【3月相場の見通しは!?】3月のライオンと大荒れ予想の3月相場

リンクユニット

March comes in like a lion, and goes out like a lamb.

3月のライオン』という英語のことわざがあります。

3月というのは、ライオンのように荒々しく始まり、子羊のように穏やかに終わる

『3月のライオン』というのは、変化の激しい3月の天気や気候を、比喩的に表現したことわざです。

スポンサーリンク

3月も強気相場継続か?

Stocks Have Done Quite Well in March

参考 March Higher?

2019年に入り、強気相場が続いています。

2018年末の暴落から、年始に発生したドル円のフラッシュクラッシュを乗り越えて、市場は強気相場を形成しています。

過去20年3月のパフォーマンスは良好

1950年からの超長期、過去20年、過去10年を振り返ってみると、3月のパフォーマンスが良好であったことが示されています。

3月のライオンということわざにあるように、『3月は荒れる』のかもしれませんが、いずれは子羊のように穏やかになり、最終的に3月末には上げている。

こんなストーリーなのかもしれません。

S&P500はすでに20%近く上げている

2018年のクリスマスイブから比べると、すでにS&P500は20%近く上昇しています。

『上がったものは上がる』のか・・・

『上がったものは下がる』のか・・・

この強気相場を市場はどう捉えるのでしょうか。

スポンサーリンク


March comes in like a lion, and goes out like a lamb

3月のライオン コミック 1-13巻 セット

3月のライオンという言葉が存在するのは、3月って『そういうもん』だからだと思います。

『そういうもん』というのは、理屈じゃないけど『いつもそうなる』っていう、先人の経験に基ずく知恵です。

3月のライオンは、2019年も3月のライオンです。

波乱の幕開けと、穏やかな終焉。

もちろん、株式市場が天気や気候と同じように、『3月のライオン』とは限りません。

しかし、3月ってきっと・・・『そういうもん』なんだと思います。

Sincerely,

Hitouch「T」

参考書籍:Amazonで詳細をチェック

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

おすすめFX業者

高スワップ!低スプレッド!GMOはみんな使っています。

GMOクリック証券


FX関連おすすめ記事

『お金持ち』になるための記事

米国株投資をするなら開設必須の証券会社

口座開設は面倒ですが、無料でツールを使えたり無料で独自の情報を手に入れることができますので、米株投資をする予定であれば3つとも口座開設すべきです

SBI証券で 口座開設
SBI証券

マネックス証券マネックス証券

楽天証券楽天証券

米国株銘柄分析の人気記事

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・