【土地活用】田舎の土地で太陽光発電!?メリットとデメリットをそれぞれ紹介

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life

田舎には「余った土地」があります。

以前は「農地」として大いに活用されていたであろうその土地も、後を継ぐ者がいなくなれば・・・

雑草が生え放題になり、昆虫の住処となり、下手をすれば近隣住民とのトラブルの元にもなります。

土地は定期的なメンテナンスを必要とします。

土地は税金を必要とします。

たくさんの作物を育み、先祖自慢の土地だったであろうその土地も、今では「お荷物」。

「ただでいいからもらってくれ」

そんな風に嘆く方々もいらっしゃることかと存じます。

何とか土地を活用する方法はないか?

その解決策の一つが「太陽光発電」です。

【この記事に書いてあること】

・田舎の土地活用

・太陽光発電ってどうなの?

スポンサーリンク

【田舎の土地活用】太陽光発電のメリット・デメリット

結論から書きます。

条件さえ整えば「太陽光発電」は大きな収益源となり得ます

田舎の土地でマンション経営をしたり、駐車場を作ったり、その他ビジネスに活用することもできます。

しかし、それはとても難しい事です。

難しいというのは、「ビジネスセンス」が必要だという事です。

ビジネスがしたい、経営がしたいというのなら挑戦しても面白いでしょう。

しかしそれは「どうしようもない土地をなんとかしたい」という、当初の目的から大きく外れてしまいます。

自分の目的をはっきりさせることが必要です。

ビジネスがしたいですか?

余った土地をなんとかしたいだけですか?

参考 【天職の見つけ方】まずは自分のタイプを知ろう!!

田舎の土地で太陽光発電をするメリット

余った土地で太陽光発電をするメリットはたくさんあります。

  • 簡単
  • 安定した収益がある
  • FIT制度に守られている

特に「田舎の土地」であれば

  • 土地が安い
  • 近隣に高層の建物が建つリスクが少ない

固定価格買取制度(FIT制度)

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。

資源エネルギー庁ウェブサイト

FIT制度によって電気の「売却価格」が固定されます。

これが大きな、大きな、大きなメリットです。

簡単でシンプル

施工業者の選定、保険の考察、資金集めなど、苦労する事はあります。

設置後も、定期的なメンテナンス、草かり、不慮の事故(人災・天災)など、リスクはたくさんあります。

しかし、それだけです。

ビジネスを改良したり、新製品を開発したり、マーケティングをしたり、価格交渉をしたり、未払い金を回収したり・・・

こういった諸々のストレスがありません。

*)細かい設備や保証の見直しは必要になるかもしれません

簡単でシンプルです。

収益のシミュレーションがしやすい

簡単でシンプル、安定しているからこそ「収益シミュレーション」がしやすいです。

日光の量も大幅に変動することは考えにくいです。

*)ビジネスの収益よりは安定しています。

収益のシミュレーションは無料でできます。

シミュレーションだけでもやってみてはいかがでしょうか?

▼こちらのサイトからシミュレーションが可能です▼

太陽光発電の見積もりサイト グリーンエネルギーナビ

田舎の土地で太陽光発電をするデメリット

もちろんデメリットもあります。

  • 収益に「天井」がある
  • つまらない
  • 資金回収までに時間がかかる

特に「田舎の土地」であれば

  • 車で行けないような立地にある
  • 近くに電線がない
  • 山の斜面など日当たりが極端に悪い

太陽光発電を設置するリスク

人災

  • パネルの盗難
  • 投石
  • その他いたずら

人が起こす人災を心配すれば「キリ」がありません。

不動産を所有するのであれば、この心配から逃れる事はできません。

近所の悪ガキを相手にストレスを感じなければいけないというのは、ものすごいストレスです。

だからこそ!!

余計な心配をしないように!!

しっかりと保険をかけておきましょう!!

天災

  • 落雷
  • 地震
  • 火災

人間にはわかりません。

用心するにこしたことはありませんが、それは杞憂かも知れません。

参考 【不安を解消するマインドを手に入れる】その不安「杞憂」かもよ?

しっかりと保険をかけて対応する必要があります。

賢者の投資は退屈である

余った土地を使って何か新しい「イノベーション」を起こすことが出来れば、そのビジネスによる収益は「青天井」に成長します。

ビジネスの成功によって得られるものは、収益だけではありません。

やりがいや生きがいが生まれ、充実した人生になるでしょう。

参考 【天職の見つけ方】まずは自分のタイプを知ろう!!

余った土地を「活用する」のではなく「売却して」するという方法もあります。

その資金で別のものに投資をすれば、それも青天井の収益を見込む事ができます。

ワクワクし、生きがいが生まれるかもしれません。

しかしこの方法には「再現性」がありません。

リターンが大きい代わりにリスクも相応です。

一方で、太陽光発電は「安定した長期投資」です。

太陽光発電が生きがいになるというのは稀でしょう。

ソーラーパネルを見ていても面白くもなんともないです。

収益面でも、シミュレーションを大きく上回ることはほとんどありません。

ワクワクする事も少ないと思います。

しかし・・・

地味で退屈だからこそ、ものすごい効果を発揮するのです。

安定した長期投資とは「つまらない」ものです。

参考 最強の投資『賢者の投資』とは!?


太陽光発電の見積もりサイト グリーンエネルギーナビ

田舎の土地で太陽光発電まとめ

太陽は大きく偉大です。

参考 猛暑注意報!太陽の大きさと人間の小ささの法則

この力を使わない“て”はありません。

田舎に余った土地があるなら、一度検討してみてはいかがでしょうか?

悩んでいたって具体的な事はわかりません。

まずは無料で見積もり

ますは「無料」で見積もりをとってみるべきです。

どのくらいのリターンになるのか、具体的なシミュレーションもしてくれます。

一度プロの目で土地を見てもらっても損はないはずです。

最初の目的を思い出してみて下さい。

余った土地をなんとかしたい

なんとかする方法が見つかるかもしれません。

▼こちらのサイトから一括見積もりが可能です▼

太陽光発電の見積もりサイト グリーンエネルギーナビ

Sincerely,

Hitouch「T」

施工業者の選定はこちらのサイトで


太陽光発電の見積もりサイト グリーンエネルギーナビ

人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・