FIREムーブメント

アーリーリタイアにおすすめな3つの不労所得を紹介【FIREムーブメント】

3

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

 

僕はFIREムーブメントという流行に乗っかって、アーリーリタイアしました。

»アーリーリタイアの詳しい経緯がこちら

 

FIREムーブメントとは、不労所得を作り出すことで経済的に独立し、早期にリタイア(サラリーマンを退職する)するという考え方です。

 

そこで今回は、アーリーリタイアするためにおすすめな3つの不労所得を紹介させていただきます。

 

アーリリタイアを考えている方の参考になれば幸いです。

 

【重要】アーリーリタイアはリスクも大きい

非常に基本的なことですが、アーリーリタイアはリスクが大きいということを忘れてはいけません。

 

年収300万円でも、サービス残業があっても、上司が口うるさくても…

毎月決まった金額が入金され、自分のアイデンティティを決定づける『会社』という組織に属しているということは、自分が思っているよりも守られています

リスクをとってでも、アーリーリタイアによって得られる自由を手に入れたいという方だけが、アーリーリタイアを目指すべきだと思います。

 

上司に怒られたから、仕事をしたくないから、毎日寝て暮らしたいから…

このような理由でリタイアしたいという人は、アーリーリタイアしてもきっとうまくはいきません。

 

リスクをとってアーリーリタイアしてでもやりたい事がある、手に入れたい自由がある

こういう方のみ、先を読み進めていただければと思います。

 

なぜなら、僕が提案する方法はリスクも大きいからです。

しかし、ある程度のリスクをとらなければ、アーリーリタイアなどできません

 

リスクを許容できる、そんな覚悟がある方のみお読み下さい。

アーリーリタイアにおすすめな3つの不労所得

  • 株式投資(長期投資)
  • 不動産投資
  • ビジネスオーナーになる

この3つが、アーリーリタイアするのにおすすめな3つの不労所得です。

 

それぞれにメリットとデメリットがありますので、どれかひとつを選択するというよりは、個人の能力や状況に応じて、複数組み合わせるということがコツなのではないかと思います。

 

株式投資だけではいつまでたってもリタイアできませんし、不動産投資はリスクが大きいです。

ビジネスは芽が出るまでに時間がかかりますし、クリエイティブな才能が必要です。

 

ここからはそれぞれのメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

株式投資(長期投資)のメリット・デメリット

株式投資 第4版

参考書籍の詳細»株式投資 第4版

 

アーリーリタイアにおすすめする不労所得のひとつが、株式投資です。

株式投資といっても、ここでおすすめするのは、安く買って高く売る“トレード”のような方法ではありません。

ひたすら買い続ける(売らない)という投資戦略です。

 

利回り4%の投資先に3000万円投資すれば、年間120万が不労所得になります。

120万円に20%課税されても、96万円が手元に残ります。

*)実際には手数料などの諸経費も必要です

3000万円には手をつけず、96万円を収入とすることで、取り崩さない投資戦略が可能になります。

 

今回紹介する株式投資というのは、このような長期投資であるということをご理解下さい。

株式投資(長期投資)のメリット

株式投資のメリットは『とにかく簡単』ということです。

 

広く分散されたポートフォリオを、できるだけ手数料の安いオンライン証券で買うだけです。

*)NISAやiDeCoなどを利用して節税するのがおすすめです。

 

誰でも、今すぐにできます。

月数万円からでもはじめられます。

 

株式投資なんてそんなもんです。

大量のディスプレイを見続け、チカチカする株価に翻弄されるだけが株式投資ではありません。

 

おすすめの銘柄等は別の記事にまとめていますので、お時間があればご覧ください。

僕の投資戦略はこちら(»【大魔導師の投資】僕の投資戦略)でまとめています。

»投資カテゴリーへ

株式投資(長期投資)のデメリット

利回り4%の投資先に3000万円投資すれば、年間120万が不労所得になります。

さきほど僕は、さらっとこんなことを書きました。

3000万円を投資すればって…かなりきびしくないですか??

どうやって3000万円を用意しますか?

 

株式投資のデメリットは、資産形成に時間がかかるということです。

 

もともと高給取りだとか、多くのお金を相続したとか…なんらかの特性がある人は別ですが、一般的なサラリーマンの給料で、生活をしながら3000万円を貯めるというのは至難の業です。

3000万円が貯まる頃には定年が見えているでしょう。

 

これではアーリーリタイアなど夢のまた夢です。

 

このように、株式投資(長期投資)は低リスクで誰でも簡単にできますが、途方も無い時間がかかるというのがデメリットです。

不動産投資のメリット・デメリット

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

参考書籍の詳細»金持ち父さん貧乏父さん

 

次におすすめするのが不動産投資です。

マンションやアパート、駐車場などの他に、コインランドリー投資や太陽光発電の売電収入なども、このカテゴリーに入れても良いかもしれません。

*)所得区分は事業所得ですのでご注意下さい

 

不動産収入というのは税率が高いです。

固定資産税という税金も必要です。

これは『不動産で儲けようなんてずるいぞ』という国民の声であり、実際に不動産というのは『ずるいくらい』儲かります。

 

しかも、サラリーマンと相性がいいというのも不動産投資の良さです。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは、レバレッジをかけられるということです。

融資やローンなどによって、自己資金以上の物件(土地)を手に入れることができます。

 

毎月10万円の家賃収入があり、ローンの返済が毎月7万円なら、あなたの財布には毎月3万円が入ってくることになります。

その3万円を先程の株式投資に回すという戦略も可能です。

 

サラリーマンという信用があれば、ローンや融資を受けやすいです。

その信用を上手く活用することで、レバレッジをかけた投資が可能になりますので、早い資産形成が可能になります。

不動産収入が安定してこれば、たとえあなたがリタイアしてしまっても、不動産が勝手にローンを支払ってくれるでしょう。

不動産投資のデメリット

不動産投資には対人ビジネスのスキルが必要です。

不動産を手に入れる際には価格交渉が必要ですし、不動産を貸し出す時には契約が必要です。

貸し出す相手が毎月お金を払ってくれる保証もありません。

 

株式投資は買うだけでいいですが、『不動産投資は買うだけ』というわけにはいきません。

 

不動産の目利きや価格交渉などの、ビジネススキルが必要になるのはいうまでもありません。

ビジネスオーナーのメリット・デメリット

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

参考書籍の詳細»ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

最後に紹介する不労所得は『ビジネスオーナーになる』という方法です。

 

ここでいうビジネスオーナーとは、趣味を収益化するという方法です。

ウォーレン・バフェットのように、会社をまるごと買うということではありません。

自分の趣味や個性をビジネスに変えて、あなたにしかできないビジネスを作るという方法です。

 

厳密にはこの方法は『不労』ではありませんが、自分の趣味をビジネスに変えるという意味では『不労』だと考えることができます。

釣りが好きな人は、釣りを仕事だとは思わないはずです。

テクノロジーの力を使い、自分の趣味である『釣り』を収益化することで、趣味を満喫するだけで不労所得が入ってきます。

ビジネスオーナーのメリット

インターネットを使ったビジネスの収益は青天井に伸びていきます。

 

ハンドメイドのネット販売のような『物販系』サービスには限界がありますが、ハンドメイドを作る様子を動画で撮影し、YouTubeでシェアすることで、青天井の収益が期待できます。

 

そしてなにより、この方法はノーリスクです。

やる気があれば、スマホ1台でも始めることが可能です。

ノーリスクで青天井の収益なのだから、やらないという選択肢はありません。

 

僕はブログとYouTubeを収益化しています。

その方法や収益を公開していますので、興味がある方はこちらのカテゴリー(»ブログの収益を公開しています)をご覧ください。

ビジネスオーナーのデメリット

自分の趣味を収益化するというのは、ノーリスクで青天井の収益が期待できるのですが、1円稼ぐのはとてもむずかしいです。

何年頑張ってもお金にならないという人もいっぱいいます。

最初の1円が入金される人でさえ一握りです。

 

ブログやYouTubeで稼ぐということは、株式投資や不動産と違って、ノーリスクで爆発的な収入が期待できる一方で、芸能人を目指すようなものだということを忘れてはいけません。

 

これはあくまでも趣味であり、稼ごうとしないというのがポイントです。

あまりに稼ごうとすると、それは趣味ではなく仕事になり、アーリーリタイアした意味が無くなってしまいます。

 

*)収益は青天井ではありませんが、確実に儲ける方法もあります。

アパレル関係が好きなら挑戦してみてはいかがでしょうか?

»BUYMA(バイマ)無在庫転売の方法まとめ

アーリーリタイアにおすすめな不労所得のメリット・デメリット

アーリーリタイアにおすすめな3つの不労所得『株式投資』『不動産投資』『ビジネスオーナー』と、それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。

 

最も重要なことは『なぜアーリーリタイアしたいのか』ということです。

 

リスクをとってでもアーリーリタイアしたい理由があるのなら、今回紹介した3つの不労所得を組み合わせて、自分なりの生き方を模索してみて下さい。

 

ちなみに僕の場合は、VTI(米国株ETF)、太陽光発電、不動産、ブログという方法を組み合わせています。

 

自分なりの方法を見つけるのも、アーリーリタイアの楽しみのひとつですよね。

 

»アーリーリタイア関連記事一覧

YouTubeでアーリーリタイア生活を公開しています

»YouTubeで視聴する

 

Sincerely,

Hitouch『T』

 

»面白い雑学のまとめページへ

 

»ホームに戻る

 

おすすめの名言集

»»名言集一覧へ

気になるタイトルをクリック!!

 

この記事の読者様におすすめカテゴリー

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

 

読書のメリットってこんなにあるの?

【こんなにすごい読書のメリット】あなたが本を読むべき15の理由!

 

年間100冊読む僕がおすすめ本

 

知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
まだ知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!