【行動経済学でFX必勝トレード】サンクコストとギャンブラーの誤謬!ドル円上げ上げ…下げ!?

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

日経平均・ドル円ともに物凄い強さで上げています。

参考 ゴールデンクロス完成!ドル円はこのまま115円を目指すか!?

これだけ急激なトレンドだと、のりこなすのは難しいです。

指を加えてチャートを眺めていては買い遅れる。

だからといって飛びつくのは怖い。

これだけ上がれば明日こそ下がる。

そのまま時間だけが過ぎていきます。

あの時買っておけば・・・

押し目が来るまで待とう・・・

様々な葛藤の最後に訪れるのが、「これだけ考えたんだ、せっかくだから買っておこう」という感情です。

その後市場は逆転します。

トレードをやっている人なら一度は経験したことがある「あるある」ですよね。

ここには人間の心理が潜んでいます。

その名も「サンクコスト」と「ギャンブラーの誤謬」です。

参考書籍 経済は感情で動く : はじめての行動経済学

スポンサーリンク

わかっちゃいるけどやめられない・・・サンクコストとは?

ずっしり重い 手作り 素焼き 8cm立ちシーサー 送料無料~ 置物 ギフト 沖縄 お土産 魔除け

  • せっかくここまで来たんだから
  • せっかく始めたんだから
  • せっかくこれだけ投資したのに
  • せっかく待ったんだから

・・・もったいないよ

ここには「サンクコスト」が潜んでいます。

人間は「既に投資した回収できないもの」を「回収」することにこだわります。

旅行に行くと、普段は絶対買わないような「謎のお土産」を買うのはなぜでしょう?

せっかくここまで来たんだからって思った事はありませんか?

サンクコストは投資やビジネスにおいても非常に重要です。

ある事業(投資先)が赤字だったとします。

将来の見通しも暗い。

合理的に考えればその事業はやめるべきです。

しかし、ここにもサンクコストが存在します。

今までのお金や時間や労力を無駄にはできない。

これが損切りができない要因の1つです。

投資家やビジネスマンであれば、勇気を出してサンクコストから抜け出す事も必要です。

スポンサーリンク


黒・黒・黒・・・そろそろ赤だろ!ギャンブラーの誤謬とは?

コインを投げて裏か表を予想します。

コインには何も細工はありません。

とすれば・・・

裏も表も確率的には常に「2分の1」のはずです。

この確率というのは毎回同じように50%です。

朝だろうが夜だろうが

あなたの機嫌が良かろうが悪かろうが

晴れだろうが雨だろうが

常に50%です。

表・表・表・表・表・?

5回連続で表が出ました。

次はどちらに賭けますか?

そろそろ裏だろ

この感覚が「ギャンブラーの誤謬」です。

5回連続で表が出ようが、本来6回目の結果にはなんの影響もないはずです。

しかし、そろそろ裏だろうと思うのが人間です。

株価が5日連続で上昇しました。

そろそろ下がると思うのが人間です。

株価はコイントスとは違います。

多くの人が下がると思えば株価は下がります。

これが人の心理です。

FXをやるならGMOクリック証券一択です

FXをやるならサンクコストとギャンブラーの誤謬を認識しよう

ドル円は連日上昇しています。

そろそろ下がる・・・

こんな事を思っている人たちはきっと多い“はず”です。

しかしそう簡単には強気相場は崩れません。

待つべきか、乗り込むべきか、そんなことは後になってみないと分からないのです。

いっぱいチャート見て、線をいっぱい引いて、ファンダメンタルを確認して・・・

その結果何が生まれますか?

サンクコストですよね。

せっかくこれだけ調べたんだから買おう!!

これはあまりよろしくありません。

市場はあなたの頑張りなど知りません。

これだけ調べた結果、こういう理由で、自分はこうだと思う。

たとえ違っても後悔はない!だから買おう!!

結局「買う」を選択するにしても、こんな風に考えられるようになると、失敗しても次に生きるトレードができるようになるかもしれません。

Sincerely,

Hitouch「T」

公式リンク

高スワップ!低スプレッド!FXやるならGMOで口座作らなくてどうすんの?

GMOクリック証券


行動経済学おすすめ書籍

FX関連おすすめ記事

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・