【本の紹介】読書感想文

「マネーの公理」でリスクを知る!?いつも意味のある勝負にでること!!

こんにちはHitouchの「T」です。

 

僕の大好きな本に「マネーの公理」があります。

 

本書には「お金」だけではなく、生きるために必要な「公理」が、いたるところに散りばめられており、読む度に新しい発見があります。

 

本記事では、本書から学んだ多くの事の中から、僕が「人生を豊かにするために」大切にしている事を1つだけご紹介します。

 

【本記事に書いてあること】

・マネーの公理から学んだ大切な事

 

[Spoiler Alert]本記事はネタバレを含みます

マネーの公理/マックス・ギュンター

第一の公理:リスクについて

心配は病気ではなく健康の証である。

もし心配なことがないなら、十分なリスクをとっていないということだ。

マネーの公理

 

人はリスクを避ける生き物です。

 

遥か遠い昔に誕生した「原始生命」は、気が遠くなるほどの長い年月をかけて、ゆっくりと進化をして「今の人間」になっています。

進化の過程のいずれの時期においても、「生きる」という事は何よりも優先されてきました。

 

生きるためにはリスクを避けるのが賢明だ

 

この考え方が脳の奥深くに刷り込まれています。

これは生きるために大変重要な考え方であり、「生物」として当然の本能です。

だからこそ「不安」という感情が存在するわけです。

 

パニック障害の僕が「不安」を語るのもおかしな話ですが、「不安な気持ち」というのは非常に大切な感覚なのです。

>>>【絶望注意】告白!パニック障害になっちゃった話−第1話:出会い−

 

一方で、「リスクを取る」事もまた、生物としての知恵です。

 

はるか昔の「ご先祖様」が、リスクをとって海から陸に上がったからこそ、今の人間が存在しています。

リスクをとって最初に海に飛び込むからこそ、「ファーストペンギン」はたらふく餌にありつけます。

 

「生きるためにはリスクは極力避けるべきだが、繁栄するためにはリスクを取る必要がある」

この矛盾が、人生を難しくしています。

 

リスクを避けるだけで幸せを感じるように脳がプログラミングされていれば、こんなに苦労しないと思います。

しかし、それでは「人類」は繁栄しなかったでしょう。

*)おそらくですが・・・

 

どの程度のリスクをとるのか?

 

投資やビジネスだけではなく、スポーツやギャンブル、そして医療、人生のありとあらゆるタイミングで、この問題に直面します。

もちろん「正解」はありません。

5つの選択肢から1つを選ぶような問題ではありません。

 

こんな疑問に遭遇した時には、先人の知恵を借りるのが賢明です。

 

どの程度のリスクを取るべきでしょうか?

いつも意味のある勝負に出ること

自分の本能が「心配」のシグナルを出さないようであれば、それは十分なリスクではない。

 

これがマネーの公理に記されているリスクのとり方です。

 

十分なリスクというのは「心配」を感じるレベルであり、「意味のある勝負」であるべきだという事です。

 

1ドルか2ドル、20ドル、数百ドル、これが、ほとんどの中流階級の人が失っても大丈夫だと考えている金額だろう。

(中略)

考えてもみてほしい、もし、100ドルを賭けて、それが倍になったとしても、あなたは依然として貧しいままだ。

マネーの公理

 

この言葉には「はっ」とさせられました。

 

投資でも副業でもなんでもそうです。

 

元本を減らしたくない

本業に悪影響が出ないようにしたい

 

失うことばかりを恐れて、意味のある勝負に出ていないことは多々あります。

 

あなたがとっているそのリスクは、「リスク」ではないの“かも”しれません。

 

リスクを取る事が、いいことなのか悪いことなのかは分かりません。

 

正解はありません。

 

但し、「リスクを取るというのはそんなに軽い言葉ではない」、ということに気付かされました。

 

スポンサーリンク


あとがき

「杞憂」という言葉があります。

>>>【不安を解消するマインドを手に入れる】その不安「杞憂」かもよ?

 

なんでもかんでも不安を感じればよいというものではありませんが、「不安」というのは人間に備わった大変貴重な能力です。

 

ちなみに僕はその能力が人一倍優れています。

>>>【絶望注意】告白!パニック障害になっちゃった話−第1話:出会い−

 

僕はパニック障害だからこそ、不安を感じる力が強いからこそ、人よりも「リスク」に直面する機会が多いです。

 

僕はお昼ご飯を買いに、「1人」でコンビニに行きました。

 

1人でコンビニに行く

 

今の僕にとってこの行為は「強烈な不安」を感じる「リスク」です。

 

しかし僕は意地でも「ファミチキ」が食べたい。

 

「ペペロンチーノ」に「ファミチキ」をトッピングして、思いっきり幸せな昼ごはんが食べたい!!

 

いつも意味のある勝負にでること

 

勝負の結果・・・

 

本日の僕のお昼ご飯は・・・

 

家にあったペヤングでした・・・

くまくん

いや勝負に負けたんかい!!

 

 

Sincerely,

Hitouch「T」

 

▼「マネーの公理」は本当におすすめです

 

▼おすすめ投資本シリーズ

【インデックス投資は勝者のゲーム】市場に勝つ?ために投資家がすべき行動とは

【これを読まなきゃ始まらない】「ゾーン「勝つ」相場心理学」でトレードを学ぶ。

あなたの知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!