


【トンカチ】下落の始まりを示唆するローソク足

小さい実体と長い上ヒゲがついたローソク足がトンカチです。

このローソク足が高値圏で出現した場合、下落トレンドへの転換が示唆されます。

天井をイメージさせるようなシグナルが多く出現している時に、トンカチが出現したら注意が必要です。

Sincerely,

Hitouch『T』

FX関連のおすすめ記事

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

おすすめFX業者

高スワップ!低スプレッド!GMOはみんな使っています。

GMOクリック証券


FX関連おすすめ記事

『お金持ち』になるための記事

米国株投資をするなら開設必須の証券会社

口座開設は面倒ですが、無料でツールを使えたり無料で独自の情報を手に入れることができますので、米株投資をする予定であれば3つとも口座開設すべきです

SBI証券で 口座開設
SBI証券

マネックス証券マネックス証券

楽天証券楽天証券

米国株銘柄分析の人気記事

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・