【勝ち続ける意志力】背水の逆転劇を生んだ!梅原大吾の生き様を見よ!!

リンクユニット

ポスター34インチ×22インチ- - FAST SHIPPINGニューストリートファイターV [並行輸入品]

2004年のアメリカ・・・

世界が震えた歴史的な瞬間を、皆さんは知っているだろうか。

「Evolution 2004」での奇跡・・・

いまや伝説となった「背水の逆転劇」を・・・

ウメハラ選手の(ケン)は、アメリカ代表のジャスティン・ウォン選手の(春麗)と対峙していた。

ウメハラの体力は残り1ドット。

攻撃がかすっただけでもKOされてしまう状況の中・・・

ジャスティンの春麗がとどめの必殺技を繰り出す。

鳳翼扇

レッツゴージャスティーン!!!!!!!

ジャスティンの勝利を確信し、湧きだつ観客の声援と共に、17連撃の蹴りがウメハラのケンに襲いかかる・・・

・・・

・・・

・・・

とび蹴り、足払い、中昇竜

そして・・・

疾風迅雷脚

最後まで舞台に立っていたのは、なんとウメハラだった・・・

ウメハラにとどめを刺すべく繰り出した、ジャスティンの鳳翼扇をすべてブロッキングし、コンボを叩き込んだ梅原は・・・

その日ヒーローとなった。

シリーズ30周年記念 STREET FIGHTER ストリートファイター - Characters/ポスター 【公式/オフィシャル】

こんにちはHitouchの「T」です。
@hitouch_life
ここまで読んで何のことか分からない人は、YouTubeで「背水の逆転劇」って調べてみて下さい。

ものすごい奇跡を目の当たりにすることになります。

そんな奇跡を生んだプロゲーマー、梅原大吾さんの本。

勝ち続ける意志力

人生とはなにか?

勝つ続けるとはどういうことか?

世界の頂点に立ったことがあるウメハラさんだからこそ・・・

孤独に苦悩したウメハラさんだからこそ・・・

この本を書き上げる事が出来たのだと思います。

自分を信じぬく力の大切さがひしひしと伝わる一冊です。

ウメハラファンだけではなく、ビジネスマンや投資家、起業家の皆様にもぜひともおすすめしたい一冊です。

本書は「勝つ」ではなく「勝ち続ける」秘訣が詰まった、人生の「攻略本」です。

それでは・・・

いってみましょぉぉぉぉぉぉ!!!!!!

STREET FIGHTER/ストリートファイター/リュウ/  STREET FIGHTER KINETIQUETTES EVIL RYU RESIN FIGURE FIGURA STATUE.PRE-ORDER

[Spoiler Alert]本記事はネタバレを含みます

スポンサーリンク

人生の攻略本「勝ち続ける意志力/梅原大吾著」

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

Amazonリンク
勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

プロゲーマー梅原大吾とは?

ウメハラコラム 拳の巻 -闘神がキミに授ける対戦格闘ゲーム術-

ゲーマーと聞いて「オタク」っぽい人を想像していたのではありませんか?

ウメハラさんはめちゃめちゃ体鍛えてるらしいですよ。

ウメハラさんは企業とスポンサー契約を結び、世界で活躍するプロゲーマーです。

世界トップレベルの格闘ゲームプレイヤーです。

今でこそメジャーになってきたe-スポーツですが、まだまだ「ゲーマー」が認知されない時代から、自分を信じ続けてきた人がウメハラさんです。

世間に嘲笑されるなかでも、自分を見失わず努力を続ける。

それは並大抵の事ではないでしょう。

それを実際に実践したのがウメハラさんです。

ウメ波動・ウメ昇龍

CGC Hugeポスター – ストリートファイターIV RYU – str071 24" x 36" (61cm x 91.5cm)

梅原は飛び道具の「波動拳」、対空技の「昇龍拳」を独特な方法で使用する事があり、これらは俗にウメ波動・ウメ昇龍と呼ばれる。

Wikipedia

大人気格闘ゲーム「ストリートファイター」の、波動拳や昇竜拳といった必殺技を使いこなし、極めたその先にあるのが、「ウメ波動とウメ昇竜」です。

普通の波動拳とは、天と地ほど差があるらしいです。

*)僕のような素人には分からない凄さがあるということです

ホントにこれはすごいことなんです。

ウメ波動については意識的に行っておらず、長年の経験からくる感覚だという。

Wikipedia

HUNTER×HUNTER モノクロ版 27 (ジャンプコミックスDIGITAL)

この話を聞いて思い出すのが、「HUNTERXHUNTER」のネテロ会長です。

来る日も来る日もひたすら「正拳突き」を繰り返した先に、彼の強さがありました。

ウメハラさんも、来る日も来る日もひたすら「波動拳」を打ち続けたのです。

その先にあったのが、誰にも真似できない「ウメ波動」だったわけです。

「つまらない」「退屈だ」と基礎を投げ出す者には、決して身につけることができない、唯一無二の奥義です。

「勝つ」ではなく「勝ち続ける」

僕はFXや株式投資をやっていますが、ぶっちゃけ「勝つ」ことは簡単です。

パチンコや競馬と同じで、何度かやればいつか「勝ちます」。

しかし・・・

勝ち続けられません

本書が気づかせてくれるのは、「勝ち続ける」ために必要な事です。

この本に書かれている事は

  • こうすれば勝てる
  • 勝つためのコツ
  • これだけやれば誰でも勝てる

みたいな薄っぺらい成功法則ではありません。

人生を賭けて、自らの信じた道を突き進む。

葛藤や苦悩や後悔の先にある「何か」をみつけるための、「意志」を磨く方法が書かれています。

どれだけやれば「何か」にたどり着けるのか分からない。

やっとたどりついた「何か」も、自分が求めるものではないかもしれない。

それでもやり続ける。

陰口を言われようが、薄ら笑いを浮かべられようが、自分を信じる。

そして今日もまた・・・いつもの基礎を繰り返す。

ものすごく深く重たい、ウメハラさんの言葉を感じられる一冊です。

なぜ「勝つ方法」ではなく「勝ち続ける」方法なのか?

両者は似て非なるもので、時としては相反するほどに大きな隔たりを見せる。

−梅原大吾

梅原大吾/ウメハラダイゴ/Daigoの名言

ストリートファイターV アーケードエディション オリジナル・サウンドトラック

*)ネタバレ含みます。

僕の勝ち方にはスタイルがない。スタイルに陥らないようにしていると言ってもいい。

彼らと僕とでは迷ってきた量が圧倒的に違うからだ。

「自分をどこまで信じられるか?」という究極的な自問に答え続けなくてはならないということだ。

強さを維持するということは、永遠にトンネルを歩き続けることなのかもしれない。

そう簡単に欲しいものは手に入らないことが明確に分かっている。

その努力は10年続けられるものなのか?

「・・・毎日、・・・変わらないことを続けるのが、・・・いっちばん大変」誰も気に留めないだろう10秒くらいのインタビューだった。

中略

団子屋のおばちゃんは、その考え方を誰かに言い聞かせようとしていたわけではない。自らの考えを自慢するわけでも、今どきの若者に欠けた心根を説教するわけでもなく、ただ、そういうことなのだとつぶやいていた。

ウメハラさんの珠玉の名言は、もっともっともっと・・・

本書に詰め込まれています。

少しでも心に何かが湧き上がった方は、ぜひともお手にとってお読み下さい。

その「何か」が、誰にも真似することのできない、あなたの能力に変わるかもしれません。

あとがき

Theme of Evil Ryu -SSFⅣ AE Arrange-

人の目を気にしないこと

基本を何度も繰り返すこと

ゴールの見えない道をただ歩き続けること

そして・・・

自分を信じる事

「勝つ力」ではなく「勝ち続ける力」

今の自分に自信が持てない、そんな方こそ読んで欲しい一冊です。

世界の頂点に「居続ける」ウメハラさんも、最初から強かったわけではありません。

ぜひともご自身の目で見て、ご自身の心で紐解いてみて下さい。

Sincerely,

Hitouch「T」

Amazonリンク

年間100冊読む僕がおすすめの本

アーリーリタイアの実体験を記録する!

現在アーリーリタイア中

体験談やアーリーリタイアに至った経緯、アーリーリタイア生活を継続している方法を記録しています

>>FIREムーブメント実践記録へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が面白いと思ってもらえましたら いいねしていただけると嬉しいです。
クリックが励みになります。

シェ・・シェアを・・・

フォッ・・フォローを・・・

【人気の関連記事です】
スポンサーリンク
スポンサーリンク