【ためになる面白い雑学】カインとアベルとは?旧約聖書・創世記【トリビア】

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

すぐに誰かに話したくなる…そんな雑学を紹介しています。

今回のテーマは『カインとアベル』です。

»面白い雑学のまとめページへ

参考書籍(Amazon公式)

»1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

スポンサーリンク

旧約聖書『創世記』第4章 カインとアベル

FINAL FANTASY VARIANT PLAY ARTS改 ドラグーン(PVC塗装済みアクションフィギュア)

カイン:FFⅣより

カインとアベルとは、旧約聖書『創世記』第4章に登場する兄弟のことです。

アダムとイブの1番目の息子が『カイン』、2番目の息子が『アベル』です。

神様によってアダムとイブがエデンを追放された後に、ふたりは生まれたとされています。

このふたりの兄弟の話には、様々な教訓がありますので、知っておくと面白いと思います。

カインとアベルの話を分かりやすくすると…

ある日、神様はカインとアベルに捧げ物をするように命じました。

弟のアベルは、どんな捧げ物をすれば神様が喜ぶかを考え、大切にしている子羊の一匹を捧げることにしました。

一方兄のカインは、何を捧げれば自分が一番困らないかということを考えて、捧げ物を選びました。

結局カインは果物と穀物をいくらか捧げることにしました。

すると神様は当然…アベルの捧げ物を気に入りました。

アベルは神に認められました。

嫉妬に駆られたカインは、なんと弟であるアベルを殺してしまいました。

褒美をやろうと、神様がアベルを探しに来ましたが、アベルは見つかりません。

神様はカインに『アベルはどこにいるのか?』と尋ねました。

するとカインは「知りません、私は弟の番人でしょうか」と答えました。

…カインのしたことを神様が見破るのには、時間はかかりませんでした。

罰としてカインは呪いをかけられました。

その呪いは、『土を耕しても作物はできず、死ぬまで地上をさすらうべし』というものでした。

カインは神様に言いました。

「さすらうものになれば、私はいずれ出会う人に殺されるでしょう」

カインが殺されることすら許さなかった神は、カインに『印』をつけて、何人もカインを殺せないようにしました。

カインは『土を耕しても作物はできず、死ぬまで地上をさすらう』ことになりました…とさ…。

カインとアベルの話の解釈は?

この話には様々な解釈があるそうです。

カインにつけられた『印』が何か?ということは明記されておらず、顔の“あざ”だとする説や、赤毛だとする説もあるそうです。

また、黒い肌だという説も存在し、黒人奴隷を正当化するのに利用されたととも言われています。

アベルはというと、兄に殺されそうになっても、何の抵抗もしなかったとされており、平和主義の象徴とされています。

あとがき

嫉妬という感情は誰にでもあります。

羨ましい…

妬ましい…

対象が身近な人であればあるほど…嫉妬してしまうのが人間です。

旧約聖書に記される遥か古代から、人間の本質は変化していないようです。

『人が喜ぶことをしなさい』

そんな綺麗事をいわれても、頭では分かっていても、自分の利益を優先したくなるのが人間です。

カインはとても人間らしい人間だと思います。

また、神様がカインにかけた呪いも印象的です。

神様なんだから『針千本飲ます』でも『72時間体を切られ続ける』でもいいんですよ。

でも…神様が選んだ呪いが『結果の出ない、先が見えない、やりがいのない労働』です。

しかもその労働から逃げ出すことができないように、ご丁寧に印までつけられて…

失礼かもしれませが、35年ローンに縛り付けられ、何を生み出しているかも分からず毎日満員電車にゆられる“おじさん”が頭に浮かびました。

カインとアベル…

なんだか考えさせられる話ですね。

…ていうか、神様が『捧げ物をしろ』って言うんだ…

神様もいろいろと大変なのかな・・・?

『今日誕生日なんだけどな…』って自分で言うのって結構恥ずかしいですよね。

まぁいいんですよ…

神様なんだから…

参考書籍(Amazon公式)

»1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

たった5分のYouTube動画で人生をかえる!

YouTubeで視聴する

Sincerely,

Hitouch『T』

»面白い雑学のまとめページへ

»ホームページに戻る

おすすめの名言集

»»名言集一覧へ

気になるタイトルをクリック!!

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

読書のメリットってこんなにあるの?

【こんなにすごい読書のメリット】あなたが本を読むべき15の理由!

年間100冊読む僕がおすすめ本

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク