【PFE銘柄分析】株価上昇が止まらない!世界最大級の製薬メーカー!Pfizerファイザーの話

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

世界の健康を支える製薬大手「ファイザー」。

医療をかじったことのある人間であれば、一度は聞いたことがある名前ですよね。

そんなファイザーの銘柄分析です。

米国株銘柄分析の人気記事

スポンサーリンク

【PFE】Pfizer/ファイザーの事業内容

ファイザーは世界最大規模の製薬メーカーです。

500億ドルを超える売上を誇っています。
*)ちなみに、日本最大級の製薬メーカー「武田薬品工業」の売上は5000億円です。

参考 詳細なデータはこちら(2017 financial report)

ファイザーは世界第2位の製薬メーカー

画像元:Top 10 Pharmaceutical Companies 2018

2018年現在、ファイザーはロシュに次いで世界2位の売上です。

*)ちなみに、僕のお気に入りは第6位の【MRK】メルクです。

参考 MRK銘柄分析はこちら

ファイザーといえば「リピトール」であり「ノルバスク」ですが・・・

外せないのは「M&A」!!

つまり「買収」です。

ファルマシア、ワイス、メディベーションなど大手医薬品メーカーを買収しています。

「創薬」というのはものすごく大変な仕事です。

だったら買っちゃえばいいじゃん!!

というノリかどうかは知りませんが、製薬メーカーが「ブロックバスター」を手に入れるために、M&Aするというのは合理的な戦略です。

*)ブロックバスターとは、従来の医薬品とは一線を画すような作用を持ち、莫大な売り上げを上げる医薬品の事です。

ファイザーの事業構成

ファイザーの事業は「PIH」と「PEH」の大きく2つに別れます。

画像元:Pfizer’s revenue in 2014 and 2017, by segment

Pfizer Innovative Health (PIH)

PIH:イノベーティブヘルス事業

売上の6割を占めています。

プレベナー・リリカ・イブランス・エリキュースなどなど。

「ワクチン」から「オンコロジー」と非常に多様な商品ラインナップです。

Pfizer Essential Health (PEH)

PEH:エッセンシャルヘルス事業

売上の4割、ここ数年減少傾向にあります。

長期収載品の「リピトール」やバイオシミラー等がこちらの事業です。

ファイザーの地域別売上

米国の売上が全体の50%といった感じです。

ファイザーの主力製品

売上順に医薬品を確認していきましょう。

1位:プレベナー 56億ドル

肺炎球菌ワクチンです。

日本人の死因第3位が「肺炎」です。

肺炎の原因菌は非常に多様ですが「肺炎球菌」による肺炎は見逃せません。

肺炎球菌による肺炎予防のワクチンです。

「ワクチン」が売上1位・・・なんて「粋」な企業なのでしょう。

少しファイザーが好きになりました。

2位:リリカ 50億ドル

プレガバリンっていう成分の痛み止めです。

痛み止めと言っても「ロキソニン」とは全然違います。

神経障害性疼痛という症状に使う薬です。

「痺れ」や「神経痛」なんかに使われます。

これまでビタミンや漢方しかなかったところに、救世主的に登場したのがリリカです。

3位:イブランス 31億ドル

2017年から急成長しているのがこの薬です。

「乳がん」に使う抗がん剤です。

参考 抗がん剤の説明はこちらの記事で

4位:エリキュース 25億ドル

血栓塞栓症の薬です。

こちらも急成長しています。

「血液を固まりにくく」してあげて、血管が詰まらないようにしてあげる薬です。

ライバルは多いです。

5位:エンブレル 24億ドル

主にリウマチに使用される「バイオ医薬品」です。

投資家はみんな大好き「バイオ医薬品」です。

以下

  • 6位:リピトール
  • 7位:ゼルヤンツ
  • 8位:バイアグラ
  • 9位:スーテント
  • 10位:チャンピックス

ファイザーの業績

詳細なデータは「Financial report」をご覧ください。

参考 2017 financial report

売上

2012年に「リピトール」の特許が切れた(後発品に切り替わった)事により、売上が低下しています。

配当

リーマンショック後に減配しています。

現在連続増配8年目です。

【PFE】Pfizer/ファイザーの株価指標とチャート

株価と指標関係

2018年10月5日現在

  • 株価:44.91ドル
  • PER:12.0
  • 利回り:3.11%

5年チャート

*)2018年6月5日

チャネルラインのちょうど中間あたりにいます。

個人的にはかなり割安な気がしています。

買い増しを検討しています。

2018年10月5日追記(5年チャート)

完全にレンジを抜けてきました。

ものすごい上昇率です。

あとがき

【MRK】メルクのような派手さはないのですが、「必要な医薬品」はファイザーが持ってます。

「バイオシミラー」が当たり前の時代が到来した際には、ファイザーが再び首位に躍り出るのかもしれません。

なんにせよ「ブルーチップ」ですので安心して投資できます。

投資のタイミングは「利回りと相談」といった感じでしょうか。

あとは「好き嫌い」ですかね・・・

Sincerely,

Hitouch「T」

米国株投資をするなら開設必須の証券会社

口座開設は面倒ですが、無料でツールを使えたり無料で独自の情報を手に入れることができますので、米株投資をする予定であれば3つとも口座開設すべきです

SBI証券で 口座開設
SBI証券

マネックス証券マネックス証券

楽天証券楽天証券

米国株銘柄分析の人気記事

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク