【ワンタップバイ/One Tap BUY】ワンタくんのテレビCM!?これは暴落の前兆か・・・

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。

本日何気なくテレビをつけたら、「ワンタップバイ」のCMがやっていました。

>>>【投資初心者におすすめ】One Tap BUY(ワンタップバイ)で投資を楽しむ

なんだかすごくポップな感じがしました。

その一方でなんか嫌な感じもしました。

この記事は雑談記事です。1−2分で読めます。

スポンサーリンク

One Tap BUY/ワンタップバイって何??

ワンタップバイとは証券会社です。

一風変わっているのは、その売買方法です。

スマホ専用の投資サービスで、「課金感覚」で株が買えます。

>>>ワンタップバイの詳細はこちらの記事で

「めんどくさい」感じがしないのが特徴です。

「堅苦しくない」感じが特徴です。

SBI証券とか、マネックス証券とか・・・ちょっととっつきにくいんですよ。

投資をやったことがない若年層は。

しかしワンタップバイでは、「ユーザーインターフェース」も可愛く、すごくポップな感じになっています。

>>>ワンタップバイの詳細はこちらの記事で

靴磨きの少年

相場師に語り継がれる「靴磨きの少年」という話があります。

ジョセフ・P・ケネディ(ジョン・F・ケネディの父)は、たまたま利用した靴磨き屋の少年に、「旦那!この株がいいそうですよ!!」なんてことを言われたそうです。

靴磨きと株取引は縁遠い関係にあります。

しかも株を勧めてきたのは少年だったわけです。

ジョセフはこの「普通じゃない」状況を危惧して自分の株を売り払いました。

その後間もなく1929年の大暴落が起きたそうです。

この話の教訓は・・・

靴磨きの少年(大衆)が株を勧めてきた時が天井である

>>>「靴磨きの少年」の詳細はこちら

大衆が次から次へと上げ相場にぶら下がろうとした時に、上げ相場は終わりを迎える。

つい先日の出来事のように思い出されるのが「ビットコイン」です。

仮想通貨バブル・ビットコインバブルの崩壊

イッテQ! エブリデイ出川語録2 ([実用品])

ビットコインが買えるのはコイン〇〇だけ!!

*)詳細なセリフは忘れました。

出川さんがCMで声高に叫んでいたのを思い出します。

2017年、少しずつテレビで「ビットコイン」という言葉を耳にするようになりました。

そしてカジュアルなCMが放送されるようになりました。

インターネットには「取引所」口座開設のアフィリエイト記事が乱立しました。

すると自然に

多くの人がビットコインを買うようになります。

まるで「魔法石」を買うように。

一気に価格が高騰します。

バブルです。

そして・・・

結果は皆様のご存じのとおり。

あとがき

テレビで「ワンタくん」が米国株取引を勧めていました。

とてもカジュアルな感じがしました。

証券会社の硬いイメージは全くありあません。

中学生が課金ゲーをやるように、フードコートで主婦が米株取引をやる時代が来るのでしょうか。

なんだか変な感じです。

そろそろ僕は電車をおりようかな。

そう思い始めました。

Sincerely,

Hitouch「T」

▼ワンタップバイを使って「実験」をしています。

>>>【One Tap BUY(ワンタップバイ)で検証】ランダムポートフォリオはS&P500に勝てるのか?

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・