【米国株ETFならVTIとVOOがおすすめ?】VTIとVOOをドルコスト平均法で長期投資

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

出来るだけ投資資金を稼いでETFを買い増し続ける。

これが僕の投資戦略です。

参考 【大魔導師の投資】僕たちの投資戦略

非常に単純です。

単純だからこそ効果があります。

単純だからこそ難しいです。

僕の米国株ETF長期投資戦略を記載しておきます。

参考 市場に勝つ?ために投資家がすべき行動とは

スポンサーリンク

インデックス投資におすすめの米国株ETF!VTIとVOO

僕は長期投資のために購入するETFを、VTIとVOOに絞っています

絞るといっても、どちらも広く分散されたETFですので、集中投資というわけではありあません。

  • 米国の株式市場をまるごと買っときゃいいじゃん!
  • バフェットさんが勧めるS&P500に連動するインデックス投資でいいじゃん!

そんな軽いノリでVTIとVOOに決めました。

別にふざけているわけではありません。

考えれば考えるほど分からないのです。

S&P500連動指数をベンチマークにして、それを上回るリターンを得るファンドマネージャーがどれだけいるのでしょうか?

*)ファンドマネージャーは僕たちなんかよりよっぽど真剣に市場と向き合っています。

ベンチマークを上回るファンドマネージャーを見つけられるほど、僕たちは目が良いのでしょうか?

結局未来は分かりません。

ノリが軽かろうが重かろうが決断するしかありません。

参考 【未来を予測し投資で勝つ!?】「まぐれ」偶然を味方につける方法とは?

参考 【人生を変える選択の名言】人生を豊かにする最良の選択とは!?

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

大型株から小型株までを網羅しておりますので、まさに米国株式まるっと買いです。

信託報酬0.04%と超低コストです。

銘柄は今をトキメクFAANGから、高配当株、連続増配株までなんでもありです。

そりゃあまるっと買いですからね。

VOO:バンガード・S&P500ETF

VOO:バンガード・S&P500ETF

こちらはS&P500指数に連動するETFです。

信託報酬0.05%の低コスト。

ウォーレン・バフェットが勧める

Put 10% of the cash in short-term government bonds and 90% in a very low-cost S&P500 index fund. (I suggest Vanguard’s.)

‐Warren Buffett`s Letters to Berkshire Shareholders‐

これはバフェットさんが書いた、バークシャー株主への手紙の中の有名な1文です。

自身の妻へ遺産の運用アドバイスを行った際に、90%はS&P500連動指数へ投資しておきなさいと言ったことを公表しています。

VOOを買う理由はこれだけでいいでしょ、と思っています。

ドルコスト平均法

買い付けるタイミングはドルコスト平均法を採用します。

一気に買わずに、定期的に買いましょうという買い方です。

買い付けタイミング

少しでも安く買いたい!

誰だってそうですよね。

僕だってもちろんそうです。

ある程度はタイミングを見計らいます。

ただし、あまり真剣には考えません。

未来は分からないという事が大前提です。

考えても分からないことは考えないようにしています。

金額

僕の場合、1回の買い付け額は2000ドル以上としています。

*)手数料負けしないようにするためです

1回の買い付けでVTIがVOOのどちらかを2000ドル以上買い付けます。

手数料負け

僕の使用しているSBI証券では、最低手数料というものが定められています。

基本的には1回の買い付け手数料は0.45%です。

しかし、最低手数料として5ドルが必要になります。

具体的に説明します。

  • 100ドル買う時→手数料5ドル(5%)
  • 1000ドル買う時→手数料5ドル(0.5%)
  • 2000ドル買う時→手数料9ドル(0.45%)

1000ドル分買い付け時の基本手数料(0.45%)は4.5ドルです。

しかし、4.5ドルは最低手数料の5ドルを下回っています。

そのため、この場合は最低手数料の5ドルが適用されます。

どうせ買うなら手数料は安いほうが良いよね、という考えから2000ドルを採用しました。

SBI証券で 口座開設
SBI証券

ドル転「外貨両替」

僕は米国株ETFをドルで買っていますので、円をドルに換える必要があります。

つまり、外貨手数料が必要になります。

この手数料を安く抑えるのが「ドル転」のコツです。

参考 SBI証券を使ったドル転のコツはこちらの記事でまとめています

為替で負けないために、出来るだけ円高の時に一気にドル転したいと思っているのですが、これは難しいです。*)これが上手にできればFXだけで暮らせます。

出口戦略

今のところまったく考えてません。

おそらく淡々と買い続けることになると思っています。

出口のない長期投資になると考えています。

分配金等に変化があれば考えるかもしれません。

僕の投資は退屈な投資

ぼやっとした投資方針ですみません。

いかんせん僕は未来が見えないものですから・・・。

いかに単調かつ退屈に続けられるかが、ETF長期投資のポイントだと考えています。

長い道のりになりそうです。

Sincerely,

Hitouch「T」

参考書籍

米国株投資をするなら開設必須の証券会社

口座開設は面倒ですが、無料でツールを使えたり無料で独自の情報を手に入れることができますので、米株投資をする予定であれば3つとも口座開設すべきです

SBI証券で 口座開設
SBI証券

マネックス証券マネックス証券

楽天証券楽天証券

米国株銘柄分析の人気記事

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク