不動産と太陽光発電の話

【不動産投資に最高の入門書】初心者が初めに読むべき1冊を紹介!

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書――投資家100人に聞いた!不動産投資をはじめる前に知りたかった100の疑問と答え

不動産投資の入門書として不動の人気を誇る不動産投資 最強の教科書

  • 何から始めればいいの?
  • 不動産投資は怖い?
  • どうすれば成功できるの?

本書には不動産投資における『具体的なノウハウ』『詳細な成功戦略』が記載されています。

初心者だけではなく、不動産投資の経験者にもお勧めしたい一冊です。

本書の内容を簡単にご紹介します。

ネタバレ注意です。

本書が気になった方は、ご自身で何度も読み返すことをお勧めします。

不動産投資最強の教科書:始める前に知りたかった100のコト

本書の4つの教え
  1. 投資家脳なくして成功は無い
  2. 不動産投資は金融機関ありきのビジネスである
  3. 重要視すべきはキャッシュフローである
  4. 徹底的なシミュレーションが勝敗を分ける

不動産投資をするなら、投資家マインドをインストールせよ!

投資家マインド(投資家脳)なくして不動産投資の成功はありません。

不動産投資は『リスクを取ってリターンを得るビジネス』です。

リスクを取らなくても(むしろリスクを取らない方が)給料をもらえる、会社員やサラリーマンとは大きく異なる部分です。

不動産投資で成功したければ、リスクを取る勇気や、取るべきリスクと無謀な挑戦を見分ける嗅覚など、投資家的な考え方や思考方法が必須となります。

リスク回避志向であるサラリーマン的な考え方が悪いわけではありません。

会社員として安定した給料をもらい続けるためには、リスク回避志向は非常に有効で賢明な考え方です。

しかし、不動産投資は『リスクを引き受けることでリターンを得る』ビジネスなのです。

サラリーマン的価値観のままでは成功はありえません。

とにかく勉強せよ!

著者は本屋に行って、不動産投資関連本を片っ端から大人買いして読んだそうです。

投資家的マインドに切り替えるためには、とにかく学ぶしか方法はありません。

読書だけではなく、セミナーに参加したりメンターを見つけるなど、人から教わるのもおすすめです。

本書には『お勧めセミナーの見分け方』なども記載されていますので、参考にすると良いでしょう。

不動産投資は金融機関ありきのビジネスである

初心者は現金で不動産を買いましょうと提案している『世界一やさしい不動産投資の教科書』とは違い、本書ではローンを組んで不動産投資をすることが勧められています。

その人(投資を始める人)の状況(収入や資産規模)によって異なりますので、一概にどちらが正しいということは言えません。

しかし、本書に記載されている『不動産投資は金融機関ありきのビジネス』という考え方はとても重要です。

金融機関が中心にある

不動産投資を始めるため、あなたは金融機関にお金を借ります。

金融機関の融資を受け、あなたは売主からアパートを一棟買いました。

さて…金融機関にお金を返すのは『誰』でしょう?

答えはもちろん『あなた』です。

しかし、お金を返すために働くのは『入居者』であり、『あなた』ではありません。

この違いが分かりますか?

マイホームのローンは、あなたが働いて返すはずです。

しかし、投資用物件のローンは、あなたではなく、その物件の借主(入居者)が働いて返すのです。

あなたは、金融機関と借主の橋渡しをしている状態です。

あなたは金融機関に『信用』を提供し、『リスク』を取ることで、働かずして資産やキャッシュフローを手に入れることが可能になります。

業者はビジネスパートナーだと心得よ!

金融機関や不動産会社、リフォームの施工業者は全て、あなたの大切なビジネスパートナーです。

一般的な『業者とお客様』の関係ではないと心得ましょう。

自分が『偉い立場』だと錯覚しないこと!

これは初心者に多い『超恥ずかしい失態』であると心得よ!

重要なのはキャッシュフローである!

不動産投資において重要なのが『キャッシュフロー』です。

毎月どれくらいの収入があり、どれくらいの経費が必要で、最終的にどれだけのお金が手元に残るのか?

この考え方が重要です。

物件の見分け方や、空室の埋め方、業者との付き合い方など、全てのテクニックは潤沢なキャッシュフローを確保するために行っているのです。

不動産投資を始めると、『不動産がほしい』『オーナーになりたい』という気持ちが先走り、肝心なキャッシュフローを忘れがちになってしまいます。

そもそも何のために不動産投資をするのか?

目的を見失ってはいけません。

投資の目的参考例

安定して十分なキャッシュフローを確保して、お金と時間を確保するため。

利回りに注目せよ!

安定したキャッシュフローを確保するには『利回り』に注意すべきです。

いくら資産価値が高くても、利回りが低い都心のワンルームマンションは避けた方が良いでしょう。

多くの人の場合、資産を蓄えるために不動産を買うのではなく、大家さんになるために不動産を買うわけでもない。

安心して十分なキャッシュフローを確保するために不動産を買うはずです。

そのために注目すべきは、その物件の資産価値ではなく利回りです。

徹底的なシミュレーションが勝敗を分ける

不動産投資の明暗を分けるのは、小手先のテクニックではなく、徹底的なシミュレーションです。

シミュレーションは退屈な作業で、何時間も数字と向き合う必要があります。

ディベロッパーや不動産屋におすすめされた物件を買った方が、『楽』です。

しかし、楽をしていては不動産投資で成功することはないでしょう。

成功している大家さんは、皆納得のいくまでシミュレーションをしています。

退屈でも、しんどくても、何度も何度も数字と向き合います。

シミュレーションこそが勝敗を決めると知っているからです。

不動産投資で成功したければ、徹底的なシミュレーションをしましょう。

無料ダウンロード可能な読者特典を利用せよ!!

とはいえ、自分で全てシミュレーションするのは難しいですよね。

そんな時に利用できるのが、本書の読者特典である、『シミュレーションツール』です。

このシミュレーションツールはエクセルで作成されており、誰でも簡単に利用することが可能です。

本書を購入した人は無料でダウンロードが可能です。

成功した大家さんが作成しているツールなので、非常に使いやすく効果的です。

ぜひぜひ活用しましょう!

読者特典の詳細≫不動産投資 最強の教科書

シミュレーションするならこちらの本もおすすめ!

本書以外にも、世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生者特典として、不動産投資の収益がシミュレーションできるエクセルソフトが無料で提供されています。

ぜひこちらもご活用下さい。

詳細はこちら
『世界一やさしい不動産投資の教科書1年生』に学ぶ不動産投資初級編! 代表的な不動産投資の入門書である、『世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生』で不動産投資の初級編を勉強しました。 本書...

不動産投資に最高の入門書!

本書の基本的なエッセンスだけを紹介しました。

より詳しい内容や、不動産経営の具体的なテクニック、融資を引き出すワザや、物件選びの重要チェックポイントなどなど…

本書には、不動産投資の基礎から応用までが記載されています。

まだ読んでない方は、お早めにお読みください

本書のコンセプトは『不動産投資を始める前に知りたかった100のこと』です。

あとで後悔する前に、ぜひぜひ、読んでおくことをお勧めします!

投資関連はこちらのカテゴリーが人気です!

初心者におすすめな投資関連書籍がこちら

投資を始めるならこれを読め!初心者におすすめな投資本ベスト5!2020年から投資を始めたい!そんなあなたにおすすめな投資関連書籍ベスト5を紹介します。数多くの投資本を読み漁った僕が、自信をもってお勧めできるものだけを厳選しています。非常に有名な本ばかりですので、『読んでないと損をする』レベルです!投資を始めるなら今すぐ読みましょう。...
\ 知らないのはあなただけ?/

普通のサラリーマンが!
お金の不安のない人生を送るには?

『もっと早く読んでおけばよかった』
『これは会社員の人生を変える一冊』

ポジティブな口コミで
人気急上昇中のビジネス書籍!

今すぐチェックしてみてください!

詳細がこちら≫