【悲報】ツイッターのフォロワーが増えません!!!

リンクユニット

こんにちは、Hitouchの「T」です。

先日洗濯機が壊れて買い換えました。

Tシャツもいっぱい買いました。

本も大量に買いました。

【PG】も買いました。

→→プロクター&ギャンブル購入記録はこちら

僕はいつも「クレジットカード」で買い物をします。

現金を使う事はほとんどありません。

「クレジット」っていったいなんなのでしょう。

当たり前のように使っていますが、これはいったい・・・。

スポンサーリンク

信用がお金に変わる秘密

クレジットカードでの支払いは、いわば「つけ」です。

もちろんその「つけ」は、後々支払う事になります。

もちろんその「つけ」は、あなたが払う事になります。

あなたがクレジットカードで得たサービスは、来月のあなたからの贈り物です。

来月のおれ!あーざっす!!

来月の自分に感謝しましょう。

クレジットカードは信用の形

クレジットカード使うと何ができるのでしょうか。

「キャッシュ(現金)」がなくても、「信用」使って「サービス」を得ることができます。

信用が大きければ「つけ」にできる金額が増えます。
*)クレジットカードの上限額が上がります。

信用というのは「資産」や「仕事」を含みます。

安定した収入を見込むことが出来る人であれば、資産がなくとも大きな「信用」を持っています。

ひと月のクレジットカードの上限額が、ひと月あたりの給料を超えている人は多くいる事でしょう。

信用を集める

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

これからはお金を稼ぐのではなく、「信用」を稼ぐことでお金が稼げるようになるのではないでしょうか。

西野亮廣

“作家”の西野さん曰く、これからは「信用」を集められる人が「お金持ち」になるとの事です。

「信用」が「お金」に変えられるのだから、仰る通りだと僕は思います。

やはり「信用」というのはとても大切です。

しかし、並大抵のことでは「信用」は増えません。

さて・・・

どうすれば「信用」が増えるのでしょうか。

信用 増やす 方法

まずはGoogle先生に聞いてみました。

Google先生にご提示いただいたサイトは・・・

  • お金の殖やし方
  • キャッシング
  • 信用取引

こっ・・・怖すぎる・・・

速攻でブラウザバックしました。

これはあかんという事で、Google先生ではなく「西野先生」に聞いてみることにした。

たくさんの人を引き付けられるような試みをやっていると、「あいつ面白いな」という“信用”がたまる。稼ぐべきはお金ではなくて信用。信用さえ稼いでしまえば、後からいくらでもお金は付いてきてマネタイズはできる、というのが僕の考え方です。実際、それでやれていますし。

西野亮廣-日経ウーマンオンライン記事より

→→日経ウーマンオンライン公式サイト

哲学的で難しいのですが「信用」を集めるということは、「ファン」を作るというような解釈でしょうか。

多くの「アンチ」を抱える西野さんですが、嘘をつかず、「ワクワク」することを突き詰めて行くことで、アンチをはるかに超える多くの「ファン」が彼の周りには集まっています。

それが「信用」を形成し、「ビジネス」や「お金」に変化しているようです。

ファンを作る

ジャニーズでもない僕たちは、どうやって「ファン」を作ればよいのでしょうか?

インスタグラムでしょうか?

ツイッターでしょうか?

SNSでフォロワーを増やすというのも、そう簡単な事ではありません。

困った僕は「メンタ―」に相談する事にしました。

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。

コトバンクより

名探偵コナンTVシリーズ 服部平次DVD BOX

「ほーーおもろいやないか・・・せやけど工藤・・・そら“掛け算”せなあかんわ!」

どうやら「フォロワー」を増やすヒントは「掛け算」にあるみたいです。

*)僕のメンタ―が、もしも「西の」高校生探偵だったらという、仮定の下で話を進めさせていただきます。

経験×経験×経験×・・・

まずは自分の「経験」を掛け算していきます。

「高校生」×「大学生」×「社会人」×・・・

この道は多くの人が経験します。

これだけでは「ファン」を集めるのは難しいでしょう。

・・・

僕のメンタ―を例にしてみます。

「高校生」×「関西」×「探偵」×「せやかて工藤」×「なんやて工藤」×・・・

自分の「経験」に加えて、「個性」を「掛け算」していきます。

・・・

これであなた独自の「ブランド」ができあがります。

そしてその掛け算したブランドを「発信」する。

こうすることで、「ファン」ができやすくなる“そう”です。

ですが、これが分かったからと言って、どうすることもできません。(←僕は今ここ)

まとめ

一旦話を整理させて下さい。

「経済的自由」には「お金」が必要だ、という事。

「お金」を手に入れるためには「信用」を増やせばよい、という事。

「信用」を増やすには「ファン」を増やす事が重要、という事。

「ファン」を増やすには、「経験と個性を掛け算」して「ブランド」を作り、それを「発信」する事が大切だ、という事。

そして・・・

「掛け算した個性を発信する場所は誰にでもある」という「事実」。

・・・

考えるだけで「ゾッ」とします。

「ファンからお金につながる一連の流れ」は、一部の特別な人だけが手に入れられるものではありません。

あなたのその「スマホ」があれば誰にでもできてしまう事です。

「持つもの」と「持たざるもの」

「やっている人」と「やってない人」の差は、刻一刻と開きます。

あとがき

信用をいかにして構築するか?

この問題を解決する能力が、非常に重要だと考えています。

もちろん、アプローチの方法は人ぞれぞれです。

・・・

・・・

・・・

偉そうなことを言ってきたことをここで謝罪いたします。

ツイッターのフォロワーが40人から一向に増えず、寂しい思いをしています。

あのー。。。。

フォローしていただければ嬉しいです。。。。

・・・

「フォローして下さい」と言うのが恥ずかしくて・・・

「クレジットカード」だとか、「信用」だとか、「ファン」だとか、グダグダ言いました。

「にしの」さんや、「にしの」名探偵まで登場させて、うんちくを垂れました。

重ねてお詫び申し上げます。

Sincerely,

Hitouch「T」

▼フォローして頂ければ嬉しいです

Twitter

Instagram

▼西野さんの本はこちらから

▼西の名探偵はこちらから

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・