【FX初心者必見】簡単でおすすめ!?ループイフダン・トラリピ的なFXトレードとは?

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

僕が保有しているFXポジションの大部分が「システムトレード」で行っています。

自動売買ならループイフダンが人気です

シストレi-NET

この方法は「トレード」というより「保有」というイメージです。

正直面白くはありません。

ですがなかなか効果があります。

よろしければ最後までお読みいいただければ幸いです。

[ご注意]投資は自己責任でお願いします。

FXトレード手法まとめ

スポンサーリンク

ループイフダン・トラップリピート(トラリピ)系トレード

Final Fantasy VII Poster Cloud (91,5cm x 61cm)

*)偽物が混ざっています!当ててみてね!

証券会社各社が行っている自動売買の手法(システム)の商品名です。

名前は違えど、どのシステムも基本的な考え方は同じです。

このトレード手法の総称を、有名な商品名を使って「ループイフダン系のトレード」とか「トラリピ系」と言ったりします。

絆創膏の事をバンドエイドといったり、マジックの事をマッキーといったりするのと似ています。(似てないか?)

ではこの自動売買の仕組みを確認していきましょう。

公式サイトリンク

アイネット証券
シストレi-NET

インヴァスト証券
トライオート

ループイフダン系のトレード手法

「L」がロング、☆が利確ポイントです。

ある一定の値幅を自分で設定(10pipsや20pipsなど)し、その値幅感覚で指値注文が入ります。

指値に引っかかったら約定します。

ポジションができると、今度は決まった値幅(自分で設定)で決済注文が入ります。

ポジションが決済された後は、再度同じ値幅で新規注文が入ります。

これが自動で行われます。

*)もちろんショートでも同じですし、損切りの設定もできます。

長所

レンジ相場やボックス相場にめちゃめちゃ強いです。

ある一定の値幅でだらだらやっててくれさえすれば、ものすごい利益が出ます。

しかも自動で売買してくれますので、寝るだけでお金が増えているという事が多々あります。

短所

トレンドに弱いです。

トレンドについていく事は可能ですが、無理をするといつか資金の限界がやってきます。

その時は・・・お察しの通りです・・・。

分かりやすいようにロングした場合を想定します。

下落トレンドが発生した場合

決済できずに買い下がります。

つまり「ナンピンしまくる」ことになります。

その結果、含み損がすごいことになります。

*)損切り設定を入れれば、負け続けることになります

上昇トレンドの場合

新規買いができません。

結果的に機会損失が出ます。

自動売買設定によっては上昇トレンドにもついていくことができます。

ただしその後の急落で・・・いっきに含み損です。

機会損失を恐れて、どこまでも上昇トレンドについていくと、いつか天井を掴む事になります。

コツコツドカン

コツコツドカン

コツコツドカン

相場格言通りのコツコツドカン型トレードです。

相場の大半は一定のレンジです。

つまりボックス相場を形成していますが、ある時から一気にトレンドが生まれます。

発生したトレンドが、上昇トレンドであれば機会損失を生むだけなのですが、下落だった場合にはどんどんどんどん・・・資金が減っていきます。

*)ロングのみで損切りありというトレードを想定しています。

レンジ相場でコツコツためた利益を、1回の下落トレンドで吹き飛ばす可能性があります。

ループイフダンなら誰でも簡単に勝てる!!

シストレi-NET

誰がやっても簡単に勝てます。

  • 手軽に
  • ビギナー向け
  • FX初心者でも安心

これは嘘ではありません。

考えれば分かります。

相場の大半は「レンジ相場」なのです。

この手法で勝てないほうがおかしいわけです。

資金はどんどん増えていきます。

ただし、1回の大きなトレンドでその利益をふっ飛ばします。

自動売買を行うにあたっては、これを理解しているかどうかがとても大切なことです。

詳細は公式サイトでご確認下さい。

公式サイトリンク アイネット証券

まぐれ

僕の大好きなな本に「まぐれ」という本があります。

参考書籍 まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

ループイフダンをやる前には読んでおくべき一冊です。

著者のタレブさんは「コツコツドカン」のことを「ロシアンルーレット」と表現しています

装填された弾丸の数が分からないロシアンルーレットをイメージして下さい。

ほとんどの場合に弾丸は入ってません。

しかし・・・

しかしですよ・・・

もし・・・

もしも・・・

もしも弾丸が入っていれば・・・

全てが終わります。

勝ち続ける事は難しい

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

参考 勝ち続ける意志力

ループイフダン系のトレードを行う際には注意して下さい。

確かにループイフダンは利益が出やすいです。

時期によっては、物凄い利回りになります。

一方で「ドカン」に弱い事を忘れてはいけません。

ループイフダンが誰でも簡単に儲け続けられる方法なのであれば、世界中の人がやるはずです。

世界には70億人の人がいます。

誰でも簡単に稼ぎ続けられるのであれば、70億人全員がループイフダンをやります。

その結果誰も儲からなくなります。

つまり、勝つことは簡単でも「勝ち続ける事」は簡単じゃないということです。

オリジナル手法

このループイフダンを手動で行うのが僕の手法です。

基本的なやり方はループイフダンと同じです。

ストラテジーが多少異なります。

損切りなし

損切りしません。

そのため、下落局面では含み損がヤバイことになります。

びっくりするような含み損を抱える事になります。

大切なことなので、もう一度繰り返します。

びっくりするような含み損を抱える事になります。

忍者とは・・・。

忍び堪える者のことなんだよ。

−自来也(NARUTO)−

堪える(耐える)のみです。

プラススワップのみ

含み損の状態がいつまで続くか分かりません。

一生決済できずに終わる可能性もあります。

どんどん買い下がると、結構スワップが効いてきます。

*)金利政策の変化でスワップポイントが変動するリスクはあります。

心理的な負担を無くすために「プラススワップ」限定でトレードしています。

チャートを見ながらショートを入れる

ところどころ「ショート」をいれてリスクヘッジを行います。

中央の「S」を行う理由は、前回高値から高値が切り下がっていますので、このまま下落トレンドに突入するかもしれません

だからショートです。

安値を切り上げて切りかえした場合(上図の実線)、買値あたりでエグジットします(プラマイゼロ)。

そのまま下がった場合(上図の点線)は利食いです。

利食いはなんとなくやります

タイミングなんぞどうせ分かりません。

右側の「S」は前回高値の抵抗帯があるので、そこから下落するかもしれません

だからショートです。

ショートのタイミングは「なんとなく」やるしかありません。

この方法でどうにかできるとは思ってませんが、少しでもと思ってやっています。

ショートポジションが機能しない場合はもちろん損切りします。

資金管理と利回り

強制ロスカットを避けるためには追加投資しかありません。

ひたすら耐え続ける必要があります。

サラリーマンのなけなしの給料が「どんどん吸い上げられる」状態になります。

これでは借金と一緒じゃないか・・・。

そんな気持ちにならないための「プラススワップ」です。

決済できる時がくれば、一気にボーナスチャンスがやってきます。

この手法で最も重要なことは資金管理です

資金管理を行うにあたり重要なポイントが「利回り」です

自分が追加投資できるのはどの程度なのか?

下落スピードに耐えられるだけの余剰資金はあるか?

資金が拘束され続けても別にいいやという覚悟はあるか?

その上で利回りを決めていきます。

利回りを上げると、資金管理がきつくなります。

利回りを下げると、FXをやる意味が無くなります。

(債券を買ったほうが良いという事になってしまいます)

年利10%

目標設定は年利10%です。

無理はしません。

このトレード手法が僕のFXトレードの軸です。

このトレードに加えて、別のFX口座でデイトレードをやっています。

Sincerely,

Hitouch「T」

公式サイトリンク

 自動売買の口座開設はこちらから可能です

アイネット証券:ループイフダン
アイネット証券[アイネットFX]

インヴァスト証券:トライオートFX
トライオート

FXトレードならGMO一択です

GMOクリック証券


FXトレード手法まとめ

関連書籍(Amazon)

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・