【調べる技術・書く技術/著;佐藤優】知的アウトプットの極意が身につく【最強の実用書】

リンクユニット

調べる技術 書く技術 誰でも本物の教養が身につく知的アウトプットの極意 (SB新書)

Amazonで詳細を見る

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

毎月平均2冊のペースで本を出し、抱えるコラムや連載などの締切の数はひと月あたり薬90になる。

ひと月に書く原稿の分量は、平均して1200ページ、字数にして約50万字にもなる。

この膨大な創作活動は、膨大なインプットに支えられている。

執筆のために、多い月では500冊以上の本に目を通す。

『はじめに』より

『調べる技術・書く技術』には、佐藤優さんの“ノウハウ”がつまっています。

誰でも本物の教養が身につく』というキャッチコピーの通り、日常生活ですぐに活用できる『最強の実用書』としてまとめられており、月50万字という、膨大な知的生産を生み出す技術を学ぶことができます。

本書の内容の一部をご紹介させていただきます。

本物の教養』を身につけるために、ぜひお手にとってお読み下さい。

【ネタバレ注意】

本記事はネタバレを含みます。

合わせて読みたい読書のメリット

【こんなにすごい読書のメリット】あなたが本を読むべき15の理由!

年間100冊読む僕のおすすめ本

スポンサーリンク

調べる技術・書く技術/佐藤優

アウトプットはインプットに支えられています。

良質なインプットなしに、クリエイティブなアウトプットはできません。

その一方で、インプットを『本物の教養』として身につけるためには、アウトプットが必要です。

プットプット言って、申し訳ありません・・・が!!

『インプット』と『アウトプット』の両輪を、使いこなしてこそ!!

その知識は『本物の教養』として蓄積されるのです。

調べる技術 書く技術には、本物の教養を身につけるためのノウハウが、分かりやすく記載されています。

ハイクラスの専門家ビジネスマンクリエイティブな創作活動に携わる人には、特におすすめの1冊です。

これからの時代に必要な技術(スキル)

調べる技術、書く技術は、これからの時代に必須の技術となります。

情報が氾濫する現代において、これらの技術はもうすでに必須スキルなのですが、時代が進み、AI技術が発展するほど、人間にしかできない『知的な生産』の価値が高まります。

これからの時代は、知的生産によって人生を豊かにすることが、幸せに生きるためのコツになるでしょう。

そんな知的生産を支えるのが、調べる技術と書く技術です。

知性の土台を作るには?読書がおすすめ!

OSの質がよくなければ、どれほどいいアプリを入れても機能しない。

同じく、基礎知識・教養がなくては、どれほど有益なインプットがあっても活用できない。

アウトプットを支えるインプット、そのインプットを支えるのが、基礎知識であり教養です。

これら“知性の土台”を作り上げるのが『読書』です。

合わせて読みたい

【こんなにすごい読書のメリット】あなたが毎日本を読むべき15の理由!

新聞を読むこと

知性の土台を作り上げる方法のひとつとして紹介されているのが、新聞を読むということです。

本書では、具体的な新聞名を挙げて、おすすめな新聞を紹介してくれています。

高校レベルの教養

知的生産の土台を作るために、さらにおすすめな方法が、高校レベルの教養を身につけることです。

日本史A・世界史A・政治経済・数学ⅠAを学ぶことが勧められています。

*)おすすめの参考書も紹介されています

ここでひとつ疑問に感じませんか?

あれ・・・英語は??

語学の優先順位は低い!?

最低限の英会話力を身に着けておくに越したことはないが、もし仕事上でいっさい英語を使わないのであれば、英会話習得の優先順位は、かなり低くなる。

限られた時間の中で『有益なインプット』を行うためには、学びに『優先順位』をつける必要があります。

優先順位を間違えれば、いくら頑張っても、なかなか前には進めません。

本書には、成果につながる効率的な努力の方法が記されています。

【令和の時代】平成の次の時代の必須スキルが学べるⅠ冊

調べる技術 書く技術は、そのキャッチコピーのとおり、『誰でも本物の教養が身につく、知的アウトプットの極意』が記されています。

理想ばかりで具体性にかける自己啓発本と違い、今すぐに実践できる『具体的な方法』が示されています。

『調べる』『書く』という技術だけではなく、『次の時代を生きる技術』が学べる一冊です。

ぜひご自身でお手にとってお読み下さい。

佐藤優さんの、調べる技術 書く技術は、平成の次の時代に生きるすべての人におすすめしたい一冊です。

Amazonで詳細をみる

Sincerely,

Hitouch『T』

合わせて読みたい

読書にはこんなにたくさんのメリットがあります

こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 最後に本を読んだのはいつですか? ...

年間100冊読む僕のおすすめ本

僕が心の支えにしている本

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・