FXの話

【ポジポジ病克服作戦】FXとサーフィンとなかやまきんにくんの法則

こんにちはHitouchの「T」です。

いやーしかしドル高ですね。

ユーロが売られているようで、ユーロドルがものすごい角度で落ちてきています。

欲しい・・・

買いたい・・・

今買ってたらなぁ・・・

やっぱ思った通りになった・・・

トレンドについていけなかった時には、こんな心理状態になりませんか?

ちなみに僕は「ものっすごく」なりますよ。

これは「ポジポジ病」っていう一種の病気です。

▼先週末にEUR/USDのショートを全部利食ってしまいました。

2018年5月第1週投資報告とFXトレード戦略 こんにちはHitouchの「T」です。 先日「4月米雇用統計」の発表がありました。 連休前の金曜日にもかかわらず、誰...

2018年5月7日現在、EUR/USDのショートポジションを持たない僕は、置き去りにされた子犬のような顔でチャートを眺めています。

FXとサーフィン

トレードを「うねり取り」とか「波乗り」と表現するように、

「トレード」と「サーフィン」は物凄く似ています。

僕は学生の頃にサーフィンをやっていました。
*)理由はもちろん「カッコいい」からです。

サーフィンを実際にやってみると、いろいろな事に気が付きます。

波待ち

一見ランダムに「波」が来ているように見える海も、上級者は皆同じように移動し、良い波を捕まえます。

僕みたいな陸サーファーからしたら、「なんで良い波が来る場所が分かるんだ?」という感じです。

上級者は素人には見えない「何か」が見えているのでしょう。

トレードで結果を出す人も、きっと「何か」が見えているのだと思います。

言葉で説明できなくても、体が分かっているんだと思います。

まさに「ゾーン」です。

【FXトレーダー必読のおすすめ本】ゾーン相場心理学で真のトレードを学ぶ! こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 目から鱗が落ちる こん...

「波待ち」という時間でも、上級者はやはり上級者です。

実力にあった波

波の高い日(ボラティリティの高い日)に素人が海(マーケット)に入ろうものなら、波待ちすらさせてもらえません。

波のない場所はどこか、波の来る場所はどこか、アタフタしながらそんな事を考えている間に、次の波がきます。

沖に出ることなく、ただ波にのまれ続け、気がつけば陸まで戻されています(ロスカット)。

プライド(資金)は失うけれど、なんとか生還できてよかったと胸をなでおろす事でしょう。

下手すれば沖に連れて行かれて・・・終わりです(強制ロスカットで一発退場)。

まずは自分の実力で「波待ち」が出来る日に海に入る事が重要です。

雇用統計にハイレバレッジで挑むということは、台風の海に入るのと一緒です。

エントリー

波が来るタイミングには「周期」があります。

波待ちをしていると、「セット」と呼ばれる「周期的な波の集団」がやってきます。

この「セットの良い波をゲットしよう」と必死でパドリングするわけです。

ですが、「セット」だと思って我先に飛び出すと、2本目が当たりだったなんてことはよくある話。

待てばいいというものではないと思いますが、「いかに待てるか」というのも技術です。

「いかに待てるか」

これはFXにおいても非常に重要な技術です。

波を乗りこなす

「ちょっとやそっと」練習したからといって、波を「乗りこなす」事なんか不可能です。

強いトレンドの発生している相場であっても、「押し目」はあります。

その「押し目」を拾って、波を乗りこなそうだなんて、そりゃ厳しいですよ。

「スキャルピング」で「頻回」に「技」を決めていくなんて、そりゃ厳しいですよ。

上級者がやると簡単そうに見えるんです。

上のサーフィンの画像、「気持ちよさそう」ですよね。

サーフィンをやったことないトレーダーの方は、実際に海に入ってみて下さい。

このサイズの波でも、沖に出る頃には「ぜぇぜぇ」です。

陸に戻る体力もないくらいに疲弊します。

繰り返します。

上級者がやると簡単そうに見えるんです。

気持ちよさそうに見えるんです。

FXとは「待つこと」である

EUR/USDの週足です。

どうです?ショートしたいでしょ。

少なくとも僕はショートしたい!

エントリーしたい!!

ポジションが欲しい!!!

海と違ってFXはいつでも簡単に入れてしまいます。

なんとなく「乗りこなせそうに」見えてしまいます。

ですが残念なことに、それほど「海」は優しくありません。

時には見送ること、待つことも重要です。

自分の実力に合わない海には入らないように。

「セット」だと思って我先に飛び出さないように。

僕自身を戒めるためにも、この記事を書きました。

ここまでお読み頂きありがとうございます。

最後に・・・

僕が「ポジポジ病」にかかった際にやっている方法を紹介します。

読者の皆様も、ぜひご自身にあった方法をお探し下さい。

「ポジポジ病」克服作戦-自分との対話-

それは「極寒の冬の海」だった。

先輩のハイエースの隣に車を停める。

着替える手間を省くため、ウエットスーツは既に着てきている。

「今日波でかいよ」

「こんなでかい波で入ったことないっすよ」

「まぁ大丈夫でしょ」

会話もそこそこに、海に向かう。

うっすら雪の積もった白いビーチを背に、極寒の海に足を踏み入れる。

「冷たい」「寒い」という思い出は不思議とない。

それよりも、引波のパワーがものすごく、体中が海に引きずり込まれる。

その感覚ははっきりと覚えている。

ただでさえ身動きしにくい「フルスーツ」。

沖に向かってパドリングする僕に、容赦なく打ち寄せる巨大な波。

先輩についていくため、必死で沖に向かった。

・・・

まぁ大丈夫でしょ。

そう思って沖に向かったのが間違いだった。

・・・

なんとか沖に出た。

今までの嵐が嘘のように、沖は不思議と凪いでいる。

「セット」が来た。

波に乗るとかいうレベルじゃない。

気がついたら波にのまれ、方向感覚がなくなった。

水中でも潮の流れがものすごい。

水面がどっちかも分からない。

ようやく顔を出せたと思ったら、すぐ次の波にのまれる。

陸に戻りたい。

気がつくと一人孤立している。

周りにサーファーはいない。

陸に戻りたい。

引波が猛烈な勢いで僕を沖に引っ張る。

漕いでも漕いでも陸が遠ざかる。

もう腕が上がらない。

陸にもどれない。

焦る・・・。

呼吸が早くなり、心拍が上がる。

やばい・・・。

マジでやばい・・・。

巨大な波の爆発音が海全体を包んでいる。

助けを求める僕の声は届かない。

やばい・・・。

陸に戻りたい。

誰か!

誰か!助けて下さい!!!

・・・

・・・

・・・

エントリーすれば、あの時のあの恐怖を味わう可能性がある。

それでも僕はエントリーすべきだろうか。

・・・

・・・

エントリーするのか・・・しないのか・・・

・・・

どっちなんだい・・・

・・・

すーーーーーーるっ!!

新喜劇フゥ~!! [DVD]

Sincerely,

Hitouch「T」

「いやすんのかい!」

「せんのかとおもたらすんのかい!」

一度自分自身に問いかけてみると良いでしょう。

それでもやりたければ、後は自己責任です。

▼ナシーム・ニコラス・タレブさんの名著「まぐれ」の感想文です

【投資書籍紹介】『まぐれ』がトレーダーにおすすめな4つの理由【ナシーム・ニコラス・タレブ】 こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life ナシーム・ニコラス・タレブさんの名著である「...

▼結局「欲しい」「やりたい」という欲求には人間勝てません

【マズローの欲求五段階説で紐解く】なぜ挑戦は怖いのか?起業と出会い系と雪の原付きの法則 こんにちはHitouchの「T」です。 「起業」すると言って、実際にできる人はどれくらいいるのでしょうか。 いくらカ...
あなたの知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!