【マリーの部屋/Mary’s Room】思考実験で脳をクリエイティブに活性化しよう!!

リンクユニット

参考書籍Amazonリンク

発想力を鍛える 33の思考実験

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

本記事で紹介する思考実験は『マリーの部屋』です。

真っ白な部屋で育ったマリーが、初めて『色』を目にした時に・・・

彼女の脳にはどんなシグナルが送られるのでしょうか?

スポンサーリンク

【思考実験のメリット】思考実験とは何か?

思考実験というのは、ある特定の条件下での考えを深め、頭の中で議論を重ねることで、自分なりの結論を導き出すという、自分の脳、自分の思考を使った実験です。

非現実的なシチュエーションを想像したり、その状態を回避する方法を考えたりと、思考を巡らせます。

わかりやすい思考実験の例題がこちら

【トロッコ問題】5人を救うために1人を犠牲にしますか?

思考実験で脳を活性化することで、発想力や直感力を鍛えることができます。

アイデアがわかない、クリエイティブな仕事をしたい、そんな風に思う方は・・・

ぜひ思考実験で脳を活性化してみてください。

深く思考することで、脳にたっぷりと栄養が送られるはずです。

本記事で紹介する思考実験は『マリーの部屋』です。

スポンサーリンク


マリーの部屋とは?

マリーは生まれながらにして白と黒の世界に生きています。

真っ白な部屋で育ったマリーは、『色』についてのすべての知識をもっている天才科学者に成長しました。

『色』についての完璧な知識を持っているマリー。

リンゴの赤さや、空の青さ、色の仕組み、人々が色をどのように認識し、どのような反応を示すのかということ。

『色』についてのありとあらゆる知識を持っています。

しかし・・・

マリーは実際に『色』というものを見たことはありません。

白と黒の世界に生まれ、真っ白な部屋で成長したしたマリーは、『色』を知っていても、見たことはありません。

色を見たことがある普通の人々よりも、何十倍、何百倍も『色』に詳しいマリーは、色を見たことがないのです。

そんなマリーが、初めて『色』を目にした時、彼女は一体どんな反応をするのでしょう?

その時マリーは、新たに何を『知る』のでしょう?

マリーの部屋をどう考えるか

色についての知識は何でも持っているマリーが、唯一持っていないものは、自分で色を見るという『経験』です。

その経験から得られるものが、『感覚』です。

知識で表現できるオレンジの黄色と、喉が乾いている時に見る、あの瑞瑞しい、たっぷりと水分を含んだ黄色とでは、『感じ』が違います。

この『感じ』や『感覚』の事をクオリアといいます。

クオリアというのは主観的な感覚です。

他人が説明できるものではありません。

マリーは、科学で説明できる全ての知識を持っていましたが、クオリアを持っていませんでした。

しかし、初めて色を見る事で、様々な色の『感覚』を味わったことでしょう。

マリーが得た新しい知識は、『感覚』であり、クオリアなのかもしれません。

スポンサーリンク


あとがき

陸の上を歩くことがどういう事かを魚に説明することが出来るでしょうか?

たぶん、何千年説明しても説明しきれないでしょう。

でも、一日歩いてみれば、たちまち全てがわかるはずです。

ウォーレン・バフェット

主観的な感覚というのは、実際にやってみないことには得られないものです。

『百聞は一見にしかず』という言葉があるように、実際に行動して、自分で見て、自分で感じること・・・

クオリアを手に入れるということは、人生において大切なことの1つなのではないでしょうか。

自分でやってみる。

マリーの部屋は、こんな当たり前のことを思い出させてくれます。

Sincerely,

Hitouch『T』

参考書籍

思考実験の人気記事

オックスフォード大学入試問題!紙を何回折ったら月まで届く!?

5人を救うために1人を犠牲にしますか?トロッコ問題とは?

「シュレディンガーの猫」に学ぶ投資の極意とは!?

【悪用厳禁の心理学】交渉を有利にする!ゲーム理論とナッシュ均衡

理系思考を学んでみては?

こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 「ピタゴラスの定理」って聞いたことがありますか?...
世の中には2種類の人間がいる。 前例を元に良い仕事をする人間と前例を壊す事を仕事にしている人間。 前者は文系で、後者は理系だ...

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク