科学で勝負の先を読む!じゃんけんもテニスもPKも??これであなたも預言者です

リンクユニット

科学で勝負の先を読む -投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド-

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

「科学で勝負の先を読む」ウィリアム・パウンドストーン著

目の前のお皿に唐揚げが1つ。

友人と取り合いになります。

そんなときはじゃんけんですよね。

あなたは何を出しますか?

もしも科学で勝負の先を読めるとしたら・・・

いつだって唐揚げはあなたのものです。

Amazonリンク
科学で勝負の先を読む -投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド-

【ネタバレあり】本記事はネタバレを含みます。

スポンサーリンク

予測不可能はこんなにも予測可能

予測不可能はこんなにも予測可能だ

投資だけではなく、じゃんけんやテニスのサーブやPKまで、予測不可能な事がもしも予測可能なのだとしたら・・・

科学でもなんでもいいからその秘訣を知りたいですよね?

人の打つ手はランダムではない

人の気まぐれな選択やランダムな「手」は無意識に何かのパターンに陥っています。

ランダムに見せかけようとすればするほどパターン化します。

こうなれば、予測不可能なことも予測することが可能になります。

ショートストーリー「宿題」

[注意]これは本書に記載されたデータを引用し、僕が考えたストーリーです。わざと面白おかしく表現していますのでご了承下さい。

「いまから1人1枚ずつコインを渡す」

「家に帰ったら200回コインを投げて出た目を全て記録すること」

「これが今日の宿題だ!明日必ず提出しなさい」

とある数学の授業でいきなりこんな宿題が開始されました。

真面目な学生は200回きっちりやるでしょう。

普通の学生は10回程度やって後はランダムに書くでしょう。

不真面目な学生はこんな宿題のことなど聞いてないでしょう。

翌日の授業で先生はこう言います。

「200回やらずにランダムに書いたやつはすぐ分かるからな!君たちはもっと確率を勉強するべきだ!」

「実際200回やった君たち!君たちは・・・まぁいいんだけどさ!いいんだけど・・・もうちょっとあんじゃん!上手くやるって言葉があんじゃん!」

すると先生は、いとも簡単に真面目に200回コインを投げた学生のレポートを見分けました。

さて、先生はどうやって真面目な学生のレポートを見分けたのでしょう。

セオドア・P・ヒルの実験

Hill, Theodore P. (1998) The First Digit Phenomenon. American Scientist 2.著者はこの文献を参考文献として引用しています。

こちらの論文によると、ランダムに200回のコイントスを行えば、裏か表のどちらかが連続で6回続くことはほぼ確実です。

一方で「あえてランダムに書こう」とすると、6回も続けて「表」と書くことは容易ではありません

人はランダムを作り出すのが苦手

本書では一見ランダムに見える、もしくは見せかけようとする人に、確認できるパターンが多く記載されています。

ランダムにやろう、ランダムを作り出そうとしても、残念ながら人間にはそんな便利な機能はありません。

じゃんけん、テニス、PK、パスワード、そして株式投資・・・

パターンを読むことで、未来を予測する。

この本を小学生の時に読んだとしたら、僕はメンタリストを目指したでしょう。

Sincerely,

Hitouch「T」

ちなみに・・・

素人相手のじゃんけんなら「パー」一択です

その理由はご自身の目でお確かめ下さい

Amazonリンク

年間100冊以上読む僕がおすすめな本を紹介

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク