米国株はこのまま最高値へ!?そり立つ壁と国境の壁の法則

リンクユニット

面子 縦 メンコ 山田勝己 筋肉番付 SASUKE

こんなものまで売っているAmazon(笑)

“これ”の詳細

面子 縦 メンコ 山田勝己 筋肉番付 SASUKE

ダウ工業株30種平均は前週末比60ドル14セント(0.2%)高の2万6091ドル95セントと昨年11月8日以来ほぼ3カ月半ぶりの高値で終えた。

トランプ米大統領が24日に中国製品への関税引き上げの延期を表明し、米中の貿易協議が進展するとの期待が高まった。

日経新聞電子版

トランプ大統領が、中国との貿易協議に関して、交渉期限を延期し、『中国製品への関税引き上げの見送り(ひとまず)』を発表しました。

市場はこの発表を好感し、ダウは一時200ドルを超える上げ幅を記録しました。

米中貿易競技が進展するという期待が高まっただけです。

具体的に、何かが変わったというわけではありません。

しかし、事実米国市場は上昇を続けており、VIX指数は低値である15を割り込んでいます。

なんだか市場には楽観的な空気が漂っています。

スポンサーリンク

S&P500はレジスタンスラインを超えられるか?

UBS sees Fed pivot helping lift S&P 500 to record highs

S&P500インデックスは、節目である2800に差し掛かっています。

チャートを見てみると、2800を目前にして、何度も頭を押さえられていることが分ります。

昨年末に市場は暴落しましたが、2019年に入り、たった2ヶ月で最高値を狙える場所まで戻ってきています。

2800という壁を超えるのか、再度2800という壁に跳ね返されるのか・・・

Mr.サスケ! 山田勝己!!

またしても・・・

またしても!!

そり立つ壁を前にして!

・・・

無念のファーストステージリタイアー!!!

こういうチャートを見ると、いつも『そり立つ壁』を思い出してしまいます。

『壁』と言えば・・・

アカデミー賞での、トランプさんバッシングがすごかったですね。

華やかな場所で、芸能人が政治家をバッシングする・・・

日本もいつかそんなふうになるのかなぁ。

Sincerely,

Hitouch『T』

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

おすすめFX業者

高スワップ!低スプレッド!GMOはみんな使っています。

GMOクリック証券


FX関連おすすめ記事

『お金持ち』になるための記事

米国株投資をするなら開設必須の証券会社

口座開設は面倒ですが、無料でツールを使えたり無料で独自の情報を手に入れることができますので、米株投資をする予定であれば3つとも口座開設すべきです

SBI証券で 口座開設
SBI証券

マネックス証券マネックス証券

楽天証券楽天証券

米国株銘柄分析の人気記事

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・