【インデックス投資のデメリット】退屈こそ最強それゆえに脆い!投資が継続できない2つの理由

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

「最強の投資方法」とは?

この質問に「正解」はありませんよね。

しかし!!最適解はあります。

「退屈こそ最強の投資」

Good investing is boring.

George Soros

ジョージ・ソロスは「良い投資とは退屈である」と言っています。

僕は彼のこの言葉に賛同する一人です。

ただし、この投資法には最大のデメリットがあります。

「退屈」だということです。

定期的にS&P500指数連動型のインデックスファンドを買う「だけ!!!」

ドルコスト平均法で世界に広く分散されたETF(VTなど)を買う「だけ!!!」

「だけ!!!」

なんです。

・・・

やった人間にしか分からない事だと思うのですが、やればやるほど「だけ!!!」ができなくなります。

共感いただける読者の方も多いのではないでしょうか?

最強の投資とは退屈な投資

そしてそれは・・・簡単な投資

しかしそれは・・・言うは易し行うは難し

本記事では「退屈な投資」が「最強の投資」である所以をご紹介します。

*)最強とは「リターンが最高になる」という意味ではありませんのでご注意下さい。

参考記事

»【インデックス投資は勝者のゲーム】市場に勝つために投資家がすべき行動

参考書籍;Amazonで詳細をチェック

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

スポンサーリンク

「退屈な投資」が「最強の投資」である理由

僕自身の投資ポリシーは僕の投資戦略に記載しているとおり、VTIとVOOをドルコスト平均で買い続けるというものです。

なぜVTIなのかということは【米国株ETFならVTIとVOOがおすすめな理由】にまとめていますので、気になる方はご覧ください。

この投資方法は非常に簡単です。

時間もほとんど必要ありません。

しかし!!

とにかく「退屈」です。

ただ自分で決めた日に買い注文を出す『だけ』なので、『株をやってるぜ!』という感じは全くといっていいほどありません。

しかし!!

だからこそ『最強』なのです。

賢者バフェットが勧める「S&P500連動型インデックス」

Put 10% of the cash in short-term government bonds and 90% in a very low-cost S&P500 index fund. (I suggest Vanguard’s.)

10%は政府短期国債に、残りの90%はS&P500インデックスに投資せよ!!

‐Warren Buffett`s Letters to Berkshire Shareholders‐

バフェットさんは「S&P500指数に連動するインデックスファンド」への投資を勧めています。

バフェットさんが「常に」正しいわけではありませんが、概ねこれは投資における「最適解」だと言われています。

実際、友人や家族に相談された際には

「何も考えずにS&P500インデックス」を「ドルコスト平均法」で書い続けなさい

と言う投資家さんが多いのではないでしょうか。

僕自身も家族や友人に相談された時にはつみたてNISAを勧めています。

理由は簡単です。

「プラスサムゲーム」だからです。

*)他のプラスサムゲームより、米国株投資のリターンが「過去」優れてい“た”ことはよく知られています。今後もそうなる保証はないですが、概ね正しいと言われています。

プラスサムゲームとは?

プレーヤーの利得の合計が、プラスになる場合を言う。プラスサム・ゲームは、あるプレーヤーの利益が必ずしも他のプレーヤーの損失に結びつかないケースである。

グロービス経営大学院ウェブサイトより

誰かが勝って、誰かが負ける・・・これを「ゼロサムゲーム」と表現します。

一方で、誰かが勝って、誰か“も”勝つ・・・これが「プラスサムゲーム」です。

S&P500 超長期チャート

S&P500の超長期チャートです。

何度も暴落はありますが、右肩上がりに上昇しています。

これは「尽きることの無い人の欲望」を表現しています。

欲望がフツフツと湧き上がるように、経済は膨らんでいきます。

君も知りたいだろ?人の飽くなき欲望の果て。

進歩の名の下に狂気の夢を売った愚か者達の話を。

人は何を手に入れたのだ?

その手に、その夢の果てに!

知りたがる欲しがる。

やがてそれが何の為だったのかを忘れ、命を大事と言いながら弄び殺し合う。

ラウ・ル・クルーゼ

42.PHASE-44 螺旋の邂逅

超長期投資

プラスサムゲームの参加者になるためには「長期投資」を覚悟しなければなりません。

「長期投資」というのは、何ヶ月とか何年とかいう話ではありません。

一生保有です。

「一生売ってはいけない」というわけではないですが、「一生売らなくても良い」という「覚悟」が必要だという事です。

暴落と上昇と繰り返すのが経済です。

あなたが買った翌日に「たまたま」暴落するかもしれません。

元の金額に戻るのは、その1ヶ月後かもしれませんし、10年後かもしれません。

超長期保有をする覚悟が、あなたを「プラスサムゲーム」に招待します。

インデックス投資が最強の投資である理由のまとめ

はじめはきっとおもしろいだろう。

でもだんだんなれっこになって、しまいにはいやになるだけだろうね。

メリーゴーランドにのるようなものじゃないか。

スナフキン

人間の欲望は尽きることがありません。

経済は膨張していきます。

投資対象はS&P500に連動する「VOO」でも、米国市場全体に投資できる「VTI」でも、世界全体に投資できる「VT」でも、正直そんなに変わらないと思います。
*)リターン異なりますが、この先どれが一番良いかは誰にも分かりません。

大切なことは、「やっている人」と「やってない人」の差が大きく開くという事です。

経済的自由を得るための7つの方法とは?という記事に書かれているように、少しでも早く「プラスサムゲーム」に参加する事が、経済的自由を達成する秘訣です。

人間の欲望が経済の膨張に繋がります。

それはプラスサムゲームであり、最強の投資へと繋がります。

しかしこの投資スタイルは非常に「退屈」です。

決められたルールに従い、ただ淡々と実行するだけです。

上がろうが、下がろうが、「買い続ける」だけです。

本当に「退屈」です。

でも仕方がないですよね。

「退屈」こそが「最強」なのだから・・・

スポンサーリンク


【最強の投資】インデックス投資のデメリット

退屈な投資こそが最強の投資です。

しかし、最強の投資にはデメリットが存在します。

それは・・・

「退屈」だということです。

哲学的なのですが、非常に重要な事です。

インデックス投資をする「だけ」。

これ「だけ」。

でも・・・

この「だけ」ができません。

自分のルールを守れなくなるのです。

それが真理です。

この状態を、人気ブロガーの「バフェット太郎さん」は「クソダサイ」と表現しています。

参考書籍;Amazonで詳細をチェック

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

なぜインデックス投資を続けられないのか?

一見簡単でだれでもできるインデックス投資。

なぜ続けられないのでしょうか?

その理由を具体的に考えていきましょう。

続けられない理由を明らかにすることこそが継続する秘訣です。

*)ここからは毎月一定額(10万円)を米国株ETFに継続投資する事を前提に話を進めます。

【注意】10万円では手数料が高くなるので、実際はおすすめしません。

その理由はこちら»米国株投資では3つの手数料に気をつけろ!!

継続できない理由① 資金不足

インデックス投資を継続できない理由の1つ目は、単純に資金が足りなくなるという現象です。

毎月一定額以上を買い続けるためには、「稼ぐ」か「使わない」かして、投資資金を捻出する必要があります。

»不労所得を作り出すための6つのステップとは?

「稼ぐ力を増やす」ためには「ビジネス」を勉強する必要があります。

「お金を使わない」ためには「生活習慣や嗜好」を変える必要があります。

「年収を増やす」のも難しいですし、「節約」することも同じくらい難しいです。

電気をこまめに消すだけで「毎月20万円増える」のであれば誰だってやります。

投資資金を貯めるために節約をするという事は、電気を消すとか、冷蔵庫を一瞬で締めるとか、コンセントを抜くとか、水をすぐに止めるとか、そんな簡単な事ではありません。
*)もちろん地球のために資源は節約すべきです。

僕は実際に車やバイクを処分して、年間100万円の節約に成功しました。

»車を持たないだけでいくら節約できるか知ってる?

年間100万円節約するということは、年収を100万円上げるのに等しい行為です。

本気で節約したい人はこちらをお読み下さい。

»お金持ちになるのは簡単!?支出を減らしてお金持ち

継続できない理由② つまらない

インデックス投資はとにかく退屈です。

つまらないのです。

  • チャートとかみなくていいんでしょ!?むしろ楽じゃん
  • 本業が忙しいから退屈な方がむしろありがたい

その通りです。

しかし、これはそんなに簡単なことではないのです。

あなたの財布から毎月「何十万」も投資のためにお金が消えていくのです。

具体的にイメージしてみて下さい。

Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

投資しなければ余裕で買えます

MacBook (12-inch/1.1GHz Dual Core Intel Core m3/256GB/8GB/802.11ac/USB-C/ローズゴールド)

投資しなければ買えます

東京ディズニーランド(R) ドリーミング・アップ!

投資しなければ、気になるあの子を泊まりで連れていけます

・・・

毎月これだけのお金がETF(インデックスファンド)を買うために無くなっていきます。

飾ることも、食べることも、触れ合うこともできない、インデックスファンドを買うためにお金がなくなるのです。

いつかあなたは考えます。

「こんなに我慢してまで投資をして何が楽しいんだろう」

・・・ってね。

最初の3ヶ月はきっと楽しいでしょう。

投資の勉強もいっぱいすると思います。

しかし・・・

半年、1年と経過し、同期のあいつが「新車のアウディ」を買ったのを耳にすると・・・

あなたは思うはずです。

「やーーーめたっ」

ってね。

もちろん!!

ETFを買ったお金は消えてなくなるわけではありません。

相場によっては増えているでしょう。

そしてあなたはまた思うのです。

「おれは投資の才能がある!!一旦売って、安くなったら買い戻そう!!」

・・・ってね。

そしてあなたは誘われるのです。

「ゼロサム・ゲーム」の世界に・・・

そこはもう「プラスサム・ゲーム」の世界ではありません。

いずれにせよ・・・こうやって多くの人が長期投資から脱落していきます。

インデックス投資が継続できない2つの理由

インデックス投資が最強だと分かっていても継続できない理由が判明しました。

  • 資金不足
  • つまらない

資金不足は「頑張れば」解決できます。

「努力」が報われるフィールドの話です。

しかし「つまらない」というのは「頑張っても」どうにもなりません。

むしろ頑張って投資の勉強をすると「個別株」がやりたくなります。

「FX」も「コモディティ」も「クラウドファンディング」も、いろんなものに投資したくなります。

哲学的で難しいのですが、継続するためには「賢者の思考」が必要になります。

しかし、それがあなたの人生にとって「幸福」をもたらすかどうかは、また別の話です。

»賢者の思考はこちらの記事で

スポンサーリンク


あとがき

最後に僕自身の経験を記載させていただきます。

僕は投資を始めて資産が増えました。

*)時期が良かっただけです。才能なんてありません。ただVTIを買っているだけです。

一方で、生活水準は変わらないどころか低下しています。

コンビニでコーヒーを買うことも無くなりました。

車もありません。

*)車もバイクも外車に乗っていました

派手な飲み会も嫌いになりました。

なんだかミニマリストみたいになっています。

これが幸せな事かどうかは、まだ分かりません。

そして・・・毎日思います。

「あーーー退屈だ・・・・」

・・・ってね。

Sincerely,

Hiotuch「T」

この記事の読者様におすすめ!

お金持ちになるための哲学がこちら

米国株関連はこちらから

FX関連はこちらから

サラリーマン投資家の働き方とは?

年間100冊読む僕がおすすめする本

賢者の思考に到達するための名言集

FXを始めたい人はこちらをご覧ください

こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 初心者必見!FXチャートパターンまとめ!! ...
アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク