パニック障害奮闘記

【絶望注意】パニック障害になっちゃった話−第2話:深刻−

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

 

僕は「パニック障害」です。

 

それは何の前触れもなく突然やってきました。

前回までの話
【絶望注意】告白!パニック障害になっちゃった話−第1話:出会い−

 

本記事ではパニック障害と診断されてからの経過を書いていこうと思います。

 

同じ病気に悩む方にほんの少しの勇気を・・・

 

パニック障害って結構やばいじゃん

「養楽堂」痛いワニ 罠ランダム噛むワニ ワニワニパニックおもちゃ 口歯咬合虫歯探し 危機一発ゲーム 電池不要パーティ玩具子供おもちゃアクションゲーム

 

2度のパニック発作を経験した僕は、病院で「パニック障害」と診断されました。

 

主治医からは「とりあえず1ヶ月間の休養」を勧められました。

 

つまり「休職」という事になります。

 

僕は、「薬をもらってしばらく様子をみる」的な事かと思ってましたので、「え?仕事休むの?しかも1ヶ月も??」みたいなリアクションをしたと思います。

 

主治医いわく、病気を悪化させないためには「とにかく休む」のが懸命なのだそうです。

 

もちろん薬物治療や、認知行動療法は並行して行います。

 

その上で「休む」ことが大切なのだそうです。

 

僕は診断書をもらい、職場に「休職」を申し出ました。

精神疾患のレッテル

パニック障害は一般的に口外し辛い疾患のようです。

*)僕はあまり気にせず職場に言いました

 

精神疾患は「人には言いにくい病気」であり、一度精神疾患のレッテルをはられると、仕事などの社会生活が送りにくくなる事も考えられます。

 

近年はかなり環境が改善され、「うつ病」や「不安障害」に理解を示す社会が構築されようとしています。

 

しかし、そんな温かい社会はほんの一部で、現実はまだまだこれからです。

 

そのため、主治医は「家族のサポートは得られるか?」「職場の理解はあるか?」等の心配をしてくれました。

 

僕の場合は、幸いにも家族や職場共に理解があり、サポートしてくれています。

 

いくら理解があるとはいっても、「職場の制度が利用できる」というだけで、同僚の中には僕の休職のことをよく思っていない人もいるだろうと思います。

*)皮肉ではありません、冷静な判断です。個人によっていろいろな捉え方をするのが人間だと思います。「休職をよく思わない人がいない」という結論の方が非論理的です。

 

パニック障害だけではなく、うつ病や気分障害で仕事を休む事を「甘え」だと考える人もいるそうです。

 

僕のように、精神疾患とよばれる病気の診断をうけた人は、少なからず「精神疾患のレッテル」をはられます。

 

しかしご安心下さい。

 

世の中大半の事は「トレードオフ」です。

 

僕の場合「パニック障害のレッテル」を得た代わりに、「毎日仕事に行かなければいけないという謎の使命感」を捨てることができました。

 

いわば「李代桃僵」です。

 

【李代桃僵】
桃(高い価値がある果実)の木を守るために、李(桃より価値が低い果実)の木が倒れる。
損害を受けざるを得ないときには、不要な部分を犠牲にして、全体の被害を少なく抑えつつ勝利するように図る戦術のこと。
「肉を切らせて骨を断つ」的なこと。

予期せぬ夏休みを手に入れる

僕は「杞憂」という言葉が似合う、「パニック障害」になるほどの悲観論者ですが、なぜか休職届を提出した時は、とても楽観的でした。

参考記事
【不安を解消するマインドを手に入れる】その不安「杞憂」かもよ?

 

もともと仕事に重点をおいた生活をしていなかったからだと思いますが、この休職を「夏休みだ!」くらいにしか考えていませんでした。

*)職場の皆さんすみません・・・

 

「薬ももらったし、後はゆっくり夏休みを楽しもう」

 

そんな風に思っていました。

状態は思いの外・・・深刻

休職してからの僕の日常を示していきます。

Day2

休んで2日目の事です。

 

ランチでも食べに行って、ついでにディーラーに車でも見に行くか!夏休みだし!

>>>【残価設定型自動車ローン】のメリットとデメリット

 

みたいな『なめたこと』を考えていました。

 

ランチをして、目的のディーラーについて、車を降りたその時です・・・

 

「ドクンッ」

 

心臓の音が聞こえる様なあの感覚です。

 

一瞬で頭が真っ白、汗が吹き出して体が硬直して呼吸が荒くなります。

 

「まじか・・・」

 

自分の主人格が薄れて、怖がりの別人格が顔を出すような、なんともいえないあの感覚がやってきました。

 

恥ずかしい話ですが、ディーラーの営業さんに助けてもらって、頓服の抗不安薬を飲み、しばらく苦しみました。

 

結果・・・僕は車に乗れなくなりました。

 

この日を境に、なんだか不安な気持ちが増えたように思います。

 

いやいや・・・マジでどこでも発作起こるじゃんか・・・

 

少しずつ自分の病気の深刻さが分かってきます。

Day4

次が4日目の昼です。

 

お昼ご飯を買いにコンビニに行こうと思いました。

 

家の窓からコンビニは見えています。

 

毎日のように行ってい「た」コンビニです。

 

なんだかわからないけど、その日は家の窓からコンビニを眺めていました。

 

なんだかわからないけど、少し不安だったのです。

 

「すぐそこじゃん、大丈夫!いつものコンビニにいくだけ!」

 

そう自分を鼓舞して、家の扉を開けました。

 

なんとなくゾワゾワしていましたが、そのままマンションを出ようとエレベーターをよんで「1F」を押して、ドアがしまったその時です・・・

 

「ゾワッ」と一瞬で嫌な感覚が全身に広がります。

 

エレベーターが1階につく頃には発作が始まっています。

 

たまらず部屋のある階のボタンを連打し、フラフラになりながら部屋に戻り、抗不安薬を飲んでそのままソファーで苦しみます。

 

助けて・・・誰か助けて・・・・みたいな感覚になります。

 

たとえ救急車がきても、やれることは見守ることくらいだということは、主人格の僕であれば十分理解しています。

 

「ドルミカム」とか静注してくれれば助かりますが、救急隊がそんな事はしれくれません。

 

病院に到着する頃には回復して、あれこれ書類を書かされるのがオチです。

 

んなことは僕だってよく分かっています。

 

申し遅れましたが、僕は医療に関して無知ではありません。

 

それでも、発作の時は「僕が僕じゃなくなる」様な感覚で、とにかく救いの手を求めてしまいます。

 

僕の脳は自分が思っている以上に「混乱」しているようです。

 

結果・・・僕は・・・1人で家から出られなくなりました。

 

すぐそこのコンビニに行けなくなるなんて考えたことありますか?

 

「パニック障害」が本当に「甘え」なんだとしたら・・・

 

というか、僕は「甘え」であって欲しいですよ。

 

コンビニに行けないのは「甘えてる」だけであって欲しいです。

 

「暑いから外に出たくないよー」って事にしといて欲しいです。

 

コンビニチャレンジは何度かしましたが・・・やっぱり行けません。

 

深刻にならないように、できるだけふざけた調子で記事を書いていますが、僕は普段から自分を甘やかしているつもりはありません。

 

自分の知性をより優れたものにするために、多くの本を読み、毎日勉強をしています。

 

自分の体を美しく健康に保つために、トレーニングをして、食事を制限しています。

 

アルコールも飲みませんし、タバコもきっぱりやめました。

 

僕はまだまだ自分に「甘い」のでしょうか。

 

僕は体育会系ではないので、厳しさというものを知りません。

 

自分に厳しく、腕立てを100回やれば家から出れますか?

 

自分に厳しく、毎朝4時に起きれば家から出れますか?

 

そうじゃないから困っちゃってるんですよ・・・。

七夕の願いは叶う

僕はもともと外出が好きなタイプではなく、家で本を読んだりYouTubeを見ているのが好きです。

 

今年の七夕は短冊にこんな願い事を書きました。

 

家から出ずに、やりたいことだけやって過ごす、幸せな生活を手に入れたいです

 

・・・叶いました。

 

・・・・・・マジで叶っちゃいました。

 

ありがとう織姫さんと彦星さん。

 

ただですね・・・

 

後付けで本当に恐縮なんですが・・・

 

「願い事の効果」の期限を書くのを忘れてしまったんですよぉ・・・

 

「有効期間は8月いっぱい」って事にしてもらってもよろしいですかねぇ・・・

 

さすがにですね、そろそろコンビニに行きたいなーなんて思うわけですよぉ。

 

ちょっとくらいは散歩しないと体に悪いじゃないですか。

 

僕はね!

 

僕はいいんですよ!

 

そりゃあ僕がした願い事だもん!

 

ありがとうございます!って感じですよ!!

 

ただね!ただ・・・

 

そろそろ・・・

 

ちょーっと家族が心配するかなーなんて思うわけですよぉ・・・

 

健康のためにね、お散歩くらいどうかなーなんて思うんですぅ・・・

 

あの・・・

 

なんとか「お願いの効果」は8月いっぱいで終了って事にしていただけませんかね・・・

 

重ねて「お願い」申し上げます。

 

たのむよホントに・・・

 

>>>そして最終話へ−最終話:再誕−

 

Sincerely,

Hitouch「T」

 

 

パニック障害関連記事

知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
まだ知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!