成功哲学の話

幸せホルモンを飼いならせ!幸せになるっていったい・・・

こんにちはHitouchの「T」です。

[雑談]本記事は雑談記事です。5分で読めますので、ぜひお付き合い下さい。

 

幸せホルモンと呼ばれる「ドーパミン」や「セロトニン」という脳内物質が存在します。

この「幸せホルモン」が正常に働く事で、人間は「幸福」を感じます。

「幸福」には「よっしゃぁ」という幸福もあれば、「落ち着く」という幸福もあります。

何かを達成したような幸せも、リラックスしたときの幸せも、全ては「幸せホルモン」の働きによるものです。

 

つまり、「幸せホルモン」が働くことで「幸せな気分」になれるという事です。

 

一方で、「幸せホルモン」が枯渇している状態であれば、どんなに「他人が羨む生活」をしていても、本人は幸福を感じません。

 

卵が先か・・・鶏が先か・・・

「ドーパミン」「セロトニン」「エンドルフィン」幸せホルモンを飼いならせ!!

人々は「幸せになりたい」と願って、様々な欲求を満たそうとします。

>>>【マズローの欲求五段階説で紐解く】人の欲求とは

 

物を買ったり

美味しいものを食べたり

人に羨ましがられたり

美しい景色を見たり

イケメンや美女に囲まれたり

愛する家族と過ごしたり

 

人によって「欲求」は異なりますが・・・

結果、「幸せホルモン」が分泌されるから「幸せ」を感じます。

 

えっ?じゃあ回りくどい事をしなくても、直接「幸せホルモン」を分泌させれば良くない?

という考えから使用されるのが、「覚せい剤」です。

これは理にかなった、効率重視の考え方です。

「幸せホルモン」さえ手に入れば「幸せ」を感じられるわけですから。

ですが・・・覚せい剤を使った末路は・・・皆様のご存知の通りです。

*)念のため書きますが、覚せい剤は「だめ!絶対!です」

 

「糖分」が不足した、低血糖状態であれば?

「糖分」を補えばいいですよね。

 

「水分」が不足した、脱水状態であれば?

水分やミネラル、電解質やビタミンを補えばいいですよね。

 

じゃあ、「幸せ」が不足した状態であれば?

覚せい剤をつかって「幸せホルモン」を補えばいいですか?

違いますよね・・・。

そんなに単純じゃないから、幸せになるのは難しいんですよ。

 

「幸せホルモン」と呼ばれる「脳内伝達物質」の働きは超複雑です。

「ドーパミン」や「セロトニン」「エンドルフィン」等の働きは、徐々に解明されています。

何をどうすればどうなるか、なんて事が日夜研究されています。

「セロトニン」を利用する「抗うつ薬」のSSRIなど、医療の現場に応用されている医薬品も存在します。

しかし、まだまだわからないことだらけなのです。

 

「遠く遠く離れたアンドロメダ銀河が、地球の所属する天の川銀河に近づいてきている」なんて事がわかったとしても、自分自身の事は分からないのが人間です。

 

自分はどうしたら幸せになれるのか?

 

そんな事を自問自答してみるのも良いかと思います。

 

高級時計があれば幸せなのか?

高級時計を羨ましがられる事が幸せなのか?

高級時計を美女に褒められることが幸せなのか?

 

高級時計がなくても家族といられればそれで幸せなのか?

 

何が自分を幸せにするのかを知ることが、「幸せ」への第一歩ではないでしょうか。

 

それが分かれば、「幸せホルモン」を飼いならす事が出来るかもしれません。

 

なんてことを偉そうに書いていますが、僕は「幸せホルモン」が不足した状態です・・・

 

Sincerely,

Hitouch「T」

あなたの知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!