【重要】新型コロナウイルスに関する情報提供

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

【本の紹介】読書感想文

『投資家みたいに生きろ』ってどんな本?藤野英人(ひふみ投信)著

投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略

投資家みたいに生きろ

藤野英人(ひふみ投信)

本記事では、『投資家みたいに生きろ』を読んだ個人的な感想を記載しています。

これまでに藤野さんの本を読んだことがある人も、そうでない人も、非常に勉強になる一冊です。

投資家の思考を手に入れ、将来の不安から開放され、幸せな人生を創りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

ネタバレ注意です。

人生が変わる
読みやすさ
投資家向け
コスパ

投資家の思考とは?

著者の藤野英人さんは、レオス・キャピタルワークスの代表であり、『ひふみ投信』の運用を行っているファンドマネージャーです。

ファンドマネージャーというのは、顧客の“大切なお金を預かり”、そのお金を運用することによって利益を出すのが仕事です。

お金を運用して利益を出すためには、『投資』をする必要があります。

藤野さんはまさに、『投資家の中の投資家』であるといえます。

そんな藤野さんが、投資家の思考を教えてくれるのが本書です。

希望を最大化せよ!

まずはじめに、本書は『投資本』ではありません。

ウォール街のランダム・ウォーカーピーター・リンチの株で勝つなどのように、投資のノウハウが記載された本ではありません。

投資関連書籍を希望する個人投資家さんはご注意下さい。

本書はビジネス書であり、『自己成長』『マインドセット』などについて書かれています。

そんな本書の中でも重要なキーワードとなるのが、『希望を最大化せよ』ということです。

失望を最小化する社畜にはなるな!

人間は、未来への希望を最大化するタイプと、将来への失望を最小化するタイプに分かれます。

多くの人は、「失敗したくない」、「現状を維持したい」という考えから、『失望を最小化する選択』をします。

しかし…それでは…人生はあまりにも退屈です。

失敗はないが成長もない、ドキドキすることやエキサイティングなこともない。

これは本当に幸せな人生なのでしょうか?

一般的なサラリーマンとして『失望を最小化する道』を選ぶと、その先に待つのは『社畜』です。

  • たとえ社畜でも失敗するよりはマシ
  • 会社の言いなりになれば、とりあえず給料はもらえる

日々の小さな選択において、『失望を最小化する道』を選び続けると、このような“The 社畜”的な思考にたどり着いてしまいます。

将来や未来への漠然とした不安があったとしても、『希望を最大化する』ことでしか、真の幸福は手に入れることができません。

どうすれば投資家的な思考になれる?

根底から考え方を変えないと、不安に取り憑かれて、ますます萎縮してしまう。

藤野英人・投資家みたいに生きろより

  • 見に見えない資産に投資せよ
  • 自分の市場価値の高め方
  • 惰性に勝つための魔法のコトバ
  • 投資家の視点とは?
  • 投資家流のアウトプット
  • 投資家の学びの真髄
  • などなど・・・

本書では、投資家的な思考を手に入れて、主体的人生を創り上げるためのノウハウが紹介されています。

投資家の思考を身につけ、『未来からの恩返し』をもらいたいという方は、ぜひ本書をお手にとってお読み下さい。

あなたがすべき最初の投資は…

『本書を読む』ことなのかもしれません。

\ 知らないのはあなただけ?/

普通のサラリーマンが!
お金の不安のない人生を送るには?

『もっと早く読んでおけばよかった』
『これは会社員の人生を変える一冊』

ポジティブな口コミで
人気急上昇中のビジネス書籍!

今すぐチェックしてみてください!

詳細がこちら≫

【重要】新型コロナウイルスに関する情報提供

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供です/

 
 
≫詳細はこちら