【保険の基本】個人年金保険のメリット・デメリットまとめ|保険の見直し

リンクユニット

family

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

人生における大きなお買い物のひとつが保険です。

保険は、家の次に大きな買い物だといわれています。

しかし、多くの人にとって保険は、家と違って馴染みのないものであり、『ぶっちゃけよくわからない』というのが正直なところだと思います。

みんなやっているから

なんとなく安心だから

なんとなく不安だから

保険に加入する大多数の人の『真の理由』はこの3つに絞られます。

『お得だから』とか『加入しないと損だから』とか…

あとづけでいろいろな理由をつけることはできますが…

保険とは『不安を取り除く』商品です。

だからこそ…

みんなやっているから

なんとなく安心だから

なんとなく不安だから

この理由は何も間違っていません。

不安だから保険に入る!

それで不安が解消されるのであれば、それで安心が手に入るのであれば、保険に加入する意味はじゅうぶんあります

とはいえ、闇雲に保険商品を選ぶのではなく、賢くお得に合理的に保険に加入したいですよね?

そのためには保険のメリットデメリットを知っておく必要があります。

  • 20代後半から30代で働き盛り
  • 少しお金に余裕ができてきた
  • 結婚して家族を持った
  • 子供が生まれた
  • 家のローンを組んだ
  • 守るものができた
  • 将来のために投資を始めたい
  • 自分の保険のことがよく分かってない
  • などなど

はじめて保険に加入してみようと思っている方保険を見直すきっかけができた方は、ぜひ最後までお読み下さい。

保険に加入するメリットとデメリットを紹介しますので、ご自身の保険を決める際の参考にしてみて下さい。

*)本記事では個人年金保険を中心にご紹介します

<PR>


ポイントは貯蓄性 >> ソニー生命のプランナーに聞いてみる

スポンサーリンク

個人年金保険とはどんな商品?

年金制度だけでは老後の資金が2000万円不足するという日本政府の見解が波紋をよんでいます。

年金だけでは長い老後の生活を維持することが難しい時代になっているということです。

政府の発言ということで“もえあがって”いますが…

とっくにみんな気づいているはずです、年金だけではぜんぜん足りないって。

だからせっせと貯金をして老後に備えているわけです。

しかし!!

貯金だけでは老後に必要な資金を貯めることは難しい。

そんな時代がもうそこまできています。

じゃあどうしたらいいのか??

お金を貯めるのではなく、お金を増やすということを考える必要があります。

令和の時代は貯金から投資へ

NISAやつみたてNISA、iDeCoという言葉をきいたことがありますか?

これらは全て投資に関連する政策です。

*)このサイトではNISAやiDeCoに関しても分かりやすく解説していますので、詳しくはこちら(»超基本編|つみたてNISA)をご覧ください。

NISAやiDeCoというのは、投資をすると節税ができるという制度です。

つまり日本政府は、節税という“餌”をぶら下げてでも、国民に投資をしてほしいと考えているということです。

それはなぜか?

貯金だけではなんともならない時代がきているからです。

65歳までに2000万円貯金するためには?

ここで簡単な計算をしてみましょう。

今あなたは35歳だとします。

残り30年で2000万円をどうやってためますか?

単純計算で年間67万円を貯金すれば、30年で2000万円が貯まります。

つまり、月6万円を貯金しつづけるだけで30年後には2000万円が貯まります。

どうですか?簡単ですか?

あなたは今年昇進し、年収は550万円になった。

結婚4年目、2人目の子供が生まれ、家のローンもたっぷりと残っている。

妻は子育て期間中。

この状態で毎月6万円の貯金ができますか?

子供を大学に行かせるためのお金は別に必要ですよ。

この2000万円は老後のためのお金なのだから、使うことはできません。

かなり厳しいですよね。

貯金じゃあ厳しいんですよ。

だから投資を勧めています。

年金では足りないから…なんとかして国民一人ひとりで自分の身を守ってもらいたいから、節税してまで投資を勧めているわけです。

ちなみにですが…

35歳から毎月2万円の積立投資(リターン7%)をした場合、30年後には2450万円貯まります。*)米国株投資の過去平均リターンは約7%です

毎月2万円なら頑張ればできそうですよね。

これが投資です。

っていっても、何に投資すればいいのかわからないし、投資なんて危険なことはできないというのが本音です。

そこで活用するのが保険(個人年金保険)です。

個人年金保険とは?

個人年金とは、国民年金・厚生年金・共済年金などの公的な年金とは別に、自分で契約する年金です。

生命保険の商品の一種であり、保険会社と契約することになります。

なんで年金保険なの?って感じるかもしれませんが、老後の不安を解消する商品であり、経済的リスクに備えるための商品なのだから…それって保険ですよね。

個人年金保険は投資なのか?

貯金ではなく投資の時代が到来しているという話をしました。

投資をしたほうが良いという理由は、多くの人にご納得いただけたかと思います。

でも…投資は怖いというのが本音でした。

そこでおすすめなのが個人年金保険だと説明しました。

それはなぜか??

個人年金保険は、あなたに代わってプロが投資をしてくれるからです。

あなたは『保険』という安全な商品を買うだけで、間接的に投資をしているということになります。

投資の必要性は分かったけど、投資をするのはやっぱり怖い…でも将来も不安。

そんなワガママな願いをかなえるための商品個人年金保険です。

<PR>

ポイントは貯蓄性 >> ソニー生命のプランナーに聞いてみる

個人年金保険のメリットとは?

個人年金保険は『投資が怖い人でも間接的に投資ができる』というのが最大のメリットだと考えられます。

また、保険という商品の特性上、個人年金保険を利用して安心を買うこともできます。

もう少し具体的に確認してみます。

個人年金保険は『確定年金』『終身年金』『有期年金』という商品に分けることが可能です。

確定年金とは?

確定年金の場合、被保険者(保険に入った人)の生死にかかわらず、一定期間年金を受け取ることが可能です。

万が一死亡してしまった場合も、遺族にお金が支給されます。

つまり、プロに投資をしてもらいながら安心を買うことができるというわけです。

終身年金とは?

終身年金というのは『生きている限り一生年金が受け取れる』というタイプの商品です。

大切な子供に苦労をかけさせたくないと願うのはどの親も一緒であり、自分の身は自分で守るという生き方が可能です。

有期年金とは?

生きている限り一定期間年金が支払われるという商品です。

なんだか不利な気はしますが、生存して満額受け取った際の金額が大きくなるのが一般的です。

個人年金保険は老後の安心が買える

老後の資金は年金だけでは足りない。

だったら投資をすればいい。

でも投資は怖い。

だったらプロに投資をしてもらえばいい。

どうせなら安心を手に入れられる保険にしたい。

貯金だけでは貯まりきらない老後の資金をプロに投資してもらい、同時に安心を手に入れることができる。

これが国民年金保険のメリットです。

より具体的なメリットというのは、個人個人の特性(年齢・家族構成・生活スタイル・年収・資産など)によって異なります。

このあたりもプロに相談してみるのが手っ取り早い方法です。

あなたのことやあなたの家庭のことは、あなたしか知りません。

あなた自身でプロに相談してみて、わからないことは何でも聞いてみると良いと思います。

知らないことを恥ずかしがる必要はありません。

プロからしたら、中途半端に知っている人のほうが厄介です。

相談してみて、『この人(この保険会社)やだな』と感じたら、また別の会社に相談してみる…この地道な作業が安心を手に入れるためには必要です。

<PR>
家計に負担をかけず賢く準備>> ソニー生命のライフプランナーに聞いてみる

国民年金保険のデメリットは?

国民年金保険のデメリットは『プロに投資してもらう』ということです。

え?それがメリットじゃないの?と思われるかもしれませんが…

プロにやってもらうということは『それなりにお金がかかる』ということです。

ルームクリーニング、確定申告、車の整備、庭の手入れ・・・

なんでもそうですが、プロに頼めばお金がかかります

自分でやればタダなのに。

投資も一緒です。

自分で投資することができるのであれば、自分で投資したほうが圧倒的に利回り(リターン)がいいです。

米国株の過去平均リターンが7%だという話をしました。

将来もこのリターンが続くと仮定すると(楽観的ですが)、自分で投資すれば7%のリターンを手に入れることができます。*)税金や手数料は必要です

しかし、これをプロにやってもらうと、リターンの大半をプロがもっていきます

プロがうまいとは限らない

掃除や庭の手入れはプロの方がうまいに決まっていますが、投資はプロの方がうまいとは限りません

投資というのは、“技術”や“頑張り”が最終的な結果に与える影響は少ないです。

それでもプロに頼みたいというのが人間という生き物

しかし、それでもプロにお願いしたいというのが人間です。

ほとんどの人がプロにお願いしているからこそ、保険会社は世界で大きく成長しているのです。

とにもかくにも、まずは今の自分の状況と、どんな年金があるのか?ということをプロのアドバイザーに聞いてみることをおすすめします。

プロと話をしてみて、自分で投資したほうが良さそうだなと感じたら、自分で投資してみればよいでしょう。

多くの会社が無料相談をしてくれると思いますので、自分にあった安心を見つけて下さい。

<PR>
家計に負担をかけず賢く準備>> ソニー生命のライフプランナーに聞いてみる

最後に

不確実な世界の中で、ひとつだけ間違いのない投資のコツが存在します。

それは…とにかく早く始めることです。

早く始めて長く続けること

これが投資で勝つための基本戦略です。

30年より31年、31年より32年積み立てたほうが最終的な金額は大きくなります。

早く行動した人が、最終的には大きな安心を手に入れることができます。

仕事やお金に余裕が生まれ、大切なもの、守るべきものがあるのだとしたら…

将来のために一刻も早く行動することをおすすめします。

<PR>
【ソニー生命】公式サイト

YouTubeでアーリーリタイア生活を公開しています

僕は社会人になると同時に投資をはじめて、今ではアーリーリタイアを達成しました。

早く始めて長く続ける

投資においてこれはとても大切なことです。

»YouTubeで視聴する

Sincerely,

Hitouch『T』

»自分で投資をしてみたいという人はこちら

»ホームに戻る

おすすめの名言集

»»名言集一覧へ

気になるタイトルをクリック!!

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

読書のメリットってこんなにあるの?

【こんなにすごい読書のメリット】あなたが本を読むべき15の理由!

年間100冊読む僕がおすすめ本

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク