投資報告

貿易戦争勃発・・・と思ったらすぐ米雇用統計じゃん。てか七夕じゃん!

こんにちはHitouchの「T」です。

注意)ゆる記事です!お時間のある方のみお読み下さい。

 

本日13時に米国が中国に対して制裁関税を発動しました。

米東部時間6日午前0時1分(日本時間同日午後1時1分)、米国が340億ドル(約3兆7600億円)相当の中国製品に対する制裁関税を発動した。

これを受け、中国側も対抗措置をとる方針を表明。

米中通商摩擦は一線を越えつつある。

ロイター

報道を受け、為替相場は一旦「円安」にふれました。

 

先行き不透明な不安感が払拭されたことによるドルの「買い戻し」だと思うのですが、実際に「貿易摩擦」は一線を越えてしまっています。

なにか「ちょっとした」情報で、すぐにリスクオフに傾いてもいいような気がします。

もちろん、本日発表される「米6月雇用統計」の結果次第では、1ドル111円を突破していくかもしれません。

 

つまり僕は「なんにも分からない」ということです。

 

分からないなら、分からないなりの戦略で、本日の米雇用統計に望む必要があります。

雇用統計は全戻し

「雇用統計は全戻し」

 

上げようが下げようが結局はもとに戻る

 

雇用統計の発表を受けて、しばしば為替相場が大きく変動します。

もちろん、そのままトレンドを形成していくことも十分考えられるのですが、指標発表が落ち着くと、「もとの価格帯」に戻っていることがよくあります。

アノマリー?なのかどうかは分かりませんが、「全戻し」というのは雇用統計の名物です。

 

僕のようなヘッポコトレーダーは、こういうチャンスを狙うしかありません。

 

「オッズ」は悪くないと考えています。

上がれば売る、下がれば買う

当たり前のことを、何も考えずに淡々と実行するのみです。

 

ですが、実際にチャートを見ているとなかなか実行できないものです。

ここでクリック出来るようになるには、「自分を信じる力」を鍛える必要があります。

>>>「自分を信じる力」はこちらの本で学べます「勝ち続ける意志力」

 

「全戻し」を狙う場合は特に「躊躇なくロスカット」する事が重要です。

そのままトレンドを形成されたら、いつ戻ってくるか分かりません。

>>>「ゾーン」に入ってトレードしましょう

あとがき

今からご飯を食べて、シャワーを浴びて、マインドフルネスをして・・・

脳を最高の状態にもっていって「雇用統計」を迎えたいと思います。

 

もちろん分かってますよ。

こんなことやったからって「勝てる」わけじゃないという事は。

 

まぁでもちょっとくらい「占い」や「迷信」を信じてもいいじゃないですか・・・

 

だって明日は「七夕」ですよ。

 

久々の再開を果たす「織姫」と「彦星」は、今どんな心境なのでしょう。

 

会いたくて会いたくて震えている

 

かもしれません。

 

そんな彼らにお願いごとをするなんて申し訳ない。

 

僕は短冊を使わずに、自分の力で雇用統計に望みたいと思います。

 

七夕くらいそっとしておいてあげましょうよ。

 

やっと会えるのだから・・・。

 

Sincerely,

Hitouch「T」

知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
まだ知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!