【投資報告】損切り!損切り!損切り!そして反省の法則

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。

ドル高基調が継続しており、ドル円は110円にトライしています。

一方110円付近での売り圧力は強い様子で、抜けるのもなかなか厳しそうです。

正直・・・僕のトレードはトレンドに弱いです。

上手くトレンドについていくタイプのトレードが出来るようになりたいなぁ。

ということで、先日大きめのロットを損切りしましたので、その反省点を記録しておきたいと思います。

同じようなミスをされた方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

損切りポイントと反省点

ショートを3発重ねていき、一時は含み益が乗っていたのですが、利食いを見送ったあまり、損切りすることになりました。

今回のトレードにはいくつか、僕なりの反省点があります。

アンカリング効果

行動経済学におけるアンカリング効果が発動していました。

アンカリング効果とは、初期購入時点の情報が印象に強く残ってしまい、意思決定や判断に影響を及ぼす傾向の事をいいます。

分かりやすい例をご紹介します。

「ある高級ジュエリーショップにて」

こちらの腕時計ですと、50万円でございます。

えっ??高っ!無理無理!!

さようでございますか、ご予算はいくらほどをお考えでしょうか?

具体的には決めてないけど・・・

こちらのお品などいかかでしょう?スポーティーでお客様にピッタリだと思います。

確かにかっこいいなー。でもこれも高いんでしょ・・・。

こちらですと9万8千円でございます。

へぇぇぇぇぇ・・・!!!10万しないんだ!!そうなんだぁー!!買っちゃおうかな!来月ボーナスだしな!よし!買おう!これかっこいいもん!なかなかこんなしっくりくる時計ないよ?全然もっと高く見えるでしょ。これ10万しないんだー?へぇー!!

・・・

これは「アンカリング効果」が発動しています。

最初の「50万円」に意識が引っ張られています。

「10万円」がものすごいお値打ちに感じています。

最初からこの「10万円」の腕時計を見ていたとしたら、ここまで気に入らなかった「かも」しれません。

「アンカリング効果」は自動発動型の特性だというのが怖いところです。

トレーリングストップ

トレーリングストップというのは、逆指値の位置を価格変動に沿って変化させ、「絶対に負けない」位置に逆指値を入れる手法です。

僕は「トレーリングストップ」推進派なのですが、このトレードでは使いませんでした。

おそらく「何か」が僕の意思決定に影響を与えていたのだと思います。

「こんだけ一直線に上げたんだから落ちてくるでしょ」とかなんとか思ってたんじゃねーの??

と言われたら反論できません。

やはりトレーリングストップは使っていくべきでした。

反省点

最初の購入価格(イエローライン)で「アンカリング効果」が発動していました・・・。

その影響もあって、「星」のあたりで「トレーリングストップ」がいれられたはずなのに、使いませんでした。

結局3本目のショートの価格帯を超えたあたりで損切り・・・

その後結局「イエローライン」まで落ちてくるという・・・

こりゃ最高の「メシウマトレード」ですね。

あとがき

ハライチ「ハライチ」 [DVD]

僕の持つ「自動発動型の特性」をなんとかしない限り、トレードが上手くなりません。

「アンカリング効果」を使いこなすにはどうしたらいいのか。

修行の日々は続きます。

ちなみにハライチ岩井さんの、忘れ物をする能力「忘却の彼方(フォゲットtheフォゲット)」も自動発動型の能力だそうです。

Sincerely,

Hitouch「T」

▼FXトレード手法まとめです

こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 僕がFXトレードの指標としてつかっているのが「フィボナッチ」...
こんにちはHitouchの「T」です。 先日の記事で「ループイフダン的な」トレードをご紹介しました。 詳細はこちらの記事...
こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 僕が保有しているFXポジションの大部分が「システ...

▼行動経済学のおすすめ本です

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・