【食欲の秋】肥満のデメリット!!太ると頭が悪くなる!?肥満が脳に与える負の影響とは?

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

  • ハンバーガー
  • スパゲッティー
  • お寿司
  • 焼き肉
  • 中華
  • ラーメン・・・

とにかく美味しいですよね。

世の中には美味しいものがありすぎて、ついつい食べすぎてしまいます。

美容のため、健康のためには「ある程度の」ダイエットが大切です。

ダイエットを成功させるためには、強い心で自分を制し、運動週間を取り入れて、摂取カロリーを制限することが重要です。

何度も挫折してしまう人は、無理せずライザップにいきましょう。

肥満が影響するのは、「見た目」や「健康」だけではありません。

the Journal of Neuroscience に驚くべき研究が掲載されています。

肥満が「脳」に与える影響

考えたことがありますか?

肥満が記憶力を傷害する可能性があるらしいですよ・・・

【この記事に書いてあること】

・肥満が脳に与える影響とは?

スポンサーリンク

肥満は記憶や学習機能を障害する可能性がある!?

>>>Science News

【論文の要約】

The Journal of Neuroscience に掲載された論文によると、肥満のマウスは、不正な免疫細胞によって、記憶や学習を司る細胞(シナプス)の繋がりが破壊されている可能性がある。

高脂肪・高カロリーの食事を与えられ、通常のマウスより40%以上体重が増加していた「肥満マウス」は、通常マウスと比較して、「迷路からの脱出や、自分の位置の把握」などが困難になっている事が分かった。

肥満マウスの脳内では、海馬の樹状突起細胞が通常のマウスより少なかった。

海馬の樹状突起細胞は記憶や学習に重要な役割を果たしている。

この樹状突起細胞の破壊は、「ミクログリア」と呼ばれる免疫細胞によって引き起こされている可能性があり、肥満マウスでは通常マウスと比較して、活動的なミクログリアが増加していた。

実際に、研究者らがミクログリアに干渉を加え、樹状突起細胞を保護すると、マウスの思考テストの成績が改善した。

ミクログリアによる攻撃を防ぐ方法を見つける事は、肥満に関連する懸念を払拭できる可能性を秘めている。

肥満はアルツハイマー認知症のリスクを上げる事が分かっており、ミクログリアが、様々な脳疾患の原因である可能性を示唆する科学者も存在する。

ミクログリアが脳細胞を破壊する

「ミクログリア」とよばれる免疫細胞が、記憶や学習において重要となる脳細胞を、破壊している可能性が示唆されています。

そして、肥満によって「ミクログリア」の活動性が上がる可能性があるということです。

つまり・・・

肥満は脳細胞を障害する

肥満は脳細胞を傷害する可能性がある

あくまでもマウス実験ですので、人でも同様の反応を示すかは分かりません。

仮にマウス同様、人でもミクログリアの活動性が上がったとしても、それが普段生活する上で必要な記憶力を、どの程度傷害するのかは定かではありません。

ミクログリアの活動が上がろうが、脳細胞が多少傷害されようが、生活に影響がなければ問題がないわけです。

ちなみに、人間の脳細胞の数がいくつあるか知っていますか?

人間の脳細胞の数

人の脳細胞の数はなんと・・・

約1000億個です!!!

参考 脳の力を最大限に引き出す方法

「多すぎてうそくせぇ」と思うくらいの数ですよね。

2・3個障害されたところで、びくともしないわけです。

肥満によるミクログリアの活動性の向上が、人の実生活にどれくらいの影響を及ぼすのか、という新たな研究が待ち遠しいです。

肥満であることのメリットとは!?

肥満のメリットってなんでしょう?

柔らかくってかわいい!

ぷにぷにしててかわいい!

包容力がありそうでかわいい!

優しそうでかわいい!

肥満のメリットは「かわいい」しか思い浮かびません。

*)ただし!この場合の「肥満」とは、あくまでも「ぽっちゃり」の事です。

*)僕の趣味嗜好が含まれています。

ビジネスや健康、美容の事を考えると、やはり「肥満」にはデメリットしかありません。

たとえ肥満が記憶力に影響を及ぼさなかったとしても・・・

「スリム」で健康的な体型を目指すに越したことはありません。

スポンサーリンク


「ライザップ/RIZAP」結果にコミットする

この記事の着地点が見つからず、結局RIZAPの紹介みたいになりました。

方法はRIZAPでもなんでも良いと思います。

スリムな体型を維持することは、生きる上で大きなアドバンテージになります。

おすすめは「運動」です。

なぜなら、「運動」すると「賢くなる」事が証明されているからです。
参考 脳の力を最大限に引き出す方法

食事制限では得られないような、ものすごい「プラスアルファ」の作用をもつのが運動です。

ぜひとも生活の中に運動習慣を取り入れてみて下さい。

運動するだけで、天才になれる“かも”しれませんよ。

Sincerely,

Hitouch「T」

参考書籍

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・