【自由研究におすすめ!?−相関関係の罠編−】お金持ちと生活習慣の話

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。

「お金持ちほど長財布を使う」

「お金持ちほどお肉を食べる」

「お金持ちほど本を読む」

一度はこの手の話を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

これらの調査では「相関関係」を調べています。
*)群間比較を相関分析と間違えているものも中にはありますが、基本的にはAとBの相関関係を調査しています。

本記事ではそんな相関関係を利用して、お金持ちになる方法を考えてみたいと思います。

この夏の自由研究にこんなテーマはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

お金持ちの生活習慣をまねすれば、お金持ちになれるか?

相関関係を利用することでお金持ちになれるでしょうか?

この命題を解くために、まずは例を挙げて考えてみましょう。

お金持ちほど本を読む

とある集団を対象にアンケート調査をしたとします。

①年収

②読書量 (時間でも購入冊数でもなんでもOKです)

このアンケート調査で、「年収が高い程、読書量が増加する」という結果になったとします。

この結果が意味するところは

「アンケート調査を行った集団において、年収と読書量には正の相関がある」

という事です。

重要なポイントは2つです。

アンケート調査を行った集団がどのような集団なのか?

まず確認すべきことは「誰に」アンケートを行ったのかという事です。

  • 丸の内のエリートビジネスマン1000人
  • 大学病院に勤務する医師(研修医含む)1000人
  • 人口1万人以下の市区町村在住で、農業を営む世帯の世帯主1000人
  • 闇の魔王に支配される土地「アレフガンド」に住む「竜騎士」1000人

対象集団によって大きく結果が変わりそうですよね?

ビジネスマンのアンケート調査で、「読書と年収」の相関関係が証明されても誰も驚きませんが、「竜騎士」を対象に行って相関関係が認められれば、これはものすごい発見です。

このような調査では、「対象と症例数」を必ず確認する必要があります。

相関関係は因果関係を保障しない

これが一番重要なポイントです。

  • 年収と読書量には正の相関関係がある
  • 年収と読書量は比例する
  • 年収が高い人ほど読書量は多い
  • 年収が低い人ほど読書量は少ない
  • 年収が上がったから読書量が増えた。
  • 読書をしたから年収があがった。
  • 年収を上げたければ読書をすれば良い。

マーカーを引いた下3つは「因果関係」の話をしています。

相関関係の話から、因果関係の話にすり替わっています。

確かにこのアンケート調査では、「年収が高い人」ほど「読書量が多い」という相関関係を見出すことができました。

しかし、分かった事は「相関がある」という事だけです。

「読書量を増やしたから年収が上がった」という「因果関係」を証明したわけではありません。

読書は大変有用です。

「読書量を増やしたことで、年収が増加する」可能性はもちろんあります。

しかし、相関があるというだけでは、因果関係があることを保障できませんので、これは「いいすぎ」です。

すみません。

なんだか複雑になってしまいました。

もっとわかりやすい例え話があります。

お金持ちほどタクシーに乗る

「成功者はなにより時間を大切にする」ため、「時間をお金で買う」。

というような事が多くのビジネス本に書いてあります。

例えば、「お金持ちほどタクシーに乗る」と言われています。

都内ビジネスマン5000人のアンケート調査で「年収」と「タクシー乗車回数」に比例関係が見つかったとします。

この結果は、お金があるからタクシーに乗れるというのはもちろんですが、事故やその他リスク、移動中の休息等を考えると、自らが運転するよりも、タクシーの方が合理的だという考え方に基づくものでしょう。*)趣味のドライブは別です。

確かにこれには「正の相関」がありそうです。

では・・・

お金持ちになりたければタクシーにのれ

これはどうでしょうか?

年収とタクシー乗車回数が相関するのであれば、タクシーに乗ればお金持ちになれるのでは?

という考え方です。

この考え方が明らかにおかしい事はすぐに分かります。

「相関関係」が「因果関係」にすり替わっています。

タクシーに乗れば乗るほど、ユーザーのお金は減って行きます。

これは間違いありません。

無賃乗車をしない限りは、必ずお金を払う必要があります。

タクチケを使っても必ず誰かが支払います。

タクシーに乗れば乗るほどお金持ちになるどころか、むしろお金は減っていきます。

もう一度読書で

もう一度「年収が高い程、読書量が増加する」で考えてみます。

証明された相関関係:お金持ちほど読書量が多い

保障されていない因果関係:読書量を増やせばお金持ちになれる

「お金持ちほど読書量が多い」という相関分析の結果から、「お金持ちになりたいなら読書量を増やしなさい」という考察をするのは考えものです。

もちろん本にはものすごい力があります。

人生を変える力があると思っています。

ですが、お金持ちになりたいという理由で、ひたすら読書をするのは賢い選択とは言えません。
*)読書が好きなら話は別です。

相関関係の罠

こんにちは「騙されヤスシ」です。

私はお金持ちになりたいから、毎日10時間本を読んでるよ。

お金持ちほど読書家だからね。

本を読むために仕事はやめたんだ。

毎日Amazonから本が届くから、私の本棚はもう一杯さ。

明日は本棚を買いに行く予定だ。

もちろんタクシーで行くよ。

お金持ちほどタクシーに乗るからね。

だから私も、できるだけタクシーに乗るようにしてる。

今日の夜ご飯はもちろん肉だよ。

お金持ちほどお肉を食べるからね。

肉を食べる事がお金持ちへの近道だよ。

これかい?

これはこの前買った長財布さ。

お金持ちほど長財布を使うからね。

お金持ちになるために買ったのさ。

よくそんなお金あるなって?

全部クレジットカードで買ったに決まってるじゃないか。

お金持ちほどカードの利用金額が多いんだよ。

つまり、カードを利用すればするほどお金持ちになるのさ。

これは投資だよ

根拠

「騙されヤスシ」さんの思考の愚かさは、誰が見ても明らかです。

ですが「相関の罠」はいたるところに存在します。

お金持ちはタクシーに乗る

この相関関係に、ものすごい根拠があったとしても、

「タクシーに乗ったからお金持ちになったのではない」

という事を忘れてはいけません。

疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

今日僕が出会った本です。

気になって買ってしまいました。

相関関係だとか因果関係だとか・・・

そんなもん知るか。

疲れがとれりゃあなんでも良いんだよ。

って気持ちで楽しみたいと思います。

Sincerely,

Hitouch「T」

相関分析は定量化できればなんだってできます。

「僕が勉強をした時間」と「お母さんの機嫌」

「晩御飯の品数」と「お父さんの機嫌」

機嫌をどうやって定量化するか。

そこがアイデアの見せ所だ!!

▼科学・数学関連の記事です

こんにちはHitouchの「T」です。 ここのところ連日世間を賑わすセクハラ問題。 僕たちはこの手の話が本当に苦手です。...
こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 「科学で勝負の先を読む」ウィリアム・パウンドスト...
こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 今回ご紹介するのは数学が大好きになる本で...

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・