【ギリアド/GILD・ガラパゴス/GLPG】臨床試験最新情報! filgotinib TORTUGA study

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

ギリアド・サイエンシズ【GILD】とガラパゴス【GLPG】が、強直性脊椎炎の患者を対象とした、JAK1阻害剤であるfilgotinibの第2相試験(プラセボ対象)の結果を発表しています。

スポンサーリンク

filgotinib】TORTUGA study (PhaseⅡ)

強直性脊椎炎に対してJAK1阻害薬であるfilgotinibが、プラセボと比較して、病状の活動性スコアである(ASDAS)を有意に改善した。

臨床試験詳細

試験名

TORTUGA study (PhaseⅡ)

試験結果

主要評価項目である、12週時点のASDASをベースラインから1.5ポイント(平均値)改善した。*)プラセボ0.6ポイント改善

ASAS20反応を達成した患者は、filgotinib群76%、プラセボ群40%であった。

考察

臨床試験の結果はポジティブです。

強直性脊椎炎による深刻な痛みに苦しむ患者さんにとって、filgotinibは救世主となりうる可能性を秘めています。

今後とも大注目の薬剤です。

【GILD】ギリアド・サイエンシズ株価チャート

【GLPG】ガラパゴス株価チャート

強直性脊椎炎についての参考資料

強直性脊椎炎/ASとは!?

脊椎や骨盤の炎症を主体とする原因不明のリウマチ性疾患です。

腰から臀部にかけての疼痛や倦怠感、全身のこわばりが主症状です。

進行することで脊椎が固まって動かなくなる、「強直」を生じる事があります。

原因ははっきりとしていませんが、HLA(ヒト白血球高原)のB27型の陽性率が高いことが分かっています。

一方で、B27陽性の人が発症するのは僅かで、B27イコール強直性脊椎炎という事ではありません。

標準的な薬物治療

関節リウマチに使用されている、インフリキシマブ(レミケード)やアダリムマブ(ヒュミラ)が効果的であることが分かっており、痛みやこわばりの改善によって、ADLの改善を見込む事ができます。

その他消炎鎮痛剤や、抗リウマチ薬が使用されます。

その他の治療

日本整形外科学会によると、マッサージや漢方等によって痛みの緩和が可能であるなら、試してみる事が推奨されています。

日頃から運動習慣を取り入れることも、症状の改善には重要とされています。

JAK1阻害薬とは

JAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬とよばれる、新しいタイプの薬剤です。

サイトカイン受容体からの刺激を伝える「JAK」という細胞内のタンパク質を阻害します。

これにより、刺激の伝達を遮断する結果、炎症を抑えることができます。

炎症を抑えることは、痛みを抑えることに繋がります。

Sincerely,

Hitouch「T」

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク