【高金利通貨トレード報告】トルコリラやーめたっ!だって怖いもんの話

リンクユニット

こんにちはHitouchの「T」です。

みんな大好きスワップ金利!高金利通貨のトルコリラ!

僕もここ最近の暴落を見て少し買っていました。

>>>こちらの記事でトレード報告しています

ですが・・・なんか嫌な感じがします。

これだけスワップ金利がついているのに・・・

やっと利上げが行われたのに・・・

反応はいまいち。

大統領選が控えているから?

はたまた米国の利上げが影響している?

スポンサーリンク

リラに逆風が吹き続けている!?

6月24日トルコ大統領選

トルコで24日に行われる大統領選と総選挙のダブル選は、最後まで大接戦になる可能性があり、エルドアン大統領は権力掌握のためにより厳しい戦いを強いられ、番狂わせの敗北を喫することもあり得る状況だ。ブルームバーグが委託した世論調査の結果で示された。

Bloomberg

トルコ中銀によって、5月23日に利上げが行われました。

エルドアン大統領は利上げに強く反対していましたので、大統領の意向に反しての利上げということになります。

今回の大統領選はかなりシビアな戦いが予想されています。

「利上げ」は現在のリラ安に歯止めをかけ、インフレを沈静化する可能性があります。

しかし、クレジットの返済や各種ローンの返済が膨らみます。

一説によると、エルドアン大統領は利上げに反対する事で民意を取り込む狙いがあるのでは?なんていわれています。

米国の利上げ

先日のFOMCでFRBが利上げを決定しました。

>>>こちらの記事で投資報告しています

米国の利上げによってドルの金利が上昇することで、米ドルは買われやすくなります。

また、米ドル建て債券の依存度が高い新興国は、利払いの負担が大きく膨らみます。

新興国からは資金が流出しやすくなります。

だから?どうする?

僕が分かることは「トルコリラのトレードは怖い」という事だけです。

大統領選の前後にはものすごいボラティリティになって「スプレッド」も大きく広がることが予想されます。

この「スプレッドの拡大」が予期せぬロスカットを生みます。

>>>スプレッドって何?の方はこちらの記事へ

上にも下にも大きく振れると思います。

こういう日には「海に入らない」事が一番です。

沖に流されたらもうおしまいです。

>>>FXとサーフィンの法則はこちらの記事へ

リラ円ロングポジションを損切り

グリーンの枠内が5月23日〜24日にかけての動きです。

ものすごく変動しています。

この勢いで下げられたら「吹っ飛び」ます。

ということで、僕が保有している「リラ円」ポジションは全部損切りしました。

ためらわず損切りです。

>>>「ゾーン」状態になればあっさり損切りできます

「リラ円ロング」をこのタイミングで損切りした理由

一番の損切り理由は、大統領選までジワジワ上げてくるという読みがはずれたためです。

僕が思い描いていたシナリオは、選挙までジワジワ上げてきて、選挙前後で一旦大きく沈み、その後再上昇するというシナリオです。

来週上げるのかもしれませんが、土日で何か新しい材料が出られても困ります。

思い描いたシナリオが外れたからには、損切りです。

あとがき

シルバーワン(Silver1)si 聖ベネディクトゥスのメダイ ペンダント キリスト ステンレス コイン メンズ

トルコリラは人を魅了する悪魔の通貨ですね・・・

スワップ狙いのロングポジションが多いのも納得です。

上がればもちろん利益。

下がったら下がったで「スワップの魅力」が上がります。

高金利通貨のトレードは怖い怖い・・・

リラ保有者の皆様、どうかご武運を・・・

Sincerely,

Hitouch「T」

▼FX初心者の方はこちらの記事をお読み下さい

こんにちはHitouchの「T」です。 先日(2018年3月20日・21日)行われたFOMCにて、FF金利を0.25%引き上げることが...
人気の関連記事です
【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・