【運動会応援企画】今すぐ足を速くする方法!最強の裏技(秘策)を教える!!

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

小学生、中学生の男子であれば誰しもが願う事。

足が速くなりたい!!!!

小学生男子という生物は、足が速いだけで「ヒーロー」です。

僕のような大人になると、足なんか速くなくていいから、シェルドンクーパーのような頭脳が欲しいと思うのですが、小学生は違います。

驚異的な学力<クラスで一番足が速い

死ぬまで重宝する学力よりも、クラスという小さな小さな世界で「足が速い」ことのほうが大切なのです。

この記事を読んでいるお父さんお母さん!

息子さんにとって「足が速くなる」という事は、重要な問題なのです。

なんとかしてあげましょう。

トレーニングなんてやってる時間がない。

そんな皆様のために「秘策」をご用意しました。

【この記事に書いてあること】

・今すぐ足が速くなるための裏技

[注意]
運動会までに時間がない方のための方法です。
アスリートを目指すためのトレーニング方法ではありません。

スポンサーリンク

足を速くするための基本

「足を速くする」には努力が必要です。

オリンピックでメダルを狙うのであれば、指導者、栄養士、スポーツドクター、サイエンティストなど、優秀なスタッフと、彼らを支えるスポンサー、優秀な遺伝子を持った「個体」が必要です。

その上で、僕なんかでは想像がつかないような、途方もない努力が必要です。

足が速くなるための「基本ルール」は努力です。

なんだそれ?と思われるでしょうが、もう少しお付き合い下さい。

フォーム(姿勢)を意識すること

ネットを検索すれば、いくらでも短距離走のフォームが出てきます。

だからといって、それを真似したからといってすぐに足は速くならないでしょう。

キレイなフォームで走れるようにするための「努力」が必要です。

バネをつけること

速く走るためには「バネ」が必要です。

爆発力や瞬発力を身につけるためには、筋力を鍛えなければなりません。

筋力を鍛えるためには「努力」が必要です。

運動会まで時間がない

この記事を読んでいる方は「今すぐ」足が速くなりたいはずです。

4年後のオリンピックを目指しているわけではありませんよね。

再来週の運動会までになんとかしたい。

そういう事じゃないですか?

スポンサーリンク


 すぐに足が速くなる最強の裏技

トレーニングする時間はないけど、少しでも速く走りたい。

そんな方に朗報です。

足が速くなる方法はあります。

意識を変える「脳を鍛える」

運動機能を支配するのは「脳」です。

小学生の頃であれば、平均的な筋力はさほど変わりません。

大人並みの体格を持つ子供は別にして、大きな差はないはずです。

ではなぜ、「かけっこ」で差が生まれるのでしょうか?

足の速い子供は「脳が体をうまく使えている」のです。

成功体験が脳を鍛える

脳が体をうまく使える→かけっこで勝つ→成功体験で「自分は足が速いと思い込む」→脳がさらに走ることを求める→かけっこでさらに勝てる→更なる成功体験→・・・

この延長線上にインターハイやオリンピックがあるのだと思います。

子供の頃に「ほんのちょっとだけ」脳が体をうまく使えることで、「走る」事がその子の特技になります。

一方で、足の遅い子供は「負のスパイラル」に陥ります。

脳が体をうまく使えない→かけっこで負ける→「自分は足が遅い」と思い込む→脳がさらに走ることを拒絶する→どんどん遅くなる→さらに自分に劣等感を抱く→・・・

一度このスパイラルに陥ると、筋力を鍛えようが、スタートラインに立った途端に「緊張して」走ることなどできません。

足の速かった人にはこの気持は理解できないでしょう。

僕には分かります。

僕はとても足が遅かったんです。

*)今はけっこう速いです。

「ナルト走り」で意識を変えた僕の体験談

少しだけ、僕の体験談を書いておきます。

僕は子供の頃「本当に足が遅かった」です。

クラスメイトには馬鹿にされました。

恥ずかしい思いもたくさんしました。

運動会が大嫌いでした。

不甲斐ない自分を親に見に来られるのが恥ずかしかったです。

中学生になっても走るのが速くなりません。

それどころか成長期を迎える周りとの差が開くばかりです。

本当に嫌でした。

しかし、高校生の時に転機が訪れました。

僕は「速く走ること」よりも「ウケを狙う」方が、「人気ものになる事ができる」と気付きます。

高校生くらいになってくると、足が速いだけじゃあモテません。

かっこよく、かしこく、おもしろくないとモテません。

だから僕は、高校のスポーツテストでウケを狙って「ナルト走り」をしました。

種目は50メートル走です。

最初から「速く走る」つもりなんて全くありません。

僕にとってスポーツテストは、「いかにウケをとるか?」という問題なのです。

中学生の時までドキドキだったスタートラインも、全然緊張しません。

位置について・・・といわれた時に、僕は「影分身の印」を結びます。

周りが笑ってくれるので、僕はいい気になっています。

そしてゴールした結果・・・「7秒台前半」だったと思います。

今まで8秒台でしか走れたことのない僕が、7秒台前半でゴールしました。

あれ?僕は足が速いのかもしれない。

脳の意識が切り替わった瞬間です。

第五百四十一話 増援到着

高校2年生の時には6秒台で走りました。

特別になんのトレーニングもしていません。

もともとそれだけの筋力はあったんだと思います。

ただそれを脳が上手く使えなかったというだけです。

僕は速く走れるんだ

意識を変えただけで大きくパフォーマンスが向上しました。

速く走ろうとしない

ポイントは速く走ろうとしないことです。

リラックスして走るだけで、タイムは上がると思います。

自分は速いと思い込む

そして「自分は足が速い」と思い込みましょう。

そうすれば速くなります。

必ずなります。

ならない場合は思い込みが足りません。

もっと自分を信じましょう。

クラスで一番早い彼も、たまたま最初に速くて、みんなからちやほやされて、それで速くなっていっただけです。

安心して下さい。

あなたにもできます。

それでも思い込めない人に・・・

科学の力を使った更なる裏技を紹介します。

魔法のインソール(中敷き)で足を速くする裏技


↑インソールってこんなやつ

アスリートも使ってる「BMZインソール」

>>>【BMZインソール】公式サイトリンク

詳細は公式サイトをご参照いただきたいのですが、こちらのインソールはただの中敷きじゃあありません。

科学技術を集約させて作っていますので、アスリートも使っている一品です。

足を守り、支え、パフォーマンスを向上させます。

これで自分の意識も変えられます。

BMZを使っているんだから自分はもう今までの自分ではない!!

こうなれば必ず足は速くなります。

一度このインソールの機能性を体感してみて下さい。

公式サイト 【BMZインソール】

公式サイトから購入可能です。

Amazonでも売ってますが、公式サイトの方が種類が豊富です。

欲しいインソールがあれば、価格を比べてみて下さい。

*)公式サイトの方がちょっと安い???

Amazon購入リンク

「すぐに」速く走れるようになる裏技まとめ

【今すぐ足を速くする裏技】

・意識を変える(脳を鍛える)

・意識を変えるために、いいアイテムを使う

手っ取り早い方法は「意識を変えること」です。

脳が変われば全てが変わります。

クラスメイトに、上の写真のような「アスリート」がいれば、そりゃあ勝てません。

筋肉が違いすぎます。

しかし、ほとんど筋力が変わらないのであれば、意識が違うだけです。

自分はできる。

そう信じましょう。

絶対にできます。

そのために「かっこいい」アイテムを使って自信をつけることも大切です。

ナイキ(NIKE) エア ズーム スピード ライバル 6 ワイド(ボルト/ブラック/バレリーボルト) 880554-700 700 ボルト/ブラック/Bボルト 27.5cm

Sincerely,

Hitouch「T」

公式サイト 【BMZインソール】



人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・