投資哲学の話

適切なレバレッジは何倍?おすすめなリスクの考え方を紹介

こんにちはHitouch(@hitouch_life)です。
>>詳細なプロフィール

FIRE(経済的自由を手に入れてアーリーリタイア)という生き方を目標に、フリーランスとして自由な働き方を実践しています。

投資において、リスクというのはものすごく重要な概念です

一般的な投資対象では、リスクとリターンは相関関係にあり、リスクが高いほど、投資のリターンは高くなります。

レバレッジをかけて投資のリスクを上げることで、リターンを上げることが可能です。

例えば、資産が100万円しかないのに、900万円を借金して、合計1000万円で投資を行った場合のレバレッジは10倍です。

利回り10%の投資先に100万円を投資しても、10万円しか利益を出すことはできませんが、レバレッジを10倍にして、1000万円投資することができれば、100万円のリターンになります。

レバレッジをかけてリスクを上げれば、期待できるリターンも大きくなります。

その一方で…言うまでもなく損失も10倍です。

そのため、多くの人は漠然と、レバレッジは危険だと考えています。

たしかに、レバレッジをかけることで、大きく投資のリスクが上がります。

何の考えもなしにレバレッジをかけるのは、あまり賢明とはいえません。

では…

どの程度のレバレッジが妥当なのでしょうか?

どの程度のリスクをとって、投資をするのがよいのでしょうか?

今回はそんなことを考えてみたいと思います。

参考書籍

リスク許容度は個人によって異なる

どの程度のリスクや、どの程度のレバレッジが妥当かという問に対する回答は、『リスク許容度は人によって違うため、レバレッジの倍率はその人にしか分からない』です。

なんだそれ?というような結論ですが、もう少しお付き合いください。

以下に詳しく考察していきます。

年齢・仕事・家族構成はみんな違う

そもそも、投資という部分だけを切り取って、リスクを考えてはいけません

その人の年齢や仕事、家族構成によって、投資でとれる(とるべき)リスクのレベル(レバレッジ)は全く異なるからです。

具体的な症例を見ながら検討してみましょう。

レバレッジをかけて、SP500指数(日経平均でのなんでもOKです)に投資することを想定します。

症例1(30代医師)

  •  30代
  • 職業:医師(年収1000万円)
  • 未婚(子供もいない)

こちらの症例の場合は、おもいきってレバレッジをかけた投資をしても良いでしょう。

仮に大きく市場が崩れてしまったとしても、気長に『待つ』という選択が可能です。

プライベートの『リスク』が著しく低いので、投資でリスクをかけるというのは、非常に賢い資産形成方法であるといえます。

症例2(30代カフェオーナー)

  • 30代
  • 職業:カフェの経営(年収1100万円)
  • 既婚(小学生の子供が2人)

こちらの症例の場合、投資でリスクをとることはおすすめしません

この人はカフェのオーナーとして成功しており、同年代の医師よりも多くの収入を得ているだけではなく、税制面でも優遇(経費の融通がきく)されています。

順風満帆な人生で、カフェを成功させたという自信から、レバレッジをかけた投資にもチャレンジしようとしています。

しかし、この症例の場合、『カフェの人気がなくなれば…そこまで』です。

医師のように、どこででも安定して年収1000万円を稼げる仕事ではありません

来年は年収が2000万円になるかもしれませんが、年収が100万円になる可能性もあります。

未来が不確実なのです。

この不確実性こそがリスクの正体です。

この症例の場合、仕事やプライベートに大きなリスクをかけていますので、堅実に現物投資を行うことをおすすめします。

リスクとは不確実性である

リスクとは不確実性のことです。

超低金利時代位の今、お金を預金すれば、お金は増えも減りもしません。ほぼ間違いなく。

貯金(銀行預金)では、お金が減りも増えもしないのが、ほぼ確実ですので、リスク(不確実性)は低いということです。

医師や公務員はリスクが低い

先程の症例で考えてみると、医師は非常にリスクが低いです。

給料が良いというだけではなく、いつでも、どこででも働けるという強みがあります。

常に人手不足の業界であり、職場の人間関係が悪化しても、すぐに次の職場を見つけることが可能です。

医師という仕事柄、訴訟などの危険性は常に存在しますが、非常にリスクの低い仕事であることは間違いありません。

同様に、公務員という職業も非常にリスクが低いです。

医師のように、すぐ次が見つかる仕事ではありませんが、現状の仕事にさえ我慢できれば、ほぼ間違いなく来月も、1年後も、10年後も、安定した給料を手に入れることができます。

自営業はリスクが高い

一方で、自営業というのは非常にリスクが高いです。

今年度1億円の売上があったとしても、来年度はどうなるかわかりません。

もしかすると2億円の売上になるかもしれませんが、売上がゼロになる可能性もあります。

未来の『不確実性が高い』仕事であると言えます。

全体でリスクを見積もることが大切である

仕事やプライベートでリスクをかけるのであれば、投資のリスクは抑えましょう

一方で、仕事でリスクをとっていないのであれば、投資でリスクをとって、大きなリターン狙うという考え方も大切です。

仕事やプライベートの『リスク』を見積もることで、あなたが投資で取るべきリスクを導き出すことができるでしょう。

もしも仕事やプライベートのリスクが低いのであれば、レバレッジを活用した投資を行うことは、賢明であるといえます

 

参考書籍

 

この記事の読者様におすすめ!

自営業は節税にうってつけ?

自営業やフリーランスになると、多くのものを『経費』として処理できるようになります。

これはサラリーマンにはない魅力であり、自営業者には経費を使いこなすスキルが必要です。

【確定申告に使える!経費分類の超まとめ】勘定項目ってなに?個人事業主に必要な税金の知識! こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life サラリーマンとして働いていると意識することは...

おすすめな米国株ETFを紹介しています

おすすめ米国株ETFである、『VYM』をご紹介しています。

【VYM】アーリーリタイアにおすすめの米国高配当ETFを紹介! こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life バンガード米国高配当株式ETF【VYM】 ...

レバレッジをかけたトレードならFXトレードがおすすめ

【完全版】初心者必見!FXチャートの読み方!【基礎から応用まで】【総まとめ】 こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 初心者必見!FXチャートパターンまとめ!! ...
あなたの知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!