医療・科学の話

【朗報】早歩きの方が老けないって知ってた?脳にも良いという研究が!

こんにちはHitouch(@hitouch_life)です。
>>詳細なプロフィール

FIRE(経済的自由を手に入れてアーリーリタイア)という生き方を目標に、フリーランスとして自由な働き方を実践しています。

歩くスピードが早い人のほうが老けにくい

こんな面白い研究を見つけたので紹介させていただきます。

Slow walking speed at 45 linked to faster agein

【悲報】歩くのがおそい人は老けるのが早い!?

新たな研究では、45歳以上の『歩くスピードが遅い人』は、老化が早い可能性があるということが分かりました。

40代・50代の『ゆっくり歩く人』は、同年代の『早歩きの人』と比べて、身体的機能の老化が早いという報告がされています。

身体のみならず、メンタル面も老化が進みやすい

加えてこの研究において、歩くスピードは、身体機能だけではなく、精神的側面(メンタル面)にも影響することが分かりました。

歩くという一種の“運動”が、身体的な機能に与える影響はイメージしやすいですが、メンタル面にも良い影響を与えるというのは驚きです。

40代・50代の人も歩く速度に注意!

臨床の医師たちは、70代や80代の高齢者において、歩くスピードが早い人ほど健康状態を保ちやすいということを経験的に分かっていたようですが、今回の研究では、40代や50代のより若い世代に対しても、歩くスピードは重要であるということが分かりました。

歩く速度は認知機能にも影響を与えるらしいぞ

この研究では、健康指標を評価する一環として、認知機能も調査しています。

その結果、歩行スピードが遅い人たちは、『脳の活性化が減弱している』ことが分かりました。

歩行スピードは、認知機能にも影響を与えていることが明らかとなりました。

運動習慣は大切です!

運動が大切だということは分かっていても…なかなか続かないですよね。

毎朝ランニングしよう、毎晩ウォーキングしよう、週末こそジムに行こう…

そうは思っていても、いざその時が来ると、なかなか体が動かないですよね。

日常生活に負荷をかけるというのは、なかなか難しいものです。

そこでおすすめなのが、歩くスピードを意識するということです。

通勤・通学・校内・職場・買い物などなど

僕達人間は、ありとあらゆる環境で『歩いている』はずです。

その歩くという行為に意識を向けるだけで健康になれるとしたら…どうですか?

ただ歩くという行為であっても、スマホを見ながら歩いたり、ダラダラと歩いていては“もったいない”です。

姿勢を正し、程よいスピードで歩くことが、健康や認知機能に良い影響を与えることが分かっているのですから、せっかく歩くのならば、スタスタ歩きましょう。

結論

歩行スピードは身体的・精神的・認知機能に影響がある。

せっかく歩くなら、健康になる歩き方をしよう!

参考書籍:一流の頭脳

運動で賢くなることは可能です

おすすめの関連記事

運動と脳の関係は科学的に証明されています。

老化を防ぐだけではなく、認知機能にも良い影響を与えるため、運動習慣は大切にしましょう。

↓脳科学が示す運動の効果がこちらです

【脳科学】学力向上に運動がおすすめな3つの理由!脳を進化させる裏技も紹介 身体の主たる機能は 脳を持ち運ぶこと トーマス・エジソン こんにちはHitouch(@hitouch_life)です...

激しい運動が苦手だという方は、『ヨガ』がおすすめです。

↓YouTubeで無料で視れるおすすめヨガを紹介しています

【心を癒やし体は痩せる】驚くべきヨガの効果!おすすめYouTube動画も紹介 こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life ダイエットやシェイプアップで人気のヨガ!! ...

脳を活性化するには『瞑想』も非常に良い方法です。

↓瞑想の具体的な方法はこちらです

【人生を変える瞑想の効果】瞑想を習慣にする6つのコツ!簡単でおすすめな方法を紹介 こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life グーグルやゴールドマン・サックスなど、世界を...
あなたの知りたいが見つかる!


幸せな人生を作り上げる秘訣は、好奇心を刺激し続けることです。
知らないこと、気がついていないことは無数にあります。
このブログにはあなたの知的好奇心を満たす知恵やノウハウが凝縮されています。
きっとあなたの興味があることが見つかるはずです。

経済的自由を手に入れるには?
もっと効率よく英語を勉強する方法は?

あなたの『知りたい』はここにあります…

≫探しに行く!