【重要】新型コロナウイルスに関する情報提供

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

医療・科学の話

【石原さとみ主演】これを読めばアンサングシンデレラを100倍楽しめる!

https://twitter.com/unsung2020/status/1224785021560508416?s=20

 

フジテレビ4月期の木曜劇場は、石原さとみさん主演の薬剤師ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋』を放送することが決定しました。

日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマがここに誕生しました。

公式HP

全国の薬剤師・薬剤師会が喚起すること間違いないし!

ついに…病院薬剤師が主人公のドラマがフジテレビで放送されることが決定しました!

医師や看護師、つい最近では放射線技師が主人公の医療ドラマはありましたが、薬剤師が主人公のドラマは皆無です。

薬剤師国家資格を取得するには、医師と同様に6年間大学で学ぶ必要があります。

卒業後も、様々な専門資格取得のために努力し続ける必要があります。

しかし…

薬剤師の仕事というのは、良くも悪くも『地味』なのです。

院内でもスポットライトが当たりにくい存在で、薬剤師にフォーカスされることはほとんどありませんでした。

しかし…ついに…!

薬剤師に光が当たる時がきました!

そんなアンサングシンデレラを100倍楽しむために…

病院薬剤師の裏の裏まで知り尽くした僕が、病院薬剤師の仕事を紹介します。

病院薬剤師の仕事ってどんな仕事?

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1巻 (ゼノンコミックス)

ここからは、病院薬剤師として様々な経験をしてきた僕の体験談を交えて、『病院薬剤師の仕事とは?』を紹介します。

この記事を読んでいただければ、アンサングシンデレラが100倍面白くなりますので、ぜひご覧ください!

僕の経歴

  • 製薬メーカーMR
  • 病院薬剤師
  • 抗菌化学療法専門薬剤師
  • がん薬物療法認定薬剤師
  • 薬学博士
  • フリーランス(派遣薬剤師)

病院薬剤師は縁の下の力持ち…でもない

薬剤師は、医師に匹敵するほどの人数であるにも関わらず、ドラマや映画で薬剤師が主人公の作品はほとんど皆無です。病院薬剤師は、医師からの処方箋に従って薬を提供するのが主な仕事。一見簡単そうに見えますが、膨大な薬の知識を持っていないと正しい処方ができず、処方箋に疑問があれば、医師に対して“疑義”と呼ばれる問い合わせを行い、患者の治療に最も適した薬を提供するという重要な責務を負っています。

1日に全国で処理される処方箋はおよそ220万枚。そのうち6万枚を超える処方に疑義がかけられており、さらにそのうちの約70%は処方変更になっています。

縁の下で我々の身体と真剣に向き合っている薬剤師にスポットライトを当てたドラマを描きたいと思い、企画しました。

公式HP

薬剤師の仕事を縁の下の力持ちと表現されることは多いのですが、実はそうでもありません。

縁の下は縁の下でも、力持ちではないのです。

残念ながら…

薬剤師はレシピを作れない料理人である

薬剤師には処方箋は作れません。

どれだけ勉強しても、どれだけ薬のことを知っていても、どれだけ患者さんのことを考えていても…薬剤師には…処方箋はかけません。

イメージしてみて下さい。

あなたは料理のことを学び、料理を作る膨大な知識と技術がある。

おいしく作るコツや、美しく飾る秘訣も知っている。

しかし…レシピを書くことはできない…

他の専門家が作ったレシピ通りに、あなたは料理を作らなければいけない。

たとえその専門家のレシピに改善の余地があったとしても…

『こうした方がいいだろうな。』、そう思っても、あなたのオリジナリティは加えられない。

必要があれば専門家にレシピの変更を願い出る。

しかし、あなたの意見は通らない。

専門家には専門家のやり方があるのだ。

そんなとき、あなたはどうする?

薬剤師に処方箋はかけません。

薬剤師にできることは『処方提案』です。

  • こうした方が科学的なのではないか?
  • これが副作用の原因なのではないか?

処方に関して提案することはできても、処方の決定権はありません。

どれだけ勉強したとしても…です。

それが薬剤師という仕事です。

薬剤師には人を動かすスキルが必要である

薬剤師が医師を説得するためには、薬学的な知識だけではなく、幅広い社会的スキルが必要です。

医師に処方提案するためには、「こいつの言うことは聞いてみよう…」思ってもらわないといけないわけです。

もちろん、薬剤師の提案が全ての場合で優れているわけではありません。

しかし、医師と薬剤師で、一人の患者の薬物治療に関して議論することは大変意味のあることです。

しかししかし…よほど良好な人間関係がなければ、薬剤師が処方提案をすることなどできません。

薬剤師に必要なのは、専門的な知識に加えて、良好で円滑な人間関係を構築するための社会的スキルです。

良好な人間関係が、適切な処方提案に結びつき、それが最高の薬物治療となって患者の下に届くのです。

病院薬剤師の本音は?

まぁ…これは建前で、日本の薬剤師の大部分は(会ったことはありませんが)、こんな綺麗ごとを言っていられる暇もなく…。

毎日毎日毎日毎日…

  • 薬を数える
  • 間違えないように薬を袋に入れる
  • 処方箋が間違っているときは連絡する
  • 防護服を着て抗がん剤を間違えないようにつくる

こんなことばかりやっています。

個人的には、『薬剤師は縁の下の力持ち』と言われるのがあまり好きではありません。

縁の下でもないし、力持ちでもないもん!

確かに、大量の輸液(点滴)を運んだり、『どんだけ飲むんだよ!』って心の中で叫びながら、経口の栄養剤を運ぶことはあります。

そういう意味では力持ちです。

しかし、薬剤師の仕事の本質的な部分は、知識を使っていかに人を動かすか?を考えることです。

薬剤師の仕事は縁の下の仕事じゃないですよ

医師の処方を訂正することは容易ではありません。

相手は医師です。

日本でも最高峰の大学である医学部を卒業し、自分たちの倍以上の年収を稼いでいるであろう医師です。

そんな医師のレシピに『疑義』を申し出るわけです。

中途半端な覚悟でできる仕事ではありません。

薬剤師はじゅうぶん、光のあたる仕事だと思います。

石原さとみさんを通して、薬剤師に新たなムーブメントが起こることを期待しています。

アンサングシンデレラ主演:石原さとみさんのコメント

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 2 (ゼノンコミックス)

Q:本企画を聞いたときの最初の感想はいかがでしたか?

「薬剤師の方は薬局で“お薬を渡してくださる方”という印象で、一体どういうお仕事をされているのか具体的には知りませんでした。今回ドラマのお話をいただき原作を読んで、仕事内容の大変さに驚きましたし、薬剤師は“薬で命を助ける専門家”なんだと痛感しました。私自身、ドラマで医師や看護師を演じた経験はありますが、薬剤師が登場人物として描かれることはほとんど無かったのではないでしょうか。患者に寄り添う大切な存在なのに知らないことばかりでした」

Q:葵みどりを演じるうえで心がけたいことは?

「ドラマで描かれるみどりは原作よりもキャリアを積んでいる設定なので、患者さんに寄り添う温かさや優しさを持つ一方で、冷静な部分も持ち合わせていると思います。患者さんにとっての“最後の砦(とりで)”という自覚をもち、単にがむしゃらなだけではなく、優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたいです」

Q:視聴者のみなさまへメッセージをお願いします。

「薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたいと思います。私自身、初めて知って驚いたことがたくさんありました。そして、夢物語ではなく、きちんと現実を伝えていけたらと思います。実際に薬剤師として働く方にとって、“明日もがんばろう”という活力になれたらうれしいです。そして、世の中で働く皆様に“諦めないこと”、“人を大切にすること”というメッセージが伝わるよう精いっぱいがんばりたいと思います」

アンサングシンデレラ1~3巻絶賛発売中!

\ 知らないのはあなただけ?/

普通のサラリーマンが!
お金の不安のない人生を送るには?

『もっと早く読んでおけばよかった』
『これは会社員の人生を変える一冊』

ポジティブな口コミで
人気急上昇中のビジネス書籍!

今すぐチェックしてみてください!

詳細がこちら≫

【重要】新型コロナウイルスに関する情報提供

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供です/

 
 
≫詳細はこちら